やわらかくしなやかなシルエットで人気のワイドパンツは、カジュアルにもきれいめにも取り入れたい万能アイテム。そんなワイドパンツと合わせたいアウターや靴とのバランスなど、春夏に参考にできるコーディネートをご紹介します。

【目次】

【春夏】レディースワイドパンツコーディネート


【1】白ワイドパンツ×黒ブラウス

【1】白ワイドパンツ×黒ブラウス
ブラウス(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、パンツ(L'AVENTURE martinique〈L'AVENTURE martinique〉)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious3月号』小学館、2018年

大人の愛らしさが漂うパフスリーブのブラウスを、この春はきれ味よく。すっきりとしたデザインのものを選び、白のワイドパンツで颯爽と着こなしましょう。

【2】黒ワイドパンツ×黒ニット×トレンチコート

【2】黒ワイドパンツ×黒ニット×トレンチコート
コート『ウェストミンスター』・ニット・パンツ・バッグ(バーバリー・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

黒のニット+ワイドパンツに合わせ、あえてボタンを留めずにきゅっとベルトを結ぶと、程よくゆとりのあるトレンチコートのシルエットにメリハリが生まれ、自分らしいスタイルが完成します。コートは伝統的なディテールを踏襲したクラシックタイプ。ひざにかかるロング丈が着回し力の決め手です。

【3】ネイビーワイドパンツ×ストライプシャツ

【3】ネイビーワイドパンツ×ストライプシャツ
シャツ・パンツ・ベルト・バッグ(マイケル・コース ジャパン〈マイケル・コース コレクション〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

襟とカフスの白が目にまぶしい、クラシックなクレリックシャツ。トラッドはいつの時代も、清潔感や初々しさを表現できます。特にネイビーに注目が集まるこの夏は、大人のマリンスタイルのアップデートをおしゃれの優先課題にしてみては? ドレスシャツにワイドパンツをゆったりと合わせれば、はっきりとした配色のかわいさに、しなやかな女らしさが加わって、とびきり好感度がアップします。

【4】黒ワイドパンツ×白ブラウス

【4】黒ワイドパンツ×白ブラウス
ブラウス・パンツ・バッグ(フェンディ ジャパン)、ピアス・ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

ギャザーをたっぷり寄せたハリのあるコットン生地から生まれるモダンなドレープ、そしてカフス部分の華やかなフリルと、ドラマティックなシルエットが魅力の白ブラウス。美人度を上げるのは、そんな計算されたディテールの積み重ねです。袖にボリュームがあると、ワイドパンツとのバランスもよくなります。

【5】グレーワイドパンツ×ネイビーブラウス

【5】グレーワイドパンツ×ネイビーブラウス
トップス(エスカーダ・ジャパン〈エスカーダ〉)、パンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ピアス・ネックレス(エム&アソシエイツ〈ロドリゴ ニューヨーク バイロドリゴ オタズ〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンドコー〉)、バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

爽やかな印象の杢グレーのワイドパンツには、女らしいやわらかさを添えるネイビーのシルクブラウスが好相性です。

【6】ピンクワイドパンツ×白ブラウス

女性らしいやわらかさを意識するなら、しなやかに揺れる素材選びがマスト! レイヤード風のトップスとワイドパンツが風をはらみ、軽やかな印象に導きます。大振りのピアスやバングルなど、今ドキ小物のあしらいでコーディネートをフレッシュに刷新して。

【7】白ワイドパンツ×白シャツ

【7】白ワイドパンツ×白シャツ

「色の魔術師」と言われるほど独創的な着なしを得意としている、ファッションディレクターのキャロライン・イッサ。 珍しくホワイト一色で登場した際のコーディネートが、こちら。一見シンプルなスタイリングに見えますが、実はアイテム選びで差をつけていることにお気づきでしょうか? 今回注目すべきは、それ一枚でも個性的に見えるシャープな襟元と大振りポケットが印象的なデザインシャツ、それにワイドパンツを合わせてトレンディに仕上げている上級テクニックです。さりげなくセンスのよさを感じさせるなら、ファッションショーのフロント・ローの常連者から学んで。

【8】白ワイドパンツ×黒ロングニット×スカーフ

【8】白ワイドパンツ×黒ロングニット×スカーフ
チュニック・パンツ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、イヤリング(アルテミス・ジョイエリ)、スカーフ(マッキントッシュ青山店)、ブレスレット(プレインピープル丸の内)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/竹内裕二 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

ヒップが隠れるロング丈の黒ニットに、しなやかな白のワイドパンツを合わせた今年らしい装い。さらに、白×黒ストライプのスカーフや白小物を加えていくと、着こなし全体に奥行きが生まれ上級センスを演出できるので、春夏らしいエレガンスが香り立ちます。

【9】白ワイドパンツ×キャメルニット×カーディガン

【9】白ワイドパンツ×キャメルニット×カーディガン
ラルフ ローレンコレクションのカーディガン・ニット・パンツ・ラルフ ローレンのバッグ(ラルフ ローレン)、ピアス・パールネックレス(TASAKI〈M/G TASAKI〉)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2017年

ファッションアイコンたちが時代を超えて愛してきたアンサンブルニットやパールネックレス。コンサバティブだからこその安心感も、多くの人に親しまれる理由のひとつ。そんな王道名品を退屈に見せず、絶えず旬を感じさせるのが、おしゃれの楽しさ。長めでゆったりとしたカーディガンに、トレンド感たっぷりのピュア色ワイドパンツを合わせて、今年らしい着こなしに。

【10】ベージュワイドパンツ×イエローブラウス

【10】ベージュワイドパンツ×イエローブラウス
ブラウス・パンツ(ソニア リキエル 青山店)、ペンダント・リング(ザ・ショーケース GINZA SIX 店〈マクリ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バッグ(アングローバルショップ 表参道〈ペリーコ〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

程よいハリとしなやかさを備えたコットンストレッチに、ギャザーでボリュームを出しながら、ウエストも袖口もキュッと絞ったバルーンスリーブのブラウス。全体にボリューム感がある場合、ワイドパンツでも絞りをきかせたシルエットを選び、足首を見せる抜け感でバランスよく着こなしましょう。リラックス感のあるイエロー系にまとめれば、大人かわいいカジュアルが完成します。

ワイドパンツに合わせたい春夏アウター


【1】モッズコート×ベージュワイドパンツ

【1】モッズコート×ベージュワイドパンツ
コート(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(三喜商事〈ストラネス〉)、サングラス(ファブ〈ティエリー ラスリー〉)、ネックレス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(IWC)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈ペラン〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

カジュアル巧者の女性たちの間で、いつも話題になるのは、イタリア「伊達男」たちの着こなしセンス。特に「スポーツアウター」は、洒脱な彼らの真骨頂。肩の力の抜けた着くずしや、シックな色を印象的に見せる配色の巧さは、ぜひお手本にしたいところです。、例えば、フード付き「モッズコート」なら、そのままでは地味で武骨な印象。そこで鮮やかなグリーンを投入。派手かな? と思うくらいの差し色が、ジュエリー以上の効果をもたらし、軽妙さを演出します。「ミリタリーブルゾン」は、あえてまじめなスーツやジャケットの上に重ね、そのギャップを狙うのが、彼らの重ね着ルール。女性の場合は、堅くなりすぎないよう、白シャツ×カーディガンで、上品なレイヤードを実践してみましょう。

【2】トレンチコート×オレンジワイドパンツ

【2】トレンチコート×オレンジワイドパンツ
コート(バーバリー・ジャパン〈バーバリー〉)、スカーフ『パスマントリー・カドリ』(エルメスジャポン)、ブラウス・パンツ(シンクロ クロッシングズ 恵比寿グラススクエア〈シンクロ クロッシングズ〉)、時計(DKSH ジャパン〈ベダ&カンパニー〉)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ワイドパンツにトレンチをはおって迫力モードに。大きく効かせるスカーフですっきり感を強調しましょう。

【3】黒ジャケット×白ワイドパンツ

【3】黒ジャケット×白ワイドパンツ
ジャケット・シャツ・パンツ・リング・バッグ・靴(ランバン ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

落ち感があり、ブルゾン感覚ではおれるジャケット。深い黒、そしてゴールドボタンのダブルブレストでアメリカン・トラッドとは一線を画す、洗練された雰囲気はランバンならではです。白のワイドパンツを合わせて、しなやかさを取り入れるのも、ジャケットスタイルをアップデートさせる極意。

【4】ネイビートレンチコート×白ワイドパンツ

【4】ネイビートレンチコート×白ワイドパンツ
コート・ブラウス・パンツ・バッグ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

ボウブラウスとセミワイドパンツをオールホワイトでそろえて華やかに。ネイビーのミドル丈トレンチコートが、全体を引き締めつつ着こなしをすっきりとまとめてくれます。ヒールパンプスは紺をリンクさせてパテント素材の艶をトッピング。マットゴールドのチェーンバッグをアクセントカラーに取り入れましょう。

【5】ラップコート×白ワイドパンツ

【5】ラップコート×白ワイドパンツ
コート(キートン)、トップス(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ティビ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、ブレスレット・リング(ピアジェ)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

一枚仕立てで軽やかさを出した、スエード素材のラップコートはコクのあるキャメルカラーがトレンチ風のたたずまい。白のガウチョパンツで軽快な装いにまとめましょう。

【6】ブルゾン×グレーワイドパンツ×白シャツ

【6】ブルゾン×グレーワイドパンツ×白シャツ
フーデッドコート・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ブラウス(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ワイドパンツ(サン・フレール〈レ・コパン〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、スーツケース〔参考価格〕(フィーゴ〈フェリージ〉) 靴(JIMMYCHOO)、時計(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2017年

旅慣れたジェットセッターは、リラックス感はほどほどに、ワイドパンツを主役にいつもと同じようなきちんとスタイルをキープ。白シャツをベージュブルゾンの袖口からのぞかせた絶妙な色重ねで、どこまでも上品な着こなしを目指します。


ワイドパンツに合う靴

【1】白ローファー×カーキワイドパンツ×白シャツ

【1】白ローファー×カーキワイドパンツ×白シャツ
マックスマーラのシャツ・スポーツマックスのパンツ(マックスマーラ ジャパン)、バッグ(ヒラオインク〈マルベリー〉)、靴(FFJ〈ファビアナ フィリッピ〉)撮影/佐藤 彩 BY :『Precious3月号』小学館、2016年

旬なスタイルをつくるカーキのワイドパンツにはビッグシルエットの白シャツを抜襟し、上品なフラットシューズでエフォートレスな着こなしに。

【2】キャメルサンダル×ワイドパンツ×白Tシャツ

【2】キャメルサンダル×ワイドパンツ×白Tシャツ
ジャストウエストで着るワイドパンツ

シンプルな「白Tシャツ」を手軽に色付けるなら、レトロ感を携えたトレンディーなワイドパンツとキャメルサンダルを選ぶのが正解。ジャストウエストではくことで脚長効果も発揮できる上に、気になる体型カバーもできて一石二鳥です。こちらは、30代・40代のキャリア女性のデイスタイルに参考にしていただきたいお手本コーデのひとつ。

【3】フラットシューズ×白ワイドパンツ×ニット

【3】フラットシューズ×白ワイドパンツ×ニット
カーディガン・ニット(wb)、パンツ(ADORE)、バッグ(ユナイテッドアローズ 銀座店〈フルラ〉)、ピアス・ネックレス・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2017年

ゆったりとエレガントなラインが女らしいワイドパンツは、足首ぎりぎりの9分丈が最旬バランス。ボトムにボリュームがあるため、足元をきゅっと引き締めることで一気に女らしさがアップします。フラットシューズは、スエードにリザードの型押しを施した新素材を使用。ノーズ部分はエナメルで、軽やかな足元を演出します。

【4】白スニーカー×ワイドパンツ×トレンチコート

【4】白スニーカー×ワイドパンツ×トレンチコート
ケイト・モス ©Splash/アフロ

元祖スーパーモデルのケイト・モスは、オーバーサイズのトレンチコート×ワイドパンツの着くずしコーデで。ルーズになりがちなスタイルは、迫力のあるスカイブルーのエルメスの「バーキン」で、華やかさがグッとアップさせています! ハンドル部分につけた赤のスカーフと足元の白スニーカーも、着こなしのアクセントに。

【5】白スニーカー×グレーワイドパンツ×白コート

【5】白スニーカー×グレーワイドパンツ×白コート
コート(ヘルノ プレスルーム)、ニット(ブラミンク〈ブラミンク〉)、パンツ(三喜商事〈バンフォード〉)、サングラス(ミラリジャパン〈マイケル・コース〉)、靴(ウールン商会〈ファビアナ フィリッピ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2017年

スマートなシルエットを描くコンパクトサイズのトレンチ。スエードのガウチョパンツ、レース素材のスニーカーを合わせると軽快な足元が完成します。

【6】ヒールサンダル×キャメルワイドパンツ×ブラウス

【6】ヒールサンダル×キャメルワイドパンツ×ブラウス
カーディガン(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ブラウス・パンツ(アパルトモン 青山店〈アテア オセアニア〉)、ネックレス・バングル(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(バリー 銀座店〈バリー〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious5月号』小学館、2017年

こっくりと深みのあるキャメルを上下で重ねてコンビネゾン風に。ゆったりとしたシルエットにリラックスムードが漂うなか、シルク生地ならではの光沢が気品を感じさせます。靴&バッグは、インパクトのある白で、メリハリのある配色バランスを楽しみましょう。