まるでSF映画のような世界初の海中レジデンスが、モルディブに2018年11月、お目見えしました!

かつて水中レストラン「イターアンダーシー」で世の中の話題をさらったコンラッド・モルディブ・ランガリ・アイランド(以下、コンラッド・モルディブ)が、同じプロジェクトチームでこの海中レジデンスに挑戦。水中レストランから10年あまりの年月を経て、登場しました。

海中レジデンスの名前は、地元の言葉で“サンゴ”を意味する「ザ・ムラカ」。3つの島からなるコンラッド・モルディブのうち、ゲストのためのランガリフィノール島とスタッフのためのランフィノール島の間にあり、ふたつの島を結ぶ桟橋から枝分かれした独自の桟橋でつながっています。

この桟橋に、国際空港からの専用の水上飛行機が横付けし、関係者以外の目に触れることなく、ゲストはチェックインできるのです。

エレベーターの扉が開くと、海中世界が目の前に

200メートルの長い桟橋を渡って、「ザ・ムラカ」へ。水上と水中の2フロアからなる、3ベッドルームになっています。

ザ・ムラカの200メートルもある桟橋
独立して存在する「ザ・ムラカ」。桟橋の長さは200メートル

いきなりですが、まずは水中ルームへ。

エレベーター、または螺旋階段で下りるのですが、ドラマティックなのはエレベーターです。扉が開くと、天井のアクリル板から水中を通した太陽光がゆらゆらと揺れて、幻想的な世界が広がります。

まっすぐに伸びた通路の先にベッドルーム、その奥にリビング。通路の両脇には、左にバスルーム&トイレ、右にウォーキングクローゼット。どこからでも、水中を眺められます。

水中ルーム
エレベーターが開いたとき、まず目にするのが、この光景

メインのベッドルームは、弾性アクリルをカーブさせた、かまぼこ型。ベッドに寝転がると、視界いっぱいが海の中。海の中を揺れる太陽光に包まれて、海底に横たわっているよう。

夜にはライトアップされ、餌付けで魚を呼び寄せるので、まるで竜宮城にいるようなシーンが期待できそうです。

メインのベッドルーム
寝転がると、ゆらゆらと揺れる水面が頭上に
展望室のようなリビング
展望室のようなリビング。この天井に避難用のルートが

リビングは海側へとアクリル板が張り出した、展望室のような造り。リビングからはサンゴの育成プロジェクトのために移植したサンゴの一群がうかがえます。数年後には立派なサンゴのフィールドができていることでしょう。また、リビングの天井には万一のときの脱出ルートもあります。

水中を眺めることができる洗面所
洗面台のミラーは可動式。シャワーとトイレは洗面台の左右の両脇に

シャワールームも床から天井までアクリル板。洗面台はミラー部分が可動式なので、除けておけば、歯を磨いてるときも水中、洗顔後に顔を上げたときも水中、あらゆる日常の動作を水中で体験する新鮮さが楽しめます。そして無防備な姿でのシャワーやトイレ、緊張しそうです⁉

スタイリッシュな水上階には、広々としたデッキテラスも

海を一望できる水上階のリビング
水上階のリビング。窓をフルオープンにすることができます

水上階のインテリアはユージ・ヤマザキ氏が手掛けた、白を基調にしたミニマルなデザイン。広々としたリビング&バーカウンターは窓をすべてオープンにすることができ、そのままデッキテラスへと続きます。デッキテラスにはラグーンへと続くようなインフィニティエッジのプールやラウンジ、サンベッドが配置され、ここにいる時間も長くなりそう。

インフィニティープールが備え付けられたデッキテラス
広々としたデッキテラス。インフィニティプールもあります

水上階のメインベッドルームも、眺めが素晴らしい! テラスのクリアな柵は視界の邪魔にならず、ベッドがまるで大海原につながっているような感覚です。

水上階のベッドルーム
メインベッドルーム。ラグーンに浮かんでるように錯覚するかも⁉

この水上階には別棟に、24時間スタンバイのバトラーやシェフ、ゲストに同行してきたボディガードやベビーシッターのための部屋と、フィットネスジムもあります。「ザ・ムラカ」は独立した、リゾートの中のレジデンスなのです。

インド洋を一望できるバスタブ
ゆったりとしたバスタブにつかり、インド洋を眺める贅沢なバスタイムを

ちなみに、1泊素泊まり5万ドル也。滞在日数や時期などで変わりますが、それでも破格のプライス。深く記憶に刻まれる旅になることは、確実でしょう。

問い合わせ先

取材協力

この記事の執筆者
ダイビング雑誌の編集者を経てフリーに。海外旅行専門誌でもビーチを担当。月に1~2回、海外を中心に国内外のビーチリゾートへ通うこと、かれこれ四半世紀以上になる。女性誌の旅記事、ライフスタイル誌の連載、ウェブの連載ほか、共著に『奇跡のリゾート 星のや竹富島』など。世界のビーチガイド「World Beach Guide(http://www.world-beach-guide.com ) 」主催 好きなもの:海でボーッとすること、ボディボード、ダイビング、ビーチパーティー、Jazztronik、H Zettrio、渋谷Room
公式サイト:古関千恵子ホームぺージ
Twitter へのリンク
Instagram へのリンク
EDIT :
安念美和子