暑い夏でも涼しく着こなせるサマーニット。長袖サマーニットやサマーニットカーディガンのお手本コーデを参考に、軽快な大人のおしゃれを楽しんでください。

【目次】

レディースサマーニットコーデ


【1】ネイビーニット×白パンツ×スカーフ

【1】ネイビーニット×白パンツ×スカーフ
ニット(ブラミンク)、パンツ(wb)、ピアス・リング(シャンテクレール 東京店)、スカーフ(エルメスジャポン)、バッグ・靴(マイケル・コース カスタマーサービス〈マイケル マイケル・コース〉)、サングラス(シャネル アイウェア事業部) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

夏になると不思議と心惹かれるネイビーニット×白パンツのマリンコーディネート。ただ、ともすると子供っぽくなる配色を、一段明るいサックスの小物をちりばめることで、着こなし全体がまろやかに中和され、優しい印象に仕上がります。

【2】ブラウンニット×白パンツ

【2】ブラウンニット×白パンツ
バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈カパフ〉)、ニット(Theory luxe)、パンツ(トレメッツォ〈モモニ〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、ネックレス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、スニーカー(三喜商事〈イレブンティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

夏のドライビングカジュアルはシックカラー×白がおすすめ。自然に囲まれた郊外の景色に溶け込みます。小物で大人の品格と深みを添えて。

【3】ネイビーニット×白スカート

【3】ネイビーニット×白スカート
カシミヤシルクのリブニット(ブラミンク〈ブラミンク〉)、スカート(コロネット〈アキラーノ・リモンディ〉)、バングル・チェーンブレスレット(ポメラート・ジャパン〈ポメラート〉)、クロコダイルハンドルのバッグ(バリー 銀座店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

ネイビーのニットで顔周りを引き締める、知的な夏のオンスタイル。都会のマリンを気どりつつ、清潔感のある白スカートをコントラスト鮮やかに合わせましょう。縁どりのラインをシャープに効かせた、印象的なスカートで、すっきり、かつ華やかなシルエットに。

【4】グレーニット×白パンツ

【4】グレーニット×白パンツ
ブラウス(アパルトモン 青山店〈デイビッド マイケル〉)、ニット(スリードッツ青山店)、パンツ(コロネット〈エー・エル・シー〉)、手元に配したネックレス〔白〕(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ブレスレット〔黒〕(ケイテン)、時計(ブライトリング・ジャパン)、ストール(チェルキ〈アンドレ マウリーチェ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(ブラミンク〈ジャコメッティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

白からグレー、シルバーへとつなぐプラチナグラデーション。シルバー小物をインパクト素材で投入し、地味に見せない工夫をしましょう。

【5】黒ニット×ブラウンワイドパンツ

【5】黒ニット×ブラウンワイドパンツ
ニット¥24,000(Theory luxe)、パンツ(ブラミンク〈ブラミンク〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ネックレス・バングル(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(アオイ〈カパフ〉)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

程よくハリのあるリネン混地で仕立てた、リラックス感たっぷりのワイドパンツ。絶妙な着丈の黒ニットで、着やせも脚長効果も同時に手に入れましょう。足元はトップスの色をリフレインして黒のトングサンダルを。シックな黒だからくだけすぎず、余裕のある大人カジュアルに仕上がります。

【6】黒ニット×黒カーディガン×デニムパンツ

【6】黒ニット×黒カーディガン×デニムパンツ
バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈カパフ〉)、カーディガン・ニット(スローン)、デニム(ゲストリスト〈Yoshiko Tomioka For RED CARD〉)、バングル(ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス表参道店〈キャッツ〉)、靴(J.M.WESTON 青山店〈J.M.WESTON〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

オーソドックスな着こなしをセンスよく印象づけるのは、遊び心のあるかごバッグと上質なローファー。手元のバングルで、女らしさを添えましょう。

【7】白ニット×白ベスト×白パンツ

【7】白ニット×白ベスト×白パンツ
パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ベスト・ニット(スプレンダーズ アンド カンパニー〈ロレーナ アントニアッツィ〉)、帽子(ADORE 六本木ヒルズ店〈スーパードゥーパーハッツ〉)、サングラス(モスコットトウキョウ〈モスコット〉)、ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、靴(三喜商事〈イレブンティ〉) 撮影/赤尾昌則(White STOUT ) BY:『Precious5月号』小学館、2017年

空と海の青に鮮やかに映えるオールホワイトのマリンスタイル。全身白で華やかさを授けた、軽快な8分丈パンツを主役にした装い。贅沢なクルーズの雰囲気にぴったりです。

長袖サマーニットコーデ


【1】黒長袖ニット×白パンツ

【1】黒長袖ニット×白パンツ
パンツ(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ニット(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ネックレス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

パンツの上質な生地と仕立ては群を抜く秀逸さ。ファッションプロからも絶賛の声が多いシルエットは、はくと納得の美脚メイク力です。ブランドを代表するダブルフェース素材が使用され、きちんと感があるのに軽量で快適なはき心地を実現。股上は浅すぎず深すぎずの設計で安心感もばっちりです。

【2】グレー長袖ニット×白タイトスカート

【2】グレー長袖ニット×白タイトスカート
ニット(スリードッツ青山店)、スカート(オールウェイズ〈M・fil〉)、ネックレス(TASAKI)、時計(ブライトリング・ジャパン)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店) 撮影/竹内裕二 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

程よくストレッチのきいたコットンの白いタイトスカートは、清潔感のある女らしさをアピールできる一枚。クリアな白の魅力を損なわない、淡いグレーのニットで、涼感をもたらすハイトーンのベースづくりを。明度の高いなじませ配色には、グレーやシルバーの小物をレイヤード感覚で重ねると、都会的なセンスが漂う着こなしに仕上がります。

【3】ゴールド長袖ニット×白ワイドパンツ×ハット

【3】ゴールド長袖ニット×白ワイドパンツ×ハット
サンダル『レーガン メタリック』(デッカーズジャパン〈アグ〉)、ニット・パンツ(コロネット〈エリザベス アンド ジェームス〉)、バングル・ピアス(ケイテン)、バッグ(チェルキ〈A&N〉)、帽子/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2017年

ゴールドラメのニットに、クリーミーなサテンのワイドパンツ。そんな上質カジュアルを洗練に導くのが、ゴールドメタリックレザーのウェッジソールサンダルです。ストラップの女らしさとソールのボリューム感のバランスが絶妙。プラットフォームだから、ヒールの高さを感じさせない安定感もうれしいポイントです。

【4】ベージュ長袖ニット×クロップドパンツ×ストール

【4】ベージュ長袖ニット×クロップドパンツ×ストール
パンツ・ニット・ストール・バッグ・靴(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)、時計(ラルフ ローレン 表参道〈ラルフ ローレン〉)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

ハイウエストパンツがメリハリをつくり出すので、たおやかなクリーミーグラデーション配色にあっても、きりりとエッジの効いた印象になります。ゴールドの時計やバングル、バッグでリッチなアクセントを。パンツはスタイルアップに効果的なベルト付きクロップドパンツ。とろみのある素材が美しい落ち感を演出してくれます。

【5】ネイビー長袖ニット×デニムパンツ

【5】ネイビー長袖ニット×デニムパンツ
デニム『1950's701』(リーバイ・ストラウス ジャパン〈リーバイスⓇ ビンテージ クロージング〉)、ニット(ブラミンク)、ペンダント・バングル・スカーフ(ブルガリ ジャパン)、バッグ(アマン〈アルテサーノ〉)靴(JIMMY CHOO) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

1950年代のグラマラスな女優の休日を彷彿とさせる『1950’s 701』。1939年に発売された、ブランド初のレディス5ポケットデニムです。華奢なウエストを強調するハイライズと、ヒップから太ももにかけてフィットするストレートなシルエットが特長。ワイドパンツの流行とともに、再び旬のボトムとして脚光を浴びています。リジッド(ノンウォッシュ)デニムならではの素朴な風合いも魅力。シンプルなニットのインスタイル、無造作なロールアップからのぞく足首の白さに野性味を帯びた女らしさが漂って。

サマーニットカーディガンコーデ


【1】ボーダーカーディガン×ボーダーニット×ネイビースカート

【1】ボーダーカーディガン×ボーダーニット×ネイビースカート
カーディガン・インナーニット・スカート・バッグ・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン)、サングラス(ドルチェ&ガッバーナ アイウェア) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ボーダーなのに上品かつ、女らしい! その理由は、フェミニンポイントを語れるアイテムの選択にあります。アンサンブル風に重ねたハイゲージニットは、透け感のあるシルク素材。濃厚ネイビーのタイトスカートが女らしいボディーラインを強調し、ボーダー特有のカジュアル感を払拭してくれます。足元はピンヒール、ワンハンドルのクラシカルなバッグを携えたら、若者とは一線を画す上級マリンルックの完成です。

【2】ブルーカーディガン×ブルーニット×白パンツ

【2】ブルーカーディガン×ブルーニット×白パンツ
パンツ(ザ シークレットクロゼット神宮前〈シクラス〉)、ニット・カーディガン(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ネックレス・リング(MBJ〈マルコ・ビチェゴ〉)時計(IWC)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ドレープ性の高い生地を贅沢に使用した大胆なボリューム感が優雅に見せてくれます。

【3】赤カーディガン×赤ニット×黒パンツ

【3】赤カーディガン×赤ニット×黒パンツ
パンツ(feerique)、カーディガン・ニット(ストラスブルゴ〈クルチアーニ〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、スカーフ・バングル(エルメスジャポン)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

細身パンツとはいえ、春夏に黒が多めのバランスは重く見えがち。ボトムインしたプルオーバーにスカーフで華やかな立体感を授けたり、カーディガンの肩がけで動きを出したり、と目線を上に導いて。パンツは深みのある黒と、リッチなとろみ感が特徴のジャージー素材。幅広のウエストベルト+サイドに斜めに配したボタンが、ウエストから腰周りを引き締めてくれます。

【4】白カーディガン×ノースリーブ×黒パンツ

【4】白カーディガン×ノースリーブ×黒パンツ
カーディガン・ノースリーブトップス・ベルト付きパンツ・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ネックレス(ウノアエレジャパン〈ウノアエレ〉)、バングル(バーニーズ ニューヨーク〈ソフィー ブハイ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

リネンシルクのカーディガンと中に合わせたシルクトップスは、裾に向けてゆるやかに広がるシルエットが秀逸。グレーのストライプは、縦ラインを強調し、視覚効果ですっきり見せる効果も。上半身にゆとりをもたせたぶん、合わせるボトムは細身の9分丈パンツでメリハリをつけましょう。

【5】黒カーディガン×黒ニット×グレーパンツ

【5】黒カーディガン×黒ニット×グレーパンツ
パンツ・ニット(Theory luxe)、肩にかけたカーディガン(サポートサーフェス)、ウノアエレのピアス・ネックレス・ワンエーアールバイウノアエレのバングル(ウノアエレ ジャパン)、バッグ・靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2018年

洗練された美意識を感じさせる黒×グレージュの着こなし。そこに、幅広ストラップ付きのストライプバッグで縦ラインを強調しつつ、つま先に視線を集めるバックル付きヒールパンプスで黒をリフレイン。統一感とスタイルアップ効果を加速させましょう。パンツはさらりとしたタッチとしなやかなドレープ性を備えたジョーゼット素材。ウエストはベルト通しを付けずにすっきり仕上げているので、薄手トップスをオンしても余分な厚みが出ません。