艶とハリ感とみずみずしさと。究極の素肌感ベースメイク

美しい肌とはどんな肌? ファンデーションをつけるなら、どんな肌にしたい? そう聞かれて即答できる人は、なかなか少ないと思います。とはいえ多くの人は、シミも色ムラもシワもなかった二十歳前後の自己ベストの肌を、それがかなわないなら10年あるいは5年前の肌をと、無意識にイメージしているものです。

シャネルの新製品「レ ベージュ オー ドゥ タン」は、そんな価値観を超える新感覚のベースメイク。全体の75%を占める水相のジェルベースに、粉体を含む油相のマイクロバブルが点在。手の甲に出してブラシで圧を加えると混ざり、ファンデーションが完成します。

そして、ブラシで肌につけると、新鮮な感動に包まれるでしょう。このファンデーションは何も隠さない。輝きをハリ感をみずみずしさを、素の肌に少しずつ足す感覚。今の自分、今の肌を肯定し、ひとつひとつの細胞に肌全体に、生命力を注ぎ込んだよう。

「野外の自然な光の下でいきいきと輝く肌」をテーマとする「レ ベージュ」シリーズならではの、肩の力が抜けた、エフォートレスな仕上がりが魅力です。「レ ベージュ オー ドゥ タン」は、今の自分をもっと好きになれる、そんなファンデーションなのです。

色を整えるのではなく、隠すのでもない。肌の生命力を演出する新感覚のファンデーションがシャネルから登場!

レ ベージュ オー ドゥ タン全3色 各¥7,500(シャネル) [Precious2019年6月号130ページ]

75%が水分だから潤って軽やか。若々しい輝きをブラシでのせて容器をプッシュして手の甲にとり、付属のブラシで縦方向に小刻みに動かす。すると、粉体を含む粒状の油相が水相のジェルと混ざってファンデーションに。肌にのせると限りなく薄づきで光とハリ感をのせるように、重ねづけをすれば希望のメイク効果になります。

※掲載した商品は税抜です。

問い合わせ先

PHOTO :
佐藤 彩