東京駅と地下通路で直結し、海外からの宿泊者のほか、ビジネス利用も多いフォーシーズンズホテル丸の内 東京。このホテルのスパで行うフェイシャルトリートメントが、丸の内のキャリア女性の間で話題に!今回はその話題のフェイシャルエステをご紹介したいと思います。

スパは7F。リテールショップ奥に癒しのエリアが。
トリートメントルームは2室と小規模なので、おこもり感たっぷり。

国内ホテルではここだけ!スイスの高級コスメ「VALMONT(ヴァルモン)」の最新ラインを使ったトリートメント

フォーシーズンズホテル丸の内 東京のスパでは、スイスの高級コスメブランド「VALMONT(ヴァルモン)」の最新スキンケアライン「AWF5」を国内ホテルスパで初めて導入。 リフティングとファーミングに着目した、エイジングケア特化型フェイシャルトリートメント「サミット オブ セルヴァン」を2019年2月20日からスタートしています。

丸の内で働くキャリア女性の間で「サミット オブ セルヴァン」は、「結果が出るトリートメント」と、密かな話題になっているそう。

スイスの高級コスメブランド「VALMONT(ヴァルモン)」の最新スキンケアライン「AWF5」を使用するフェイシャルトリートメント。

新製品と手技でシワやたるみを撃退する「サミット オブ セルヴァン」

「サミット オブ セルヴァン」は、「VALMONT(ヴァルモン)」の新製品「AWF5」の2つのライン、「Vライン」(ハリに効果)と、「Vシェイプ」(引き締め効果)を組み合わせて使用。

セラピストの確かな手技によって、顔の筋肉の深部にしっかりアプローチし、加齢の影響でシワやたるみが目立つ肌に、艶や弾力を内側から強化して、若々しくよみがえらせるたフェイシャルトリートメントです。

セラピストが施すマッサージは地味に痛い。コリがある方ほど、じんわりと痛みがあると言います。しかし、ほぐされていくほどにじんわりとした痛みが和らぎ、徐々にコリがほぐれて巡りがよくなっていくのを実感することができます。

最初は痛い!顔のコリをほぐして、巡りをよくするとたるみが改善してリフトアップします。

プレミアムコースの「コラジェンマスク」で効果が長持ち!ハンド

通常の「エンリッチ」コース(60分)は、「バタフライムーブメント」と言われるテクニックを駆使したクレンジングからスタートし、ビタミンC配合のローションで皮膚表面に蓄積した不要な角質を除去する角質ケアを行い、続いてVシェイプコンセレートを使用し、リフトアップと輪郭をシェイプするマッサージという流れです。

さらにリッチな、プレミアムコース(90分)では、通常のメニューに加えて、天然コラーゲン100%をフリーズドライしたヴァルモンのスキンケアの代名詞「コラジェンマスク」を使用します。このコラジェンマスクをつけている約30分間に肩やデコルテ、ハンドのケアが加わります。コラジェンマスクが加わることで、セラピストの手技と「VALMONT(ヴァルモン)」の新製品「AWF5」のエイジングケア効果をより長く実感することができます。

実際に体験してみて、保湿やリフトアップ効果は、洗顔しても持続していると感じました。

唇の上までしっかり「コラジェンマスク」でパック。少し刺激がありますが、時間が経つとともに内側からハリが出ているのを感じます。

\温泉やジムも無料で利用できる!/

フォーシーズンズホテル丸の内 東京では、スパを利用すると、温泉とジムも無料で利用することができます。もちろん、シューズやウエアなども無料で借りることができるので、手ぶらで来られるのも魅力です。

温泉やジムも無料で利用できます。

さらにこちらのスパは男性も利用可能。こじんまりとしたスパなので、あまり人に会うことなく利用できるのもリラックスできるポイントです。

スモールラグジュアリーホテルならではの、隠れ家感でリラックスできます。

シワ、たるみなど、エイジングサインに悩む女性は多いはず。高機能スキンケア「VALMONT(ヴァルモン)」のパワーをフォーシーズンズ丸の内 東京の癒しの空間でたっぷり感じて、自分へのご褒美にしてみてはいかがでしょうか。

<フェイシャルトリートメント「サミットオブセルヴァン」>

【エンリッチ】60分 ¥33,000円
【プレミアム】90分 ¥44,000円
※上記価格は消費税・15%サービス料別となります。

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2019.6.17 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
鬼石有紀