ONESTORYが主催し、毎回予約開始後に即完売となる話題の野外レストランイベント「DINING OUT(ダイニングアウト)」。令和初となる第16弾として、青森県青森市の浅虫での開催が発表されました! 2019年7月6日(土)・7日(日)、2日間限りのプレミアム野外レストランとなっています。

日本のどこかに現れる、数日限定の野外レストラン「DINING OUT」

「DINING OUT AOMORI-ASAMUSHI with LEXUS」

「DINING OUT」は、日本のとある場所で数日間だけオープンする野外レストラン、というまるで絵本に登場するみたいなコンセプトを実際に体験出来てしまうイベント。

食を通じて地域の自然や文化を再編集し、五感すべてでその土地を味わえるという興味深いコンセプトが、業界関係者やセレブリティーを中心にクチコミで広まり、グルメ、アート、デザイン、などさまざまなこだわりをもつオトナのための修学旅行のような雰囲気もあるんです。

オフィシャルパートナーであるレクサス(LEXUS)での送迎付き。旅先で無用な足労を掛けずにラグジュアリーな体験ができると、毎回開催ごとに話題を呼んでいます。

東北で初の開催!独特な感性で、世界的芸術家を多く輩出する青森

北の大地には、自然や生命の力強さを感じさせる風景が広がる。

今回の「DINING OUT AOMORI-ASAMUSHI with LEXUS」のテーマは、「Journey of Aomori Artistic Soul」。舞台となるのは、冬は深い雪に覆われる豪雪地であり、荒々しくも多くの生命を抱く陸奥湾や、力強くそびえる八甲田山と雄大な自然に囲まれた青森市。この北の大地からは、数多くの世界的な芸術家が輩出されています。

独特の世界観を確立し今また脚光を浴びる板版画家の棟方志功、写真界のミレーと称される小島一郎、ピュリッツアー賞を受賞したフォトジャーナリストの沢田教一、ウルトラマン怪獣の生みの親である成田 亨、'60年代のアングラ文化を牽引した詩人かつ劇作家の寺山修司、国内外に圧倒的な支持を集める奈良美智。

彼らを惹き付け、その強い自我と時代を捉える鋭い視点を育み開花させる芸術精神あふれた土壌が、青森にあるとしか思えないほど、本当にバラエティーに富んだ錚々たる顔ぶれですよね。

地元食材・魚介に特化したフレンチに期待!シェフ・目黒浩太郎さん

「abysse(アビス)」シェフ 目黒浩太郎さん

今回の担当シェフは「DINING OUT ONOMICHI」にも参画、2015年に魚介に特化したフレンチということで注目を浴び、1年も立たないうちにミシュラン一つ星を獲得した「abysse(アビス)」の目黒浩太郎さん。世界で活躍するシェフが、豊富に獲れる魚介類や地元の食材を使い、どのようなコース料理をつくり上げるのか期待が高まります。

ホストをつとめる、アレックス・カー(東洋文化研究家)さん

また、ホストにはアレックス・カー(東洋文化研究家)さんが登場します。京都の尼寺に住まいながら、日本各地を巡り、昔の美しさが残る景観を世に伝える活動をされている同氏。作家でもある彼は、この青森の地でどのようなことを感じ、どのような発見をしているのか。珠玉のお料理とともに味わえるお話の内容にも興味深々。

美しい自然や文化とともに、世界的シェフが手がける極上の料理を楽しむことができるプレミアムな野外レストラン「DINING OUT AOMORI-ASAMUSHI with LEXUS」。この2日間の伝説を体験できるのは、先着80名様。WEB予約受付がスタートしています。気になる方はお早めにチェックを!

問い合わせ先

  • DINING OUT AOMORI-ASAMUSHI with LEXUS 
  • 開催日時/2019年7月6日(土)、7日(日)※2日間限定
  • 開催地/青森県青森市浅虫 ※詳細な開催場所は非公開
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。