数年前まで乳液よりも美容液に頼っていた大人世代ですが、最近「大人は乳液に立ち返ってきている」というのが美容賢者の意見。

その理由は、年齢を重ねて油分不足になり肌は繊細に変化。乳液なら効率よく水分と油分を同時に送り込み、炎症や小ジワなどの乾燥トラブルを速やかに解決できるからなのです。

また、昔と比べて、テクスチャーは格段によくなり、ベタつきはなく、癒やされる使用感になったのも人気再燃の理由に。ここで紹介する美容賢者のセレクトには、すでに名品級の「エイジングケア乳液」がそろっています。

今回は、ビューティエディター栗原 緑さんが愛用する「ゲラン」の乳液をご紹介いたします。

潤いを重ねる大切さを実感。止まらない乾きを癒やし、生き生きした肌感が復活

告白します。実は若いころ、乳液は苦手アイテムでした。が、寄る年波とともに、重ねても重ねても肌は乾くばかり。はたと思い出したのが乳液の存在。

早速使い始め、以来、手放せない必須アイテムのひとつとなったのです。そうミルフィーユ保湿という言葉もあるくらい、潤いを薄く重ねてケアする大切さ。さらに進化した乳液なら、美容液やクリーム級のエイジングケア効果も。

最新のお気に入りはゲランの「オーキデ アンペリアル ザ エマルジョン」。

シルキーな感触で素早くなじんで表面はさらり、でも内側には密度の高いハリ感が!小ジワやキメも和らいで、その後に重ねるクリームさえ、いつもよりフィット感が高いよう。

弱った肌細胞に活力を与える独自の働きゆえか、使い続けるほどに輝きも回復し、生き生きとした肌感が復活します。若い頃の乳液嫌い・・・・・・とても損していたかも、しみじみ思う昨今です。

潤いバランスを自動調整。即効でハリのあるなめらか肌に。ゲラン「オーキデ アンペリアル ザ エマルジョン」

ゲラン オーキデ アンペリアルザ エマルジョン 30ml ¥38,500

肌細胞の低酸素状態が老化を加速させることに着目し、低酸素症を改善する最新テクノロジーを搭載。さらに、モイスチャー&オイルバランスを自動調整する機能付きで、今までにない賢い最新形エマルジョンが誕生しました。

\ゲラン「オーキデ アンペリアル ザ エマルジョン」の使用感/

【テクスチャー】
たっぷりと塗布してもまたたく間に肌に入り込む、軽やかでベタつかない使用感。なめらかになりメイクのりもアップ。

【使用手順】
朝晩、化粧水、美容液のあとに使用。2~3プッシュを手にとり、顔と首筋になじませる。

【賢者の発見】
肌の潤いと油分のバランスを自動調整するから、メイクくずれも心配なし。乾燥と高い湿度が気がかりな夏場にも重宝しそう。

 

※掲載した商品は税抜です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
栗原 緑さん ビューティエディター
BY :
『Precious6月号』小学館、2019年 / 2019.6.17 更新
群馬県高崎市生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。『流行通信』編集長、『ハーパース バザー日本版』副編集長を経て、2006年よりフリーランスの編集者として活動。編集者歴は30年超。雑誌及び広告制作などにおいて、企画から写真撮影のコーディネート&ディレクション、取材、原稿執筆まで手がける。趣味はガーデニングと読書、ウォーキング、料理。 好きなもの:猫、化粧品、香味野菜、赤ワイン、トリュフ、青い和食器、お風呂、くちなしの花、商店街散策、料理、上質ミステリー、ドン・ウィンズロウ、手芸、美容機器、山下達郎、ジェット・リー、本屋、平日昼間の散歩、Hidden Objectゲーム、“サンタ・マリア・ノヴェッラ”のポプリ、ウフィッツィ美術館、夕暮れ時のルーフバルコニー
PHOTO :
戸田嘉昭・池田 敦(パイルドライバー)
EDIT&WRITING :
荒川千佳子、五十嵐享子(Precious)