スポーツやアウトドア衣料にとどまらず、機能性素材「ゴアテックス ファブリクス」を使用したタウンユースにも使えるアイテムが、各ブランドから続々登場しています。

マムート、ヘリー・ハンセンなど各ブランドからゴアテックス製品が発売されています

「防水性・防風性・透湿性」を誇るゴアテックス製品ですが、せっかく手に入れたなら長く愛用したいもの。大切な衣料だからクリーニングに出している方も多いと思うのですが、実はゴアテックス ウェアはほとんどの場合、家庭でお洗濯することができます。ご家庭でお手入れするほうが長持ちするんです。

ゴアテックス ファブリクスを製造しているゴア社に教えてもらった、ゴアテックス製品の解説と、家庭でのお手入れ方法をご紹介します。

そもそも「ゴアテックス製品」ってどんなもの?

ゴアテックス ファブリクスを使用したゴアテックス製品が、さまざまなメーカーから登場しています

ゴア社が製造している、ゴアテックス ファブリクス(生地)でできている、防水耐久性・防風性・透湿性という身体を守る機能を持った、洋服や靴、小物のことを指します。

「防水透湿」ってどんな機能?

雨などの水は通さず、汗の水蒸気は逃がす特殊な孔(あな)が開いています

水は通さずに、水蒸気を通過させる機能を指します。ゴアテックス ファブリクスは、その生地の内側に微細な孔(あな)を無数に持つ、ゴアテックス メンブレンという膜を備えています。

ゴアテックス メンブレンのアップ画像。蒸れない秘密がこの孔にあります

この孔(あな)が、水は通過できないほど小さく、水蒸気は通過できるという大きさのため、防水透湿機能が実現。雨などの水を通さず、蒸発した汗を素早く逃がすことで、雨などの侵入、汗の蒸れ、汗冷えを防いでくれるんです。

ゴアテックス ウェアの「防水性」はどれくらい高い?

ゴアテックス ウェアは、3つの要素で防水を実現しています。まずはゴアテックス ファブリクスの生地が持つ防水性。一般的なアウトドア活動でかかるより、強い圧力に耐えることができます。

そして縫い目には、ゴアシーム® テープを貼ることで、ウェアを縫製する際の針の穴から水が浸入するのを防ぎます。

そしてウェアのデザインでも、雨が浸入しないことにこだわっています。ウェアをマネキンに着せ、人工的に雨を降らせるレインテストなど、用途に応じたさまざまな試験をクリアした製品のみを生産しています。

ゴアテックス ウェアの寿命はどれくらい?

ゴアテックス メンブレンそのものは、穴が開いたり裂けたりといった損傷がない限り、ほとんど劣化することがありません。しかし使う頻度やウェアに使われている素材によって、寿命が左右されています。

機能の低下する主な要因は、極端な汚れの付着、摩擦、高温多湿での長期間の保管などがあり、長く着るにはこまめなメンテナンスと適切な保管が必要です。

家庭でできる!ゴアテックス ウェアのメンテナンス方法

汚れが目立ってきたらではなく、実はこまめに洗うほうが長持ちするゴアテックス製品。実はほとんどの場合、家庭で洗濯することができます。自宅でお手入れする方法を早速教えてもらいました!

■1:ウェアについている洗濯取り扱い表示を確認!

ウェアに使われている素材により扱い方が変わるので、洗濯表示の内容に従うのが大前提となります。

■2:洗う前の下準備をする

ウェアのファスナーやベルクロはすべて留め、収納式フードは出しておきます。絞っているドローコードやゆるめます。その上で、生地が絡まないよう洗濯ネットへ入れましょう。

■3:洗剤は液体がおすすめ!漂白剤や柔軟剤はNG

手洗いの場合も、洗濯機で洗う場合も、40℃以下のぬるま湯で洗うとより汚れが落ちやすくなります。洗剤は漂白剤や柔軟剤が入っていない、液体タイプのものがおすすめ。洗剤成分が残っていると、汚れと同じように機能低下につながるので、すすぎは2回をめやすにしっかり行いましょう。

がんこな汚れでも、染み抜き剤やもみ洗いはNGです。汚れのひどい部分は一度洗剤を使い、ぬるま湯で洗ってから通常の洗濯をする、二度洗いがベストです。

■4:脱水は不要!日陰での吊り干しでしっかり乾かして

ゴアテックス ウェアは水を通さないので、洗濯機での脱水は短時間、あるいは省略してもOKです。しっかりすすいだ後に水を切ったら、日陰での吊り干しでしっかり乾かしましょう。

■5:熱処理で撥水性を回復!

撥水効果が落ちてきたときは、洗ったあとに熱処理をすると、撥水性が回復します。乾燥機にかけられるウェアの場合は、乾いたウェアを乾燥機に入れ、20分間温風で乾燥します。そうでない場合は、アイロンを「低温・スチーム無し」にセット。必ず当て布をして、ゆっくりアイロンをかけます。この際、ファスナーなどのゴアテックス ファブリクス以外の部分には、アイロンが当たらないよう注意をしましょう。

■余談:撥水性が回復しない場合の処理は?

洗濯、熱処理をしても撥水性が回復しない場合は、撥水加工がとれている可能性があります。その際には、市販の撥水スプレーなどを使いましょう。その際には、撥水剤の説明に従って行ってください。

製品の幅が広がり、スポーツやアウトドアに縁がない人でもぐっと身近になったゴアテックス ウェア。せっかく手に入れた高機能なウェアは、こまめなお手入れで長く愛用したいですね。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
安念美和子