都心の緑を楽しむ大きな窓をもつ、フレンチファインダイニング「エステール」

次々と注目の大型レストランのオープンが続く東京に、また新たなレストランがオープンします。

パレスホテル東京から、2019年7月28日(日)をもってフランス料理「クラウン」を閉店し、新たにフランス料理界の巨匠であるアラン・デュカス氏をパートナーに迎えたレストランをオープンするという発表が。その名は、フランス料理「Esterre(エステール)」。

2019年11月1日(金)のオープンが予定されているEsterreは、パリの最先端のトレンドを吸収しながらも、日本のテロワール(土壌や気候などのその土地がもつ個性)を存分に生かし、旬の素材を最大限に引き出した、日本ならではの唯一無二となるフレンチファインダイニングとなる模様。

発表された店内イメージ図では、足元ぎりぎりまで取られた3方向の大きな窓からは、都内でも屈指の美しい緑の景色が広がっています。

白とベージュのやわらかなトーンが美しい店内イメージ。有機的な丸みを帯びたデザインのチェアも印象的です。

ヘルシーでコンテンポラリーなフランス料理が提供される予定

コンセプトは、“大地と海の出会いの物語を紡ぐ場所”。フランス料理に忠実でありつつ、日本の大地と海の恵み、そしてその大切さを表現するメニューを提供する予定。

パレスホテル東京 総支配人の渡部 勝さんは、最上質のホテル・ファインダイニングをフランス料理のフィールドで実現することを目指すために今回のオープンに踏み切ったといいます。

「ミシュラン3つ星のホテル・ファインダイニングをパリやモナコ、ロンドンで実現している実績と経験を有するアラン・デュカス氏が、日本の四季の食材を十分に生かしたフランス料理を表現できる最良のパートナーと考えました。

デュカス氏は数年前から東京滞在時はパレスホテル東京を定宿とし、お互いが相思相愛であったこともパートナーとしてプロジェクトを進める大きな原動力になり、強いご縁を感じています。

フランス料理界をリードするアラン・デュカス氏と共に、国内・海外のゲストが最上質の体験をし得るホテル・ファインダイニングを実現させ、ホテルブランドのプレゼンスを更に高めていくことを目指してまいります」

これに対し、アラン・デュカスさんもコメントを寄せています。

「日本とフランスは目に見える形での文化は異なっていても、その根底には、最上の“おもてなし”を提供することで、ゲストに最高に幸せな瞬間を味わって頂きたい、という共通の思いがあると信じています。

パレスホテル東京と共に、フランス料理『Esterre』を通じて、ヘルシーで洗練されたコンテンポラリーなフランス料理をご提供出来ることをとても誇りに思っています」

アラン・デュカスさん(写真左)とパレスホテル東京 総支配人の渡部勝さん(写真右)

現在のフランス料理「クラウン」が創業した1964年は、東京オリンピック開催の年。また新たなオリンピックが東京へと巡ってくるまで続いた味との別れは寂しいですが、2020年を迎える時代にふさわしいフレンチファインダイニングが誕生することに期待しましょう!

問い合わせ先

 

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
北本祐子