リネンジャケットの着こなしに迷うことはないだろうか? カジュアルにもクラシックにも着られる便利なジャケットだが、アイデア次第でよりおしゃれになる。そこで、本誌で活躍するトップスタイリスト、大西陽一氏と村上忠正氏の出番である。各人の個性が際立つスタイリングの妙味を、リネンジャケットを題材にアレンジし。大西氏は、大人の着こなしの王道となるクラシックなスタイリングを、村上氏には、伊達男がさらにツヤっぽくなるモダンなスタイリングを提案してもらった。注目すべきリネンジャケットのデザインや素材の雰囲気を吟味し、着用するシーン別に、よりスタイリッシュで品よく見えるコーディネート術を網羅。明快にふたりのテイストが分かれた、リネンジャケットの着こなしから迫ってみる。

タイドアップして正統派のスタイルで攻める

ジャケット¥297,000・シャツ¥46,000・パンツ¥59,000・タイ¥23,000・チーフ¥13,000・ベルト¥42,000(ゼニア カスタマーサービス)眼鏡¥28,000(ブリンク〈GLCO〉)時計¥1,300,000(IWC)

ホップサック調の織り柄によるやわらかいリネン混生地を、綺麗に仕立てたジャケット。正統派のジャケットには、ストライプのシャツにジャカードタイで落ち着いた雰囲気に仕上げた。

クラシックスタイリングの名人、大西陽一。『メンズプレシャス』創刊時から、数多のスタイリングで活躍するベテラン。とりわけ、高度なテクニックを必要とする、グレーやベージュの淡い色調を、実にリアルで品のいいコーディネートに落とし込める感性の持ち主だ。紳士が知っておくべき伝統的な着こなしの奥義を、ロジカルにつくり上げる名人である。

大胆に濃色を生かしてモダンな装いを狙う!

ジャケット¥116,000〈ザ・ジジ〉・シャツ¥31,000〈フィナモレ〉/以上アスティーレハウス パンツ¥33,000(トゥモローランド〈ヴィガーノ〉)スカーフ¥15,000(ボリオリ東京店)ベルト¥15,000(バインドピーアール〈ダミーコ〉)帽子¥28,000(インテレプレ〈バルビジオ〉)

生地表面に浮き立つダイヤの織り柄が、濃紺のジャケットに深みを加える。同色によるシャツとの合わせがモダンな印象を与える。

モダンスタイリングの達人、村上忠正。多くのメンズファッション誌で活躍し、ツヤのある男のスタイリングにかけて右に出る者なし。『メンズプレシャス』でも重要なテーマとなるスーツやジャケットを、エレガントなスタイリングで披露する。毎シーズン打ち出されるモードな雰囲気のトレンドを、トラッドなスタイルになじませるスタイリングの達人だ。

リネンジャケットの着こなしはいかがだっただろう? どちらも甲乙つけがたい絶妙なスタイリングではないだろうか。今の時期とても重宝するリネンジャケットを、モダンにクラシックにきこなしてみていただきたい。

※価格はすべて税抜です。※価格は2016年夏号掲載時の情報です。

この記事の執筆者
TEXT :
矢部克已 エグゼクティブファッションエディター
BY :
MEN'S Presious 2016年夏号「王道クラシック」を追求するか?「革新スタイル」で鮮度を上げるか?より
ヴィットリオ矢部こと本誌エグゼクティブファッションエディター矢部克已。ファション、グルメ、アートなどすべてに精通する当代きってのイタリア快楽主義者。イタリア在住の経験を生かし、現地の工房やテーラー取材をはじめ、大学でイタリアファッションの講師を勤めるなど活躍は多岐にわたる。 “ヴィスコンティ”のペンを愛用。Twitterでは毎年開催されるピッティ・ウォモのレポートを配信。合わせてチェックされたし!
Twitter へのリンク
クレジット :
撮影/熊澤 透(人物) スタイリスト/大西陽一(RESPECT)、村上忠正  ヘア&メーク/MASAYUKI (the VOICE) モデル/Cuba 構成・文/矢部克已(UFFIZI MEDIA)