デスクやベッドサイドに置けるコンパクトさが良い!パワフルな涼風は扇風機としても十分に威力を発揮する

Dyson Pure Cool Me™パーソナル空気清浄ファン

左/ホワイト シルバー・中/ブラック ニッケル(直販限定モデル)・右/ガンメタル コッパー 本体サイズ:H401 ×W245×D245mm、本体質量:2.80kg、最小/最大消費電力6/40W、空気清浄能力適用床面積:7畳(30分)、フィルター交換目安:約1年(1日12時間使用の場合)オープン価格(ダイソン公式オンラインストア ¥43,200)

部屋の空気は、屋外より最大7倍汚れている!

凸形状のドームの表面に沿って高速の気流をまっすぐが押し出される構造。デスクの上におけば扇風機としても使える。

こうした室内に浮遊する汚れやニオイを捕らえ、さらに清浄された涼しい空気として送り届けるのが、『Dyson Pure Cool Me™パーソナル空気清浄ファン』だ。 

グラスHEPAフィルターと活性炭フィルターを組み合わせた密閉性の高いフィルター設計。PM0.1レベルの微細な粒子を99.95%除去し、有害なガスやニオイを捕らたら逃さない。

本機の大きな進化点が、空気力学を専門とするダイソンのエンジニアによって開発された“Dyson Core Flow™テクノロジー”である。ジェット戦闘攻撃機「ハリアージャンプジェット」の空気力学特性をから、2つの空気の噴流が交わると、高い圧力が生じることを発見。この現象を応用することで、きれいな涼風をまっすぐ、必要な場所に向けて正確に届ける仕組みを作りあげた。左右の首振り機能を設定すれば、70°の首振り機能で広範囲に風を送り出すことができる。

ドームの角度を手で変えることで、風の方向を上下に調節できる。  

また、空気の清浄は、花粉、カビ胞子、バクテリアなども逃さず捕集する、独自のグラスHEPAフィルターによって、PM0.1レベルの超微細な粒子を99.95%除去。さらに、活性炭フィルターがVOCなどの有害なガスやニオイをしっかりと捕らえる。

睡眠中も快適を約束するダイソンのこだわり

光感知システムによって本体のLEDの照度を自動的に調整。部屋が暗くなるとディスプレイが減光するので、就寝時も気にならない。

ダイソンデザインともいえる、アイコニックなフォルムをもつボディはコンパクトで、ベッドサイドやデスクの上にも置けるパーソナルなサイズ。モーターからの雑音は底部にある音響減衰用防音材で吸収することで、静音性にも優れている。

また、周囲の光を適切に感知するシステムを搭載し、本体のLCDディスプレイの照度はリアルタイムで自動調整されるため、周囲が暗くなると、LCDディスプレイが自動的にオフに。30分から8時間まで設定できるスリープタイマーを使えば、睡眠中も、涼しく快適さを保ち、眠りを妨げない。本体のディスプレイでフィルターの交換時期を知らせてくれるので、空気清浄ファンを常に最適な状態で使うことが可能だ。

ファッションに身だしなみがあるように、部屋にもグルーミングは必要だ。現代のライフスタイルに寄り添った新しい『Dyson Pure Cool Me™パーソナル空気清浄ファン』で、深呼吸できる空間に整えてみよう。

問い合わせ先

この記事の執筆者
主にモノ雑誌を中心に’80年代から活動するライター。トレンド製品や斬新な着想から生まれたガジェット全般の執筆に取り組む一方で、腕時計やバッグ、シューズといった、男の逸品をテーマにした記事も手がけている。