数年前まで乳液よりも美容液に頼っていた大人世代ですが、最近「大人は乳液に立ち返ってきている」というのが美容賢者の意見。

その理由は、年齢を重ねて油分不足になり肌は繊細に変化。乳液なら効率よく水分と油分を同時に送り込み、炎症や小ジワなどの乾燥トラブルを速やかに解決できるからなのです。

また、昔と比べて、テクスチャーは格段によくなり、ベタつきはなく、癒やされる使用感になったのも人気再燃の理由に。ここで紹介する美容賢者のセレクトには、すでに名品級の「エイジングケア乳液」がそろっています。

今回は、美容愛好家・野毛まゆりさんが愛用する「カネボウ」の乳液をご紹介いたします。

見た目年齢の若返りに不可欠。ハリ&透明感を高めて絶好調肌をキープ

端折ってもいいと思われがちな乳液ですが、クリームではなし得ない、乾き肌をほぐす効果が秀逸。カラカラに硬く乾いた大人肌は、クリームの前にワンステップ乳液を加えるだけで、なめらかさは格段にアップします。

なかでも乾きとたるみで凹凸の影ができてしまう加齢肌を均一に整える効果に優れているのが、カネボウ「ザ エマルジョン」です。

まず乳化技術に優れたブランドなだけに、スッとなじみ、ベタつかずなめらかさが増すという、うっとりするような使用感は見事。さらに肌の透明感をアップさせることに特化した処方で、使ううちに肌が明るく変化していくのがわかります。

美容液並みの高価格ですが、これがあれば、化粧水、乳液、クリームの簡単3ステップで完了。特に乾燥や疲労で凹凸の影が現れたとき、これを投入するだけで肌の調子が断然よくなるので、お守り的な存在です。

もっちりとしたハリ感が復活。たるみによる影を消し去る

カネボウインターナショナルCiv. カネボウ ザ エマルジョン 100ml ¥30,000

こっくりとしたオイルとなめらかさをもたらすポリマーを融合し、乾きしぼみ肌が即座にふっくら状態に。さらに光量、陰影、色調をコントロールする、3方向からのアプローチで濁りのない澄みきった肌へと育成。

\カネボウ「ザ エマルジョン」の使用感/

【テクスチャー】
ハリの手応えをすぐに感じる、こっくりとした感触。後肌は手に吸い付くようなモチモチ感になる、特別な処方に。

【使用手順】
朝晩、ローションのあとに使用。ポンプ2押しぶんを手のひらにとり、顔と首になじませる。そのあとクリームを塗布。

【賢者の発見】
プッシュタイプなので適量がわかりやすいのがいい。優しいフローラルの香りが広がり、お手入れの間、優雅な気持ちになる。

 

※掲載した商品は税抜です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
野毛まゆりさん 美容愛好家
BY :
『Precious6月号』小学館、2019年
1961年生まれ。外資系化粧品会社の販売・教育トレーナー・広報PRを経て独立。美容業界30余年、現在は女性誌・テレビ・ラジオにて美容コメンテーター、また企業の研修会や講演会にて、美容・接客・販売の講師も務める。著書に『美しいものを売るために大切なこと』(WAVE出版)がある。 好きなもの:フレディ・マーキュリー(12歳のころから超超激愛、当時から来日時は“追っかけ”してました)、初期の『SEX and the CITY』、中原淳一、オーブリー・ビアズリー、古い日本映画、グスタフ・クリムト、野天風呂、芥川龍之介、アクリル絵の具、百貨店の化粧品売り場、谷崎潤一郎、美容室、矢沢永吉、タイのホアヒン、西伊豆土肥の夕日、冷房の効いた夏の部屋、化粧品、秋と冬、楳図かずお、日本茶
PHOTO :
戸田嘉昭・池田 敦(パイルドライバー)
EDIT&WRITING :
荒川千佳子、五十嵐享子(Precious)