昼と夜の温度差があって、陽が落ちると肌寒い…はおりものが欠かせない季節になりました。そこで活躍するのがロングカーディガン。昨年から流行り始め、おしゃれに敏感な海外セレブも愛用しています。ロング丈のIラインを利用して、スマートに着こなしていた4人のスタイリングを見ていきましょう。

すっきりとしたIラインがスマートさをもたらす「ロングカーディガンスタイル」4選

■1:大人のデニムスタイルの引き締め役は、万能な黒カーデ

ロングネックレスをさりげなくアクセントにしていることでも、縦ラインを強調しています。足首をちらっとのぞかせて抜け感を出す細かなところまでこだわったアレンジも注目したい。
ロングネックレスをさりげなくアクセントにしていることでも、縦ラインを強調しています。足首をちらっとのぞかせて抜け感を出す細かなところまでこだわったアレンジも注目したい。

白Tと黒デニムのシンプルなデニムスタイルで空港にて目撃されたハイディ・クルム。黒のカーディガンをさらりとはおり、全身をシャープにまとめている姿はかっこよく、すぐお手本にしたいほど。

インの白Tだけでは浮いてしまうので、足元は白スニーカーをリピート。清潔感と軽快ムードも漂って大正解です。

■2:ガウン風の個性派デザインとインパクトある白が、絵になる着映えを発揮

このときはウエストをマークして着ていますが、前を開けてもリラックス感が高まって涼しげな印象に仕上がります。
このときはウエストをマークして着ていますが、前を開けてもリラックス感が高まって涼しげな印象に仕上がります。

モデルのアレッサンドロ・アンブロジオは、編み地に表情がある白のニットカーディガンをカジュアルムードに着こなしています。ボヘミアンテイストのカーディガンなので、淡い色味のインディゴデニムがベストマッチ。

インナーは胸元が開いたデザインですっきりと見せ、合わせたバッグもフリンジ付きをチョイスし、カーディガンと同じテイストで統一しています。

■3:メリハリ配色のモノトーンでも上品エレガント!余裕あるムードを香らせて

足元は真っ白なヒールパンプスを投入し、知的な印象を高めて。女性らしさをアピールする役目も果たしてくれます。
足元は真っ白なヒールパンプスを投入し、知的な印象を高めて。女性らしさをアピールする役目も果たしてくれます。

VOGUE UKエディターのサラ・ハリスは、自身のおしゃれな着こなしに注目が集まるファッションスナップの常連。過去に受けたインタビューでも、シンプルで着心地のいい服を愛用していると語っています。

写真の日は、上質なニットカーディガンをあえてオーバーサイズではおったベーシックスタイルで登場。ゆるっとはいた黒パンツとバランスよく、今どきの辛口フェミニンに仕上げています。

■4:ロングカーデ×ワイドパンツで、洗練のIラインを大人っぽくリッチに表現

カーディガンの袖を腕まくりした手首に、印象的なバングルを重ねづけしています。ちょっとしたアクセサリーをプラスしただけでぐっと華やかさが盛り上がるので、ぜひお試しを。
カーディガンの袖を腕まくりした手首に、印象的なバングルを重ねづけしています。ちょっとしたアクセサリーをプラスしただけでぐっと華やかさが盛り上がるので、ぜひお試しを。

洗練されたシンプルスタイルに定評がある女優のグウィネス・パルトロウ。ロングカーディガンとインナーをグレーでまとめ、落ち着いた雰囲気にコーディネート。

地味にまとまらないように、黒のワイドパンツは艶感のある素材のものにしています。これで素材がもつ華やかさから、スタイリッシュなモード感をアピールできます。


普通の丈だと無難に見えるカーディガンもロング丈にすれば、これだけでおしゃれに見えて、縦長のIラインを強調できます。温度調節するのにも便利なので、ぜひ着こなしのアップデートに取り入れてみてください!

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀