顔のくすみ、シミ、たるみなど…大人の女性を悩ませる肌のエイジングサインを、ヘア&メイクアップアーティスト・長井かおりさんが、その経験と知識、独自のテクニックをフルに生かし、「メイクだけで」お悩みを解決、大人の肌や骨格の悩みをなかったことにしてくれる、連載企画です。

第7回目は、まぶたがたるんで、腫れぼったく見える&アイラインが引きにくい…、そんな悩みを解決するアイシャドウの塗りかたとアイラインをスムーズに引くコツです。

ブラウンの仕込みアイシャドウと、アイラインの引き方のコツを押さえて、たるんだまぶたをスッキリ見せる!

【セルフメイク→長井メイク】

平坦な印象のナチュラルメイクから、メリハリと知的さのある華やぎメイクへ。加齢とともに重くたるんできたまぶたは、仕込みシャドウとはね上げアイラインですっきり見せるのがポイントです。

ネイリスト、アイリストとして経験を積み、現在はサロン経営を手掛けている小田倉さん。職業柄、美容トレンドには敏感で情報収集もしっかり行なっているそう。

「年齢を重ねてからは、今のナチュラルメイクに落ち着きましたが、たまにマンネリ感を感じることも…。最近、まぶたがたるみ、腫れぼったく見えてしまうことが悩みです」

そんな小田倉さんの目元をすっきり見せる長井流アイメイクテクニックは…?

小田倉良子さん(38歳)
「いろいろなメイクに挑戦したこともありましたが、ここ数年はナチュラルな現在のメイクに落ち着きました。最近悩んでいるのが、まぶたのたるみ。腫れぼったく見える&アイラインが引きにくくなって困っています」

■A.「たるんで腫れぼったく見えるまぶたには、ブラウンの仕込みシャドウが必須。アイラインが引きにくい場合は、まぶたを引き上げてから引くとスムーズに」(長井さん)

「目が小さく見えたり、腫れぼったい印象になってしまったり…と、大人世代を悩ませるまぶたのたるみ。さらにアイラインが引きにくくなるデメリットも。まぶたをすっきり見せるには、まぶたにブラウンのアイシャドウで陰影を仕込むことがマスト。アイラインは、まぶたを指で引き上げてから引くとスムーズです」

【たるんだまぶたをすっきり見せるアイメイクアイテム2点】

人気の4色パレットは、まぶたに陰影をもたらすブラウン+旬カラーの組み合わせを選ぶと、アイメイクの幅がグッと広がる。SUQQU デザイニング カラー アイズ 12 ¥6,800 ツインアプリケータータイプ。筆先が短くブレないマーキングチップ側を使用。資生堂インターナショナル クレ・ド・ポー ボーテ ライナーリキッドアンタンス 2 ¥5,000

【たるんだまぶたをすっきり見せるアイシャドウの塗り方&アイラインの引き方プロセス3】

1.ブラウンのアイシャドウで陰影をつける

締め色を使って、まぶたに影を仕込みます。目の際から上向きにアイシャドウを広げ、自然なグラデーションに。
ブラウンシャドウ効果で腫れぼったいまぶたが引き締まり、奥行きが生まれました。

ブラシにブラウンのアイシャドウ(SUQQU・右下)をとり、アイホールよりやや広めに広げて、まぶたに影を仕込み、奥行きを出します。

2.ニュアンスカラーを重ねる

寒色系のニュアンスカラーを選ぶと、すっきり洗練された印象に。

ありがちなブラウンメイクで終わらせないために、上にニュアンスカラーを重ねます。指にミントグリーンのアイシャドウ(SUQQU・左上)をとり、ブラウンシャドウのやや内側にオン。ポンポンと軽く置くようにのせるのがコツ。

3.目の際にアイラインを

アイラインは黒ではなく、目元に自然になじむダークブラウンを。ブラシの毛足が短いタイプを選ぶとブレずにきれいなラインが引けます。

まぶたを指で引き上げ、皮膚がピンと張った状態でリキッドアイライナー(クレ・ド・ポー ボーテ)でアイラインを。目尻を少し跳ね上げて、リフトアップ効果を目ざして。

【完成!仕込みアイシャドウとはね上げラインで、すっきりとした目元に】

仕込みシャドウで腫れぼったい目元に奥行きが生まれ、すっきりとした印象に。目尻をはね上げたアイラインのリフトアップ効果でたるみを感じさせない目元に変身。
長井かおりさん
ヘア&メイクアップアーティスト
多くの女優やモデルからの指名を受ける人気ヘア&メイクアップアーティスト。雑誌や広告など第一線で活躍する傍ら、メイクレッスン講師としても活躍。ひとりひとりの個性や魅力を引き出す、上品なメイクテクニックにファン多数。このたびスタートしたPrecious.jpでは、大人のリアルな肌や骨格の悩みをメイクだけで見事解決!

問い合わせ先

※掲載した商品の価格はすべて税抜です。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
永谷知也(will creative)
HAIR MAKE :
長井かおり
EDIT&WRITING :
新田晃与