「question」「problem」「matter」「trouble」「issue」は同じ「問題」という英単語だけれど、それぞれどんなシーンに使う?

「question」「problem」「matter」「trouble」「issue」

「問題」を意味する英単語は、中学生向けのごく初歩的な英和・和英辞典でも、なんと5つも登場します。「question」「problem」「matter」「trouble」「issue」…それぞれ、どんな場合に使う英単語でしょうか? あなたは正しく使い分けできますか?

というわけで、クイズです。5つの英単語はそれぞれ、次のどの場合に使いますか? ひとつずつ当てはめてみてください。

1:それなら、「問題」ないですね。

2:今回のテストの「問題」は簡単だった。

3:環境「問題」について議論する。

4:それは好みの「問題」だ。

5:彼女は「問題」ばかり起こす。

・・・はたして、正解は?

正解? 不正解?…正しく使い分けできますか?

答えは、こちら!

1:problem 「解決すべき課題」を表すproblemが正解!

2:question 「情報や知識を問う問題」を表すquestionが正解!

3:issue  「政治、経済上の争点・論点」を表すissueが正解!

4:matter 「事柄」を表すmatterが正解!

5:trouble 「もめ事・困り事」を表すtroubleが正解!

正解の解答を並べてみると、逆に「問題」という日本語がカバーしている意味合いの種類の多さに、驚いてしまいますね!

参考文献:プログレッシブ中学英和・和英辞典(小学館)
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
ILLUSTRATION :
小出 真朱
TAGS: