ボリュームを出すために、カーラーで巻いたり、カールアイロンでウェーブをつくったり、毎朝、悪戦苦闘していませんか? せっかくキレイに仕上げても、時間が経つと元のペタ~ッとした状態に戻ってしまうのが大人の髪。

そんな悩める髪に、Doubleのヘアスタイリスト・西川綾さんは「顔まわりに髪があるだけで、印象が変わります。顔を包み込むように前上がりのレイヤーを入れておけば、華やかな印象になります」と、アドバイス。

さっそくそのプロ技をチェック!

【お悩み】スタイリングしてもすぐペタッとなる髪を何とかしたい!

ミディアム代表:富澤千春さん(50歳/パート)のお悩みを解消するには…

■髪型:前上がりのレイヤーで毛先に厚みを出す

完成
サイド
バック

富澤さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★
  2. ボリューム(少→多)★
  3. 髪の太さ (細→太)★★
  4. うるおい (乾→潤)★
  5. 白髪の量 (多→少)★★★

髪が年々細くなり、ボリュームが出にくくなっている富澤さんの髪。「ボリュームをいちばん表現しやすいのが毛先なので、カットでも厚めにしています。朝のスタイリング時間を短くしたいなら、デジタルパーマがお勧め。ボリュームが欲しいハチから上は縦巻きに、ハチから下は緩やかなカールになる平巻きにしておくと、シルエットにもメリハリができます」(西川さん)

■スタイリング:ムースを揉み込むだけでスタイリングは完了!

「富澤さんの髪はデジタルパーマがかかっているので、保湿効果のあるムースを毛先になじませるだけで、朝のスタイリングは完了です。全体的にフワッとしたスタイルなので、前髪は毛流れをつくるようにタイトに整えるとバランスがよくなります」(西川さん)

西川さんのお勧めムースは、『ナカノ スタイリング プロイスト tf』¥1,600。「トリートメント成分が入っていて、ハードに固めないから使いやすいですよ」(西川さん)

スタイリング前

■1:髪の中間から毛先にかけて、クシュクシュと握りながらムースをなじませる

ピンポン球2個分が目安。
毛束を握るようになじませる。

■2:前髪は手ぐしで毛流れを整えるようにとかしながらドライヤーをあてる

ドライヤーをあてることでツヤ感もアップ。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■顔まわりの毛先を遊ばせて華やかさをつくる
  2. ■保湿効果の高いスタイリング剤でパサつきを抑える
  3. ■前髪は深めにとってペタンコ頭頂部をカバー

「顔まわりからサイドにかけて髪がペタ~ッとしていると、とても寂しい印象になるばかりか、フェイスラインも下がって見えます。顔まわりにカールがあるだけで、キリッと引き締まったフェイスラインに見えますよ」(西川さん)

Double ヘアスタイリスト・西川綾さん。ヘアピンを集めるのが趣味。「ヘアアレンジが好きなので、色々なヘアピンでアレンジを楽しみたいです」

問い合わせ先

Double
住所/東京都渋谷区神宮前4-13-13 フォレストプラザ表参道1F
TEL:03-3475-6060
営業時間:月・火・水・日祝 10:00~19:00、木・金12:00~21:00、土10:00~20:00
定休日:第3月、火

大人の女性ならではの髪悩みを解消するスタイルを提案してくれるサロン。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑