グウィネス・パルトロウさん自身が語る「goop」へのこだわりとは?

東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデンに期間限定でオープンしている「goop TOKYO pop-up&café」は、女優のグウィネス・パルトロウさんが立ち上げたライフスタイルブランドです。

Webサイトの立ち上げから11年、「ウェルネス」「トラベル」「フード」「ビューティ」「スタイル」「ワーク」の6つのカテゴリーを軸に、グウィネス自身がこだわりぬいて開発したオリジナルのファッションアイテムやコスメなどを開発したり、セレクトしたアイテムや情報を発信するなど世界から注目を集めています。

現在はアメリカのロサンゼルス、ニューヨーク、モンテチト、イギリスのロンドンにリアル店舗も4店舗出店。大きな支持を集めています。

今回初めて日本に期間限定ストアをオープン。その開催期間中の現在、METガラに出席したばかりのグウィネスが緊急来日しました。

「グープを東京に展開するというのは私の長年の夢でした。東京は世界のなかでみてもとても面白く、活気がある都市です。特にスタイル、フードの面で特徴をもっていると思います。ここ日本にカリフォルニアのブランドをもち込んでこれたことをとても喜ばしく思っています」とコメント。

ナチュラルなヘアメイクにシンプルなスタイル。
でも足元はデコラティブなハイヒールというコーディネート。

「goopは11年前に私が始めたビジネスなのですが、人と人を繋ぐという意義をもっていると思います。例えば、おすすめのレストラン情報や素敵なレシピ、特に今までなかったような内容のレシピを紹介するというようなことをテーマにしています。今日のスタイルは、goopのG.Labelというブランドなのですが、非常に着心地がよくて、特に旅行に着ていくのにぴったりの服だと思っています」

——ご自身が大切にしている日常でのルーティーンを教えてください。

「私はまず母親であるので、子供たちに食事をさせたり、学校に送って行ったりということはとても大切にしています。あとは、仕事に行く前に必ずエクササイズをしています。家族と触れ合うこと、人と出会うことの時間もとても大切にしています。いい食事をとることも心掛けていますね。とても健康的な生活をするように心がけていますが、それと同時に生活を楽しむようにしています」

——商品はどういったものがあるのでしょうか?

「特にビューティーですが、有毒な成分を含まない、そういった成分を除外した製品をつくって展開しています。また体にいいものと同時に、ラグジュアリーを目指しています。洋服に関してはテーマがあり、セクシーなワーキングママの服をつくろうとしています。子供と遊ぶとき、オフィスに行くとき、カクテルパーティーに行くとき、どんなときにも着心地よく快適に着ていただけるような服を提供しています」

世界初のカフェも楽しめるポップアップストアは2019年5月26日まで!

「goop TOKYO pop-up&café」では、今回の来日記者会見でグウィネス自身も着用しているgoopオリジナルアパレルブランド「G.Label」のほか、スポーツウェアの「G.Sport」、「goop by Juice Beauty」のスキンケアグッズや「goop Body」のボディーケアグッズ、「goop Baths」のバスグッズを販売。

緑豊かなミッドタウン・ガーデンのなかにオープン。
グウィネスがこだわりぬいて開発した商品を直接手に取ってチェックできるチャンス!
goop by juice beautyの「DISCOVERYセット」¥20,196(税込)

さらに、世界でここでしか手に入らない日本限定のTシャツやトートバッグ、ポーチなども販売しています。これらのアイテムは、同時にオープンしたオンラインストアでも購入可能です。

また、goopが提案する「心を豊かにし健康を育む」ためのフードやドリンクメニューをgoop発祥の地であるカリフォルニアスタイルにて提供する「goop café」を期間限定でオープン。こちらはほかの店舗にはない、世界初の取り組み。こちらのポップアップストアは2019年5月26日(日)までとなっています。

日本限定のTシャツはいずれも¥3,780(税込)
goop TOKYO限定のトートバッグとポーチは、トートバッグ大¥3,780・トートバッグ小¥3,240・ポーチ¥2,700(税込)

問い合わせ先

 

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
北本祐子