ANAインターコンチネンタルホテル東京を「抹茶コレクション」を開催中!

ANAインターコンチネンタルホテル東京では、2019年7月19日(金)まで、アトリウムラウンジ、パティスリー「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」、シャンパン・バーなど全7店舗にて、香り豊かな抹茶と緑色の食材を使ったメニューを楽しめる「抹茶コレクション」を実施中です。

シャンパンバーでは、抹茶尽くしのスイーツブッフェ

昨年、大好評だったことから今年も開催となった抹茶づくしのスイーツブッフェでは、ウェルカムスイーツとして、京都宇治抹茶と北海道産マスカルポーネを使用した「特選抹茶ティラミス」をサービス。

ブッフェ台からいくらお皿にとってきても、まずはこちらを口にすること。ふんわりやわらかな口当たりは、放置してしまうと表面の抹茶の風味がマスカルポーネの水分と反応して極上のタイミングを逃してしまいますよ。

特選抹茶ティラミスはテーブルに直接届けられるので、ブッフェ台に張り付きすぎないようご注意を。

今回の抹茶ブッフェでは、スイーツが25種類に加え、「ほうれん草のロワイヤル」「帆立と海老のサラダ 海苔のジュレ」「サーモンとアスパラのピザ」など、和と洋さまざまにそろった15種の軽食メニューもラインナップ。美しい緑のグラデーションを美しくチョイスすることにこだわってしまうかも?

さらに、今年はキュートなパンダのモチーフも登場。青竹に笹とパンダを演出したコーナーや抹茶の配合濃度の割合で味わいの違いを楽しめるチョコレートやチョコレートファウンテンなど、食べ比べを楽しむコーナーも設置し、よりエンターテインメント性を高めた演出も用意されています。

抹茶のチョコレートファウンテンは3種類のチョコレートをワッフルやマシュマロ、ミニカステラなどにつけて楽しめます。
ユーモラスなパンダがのせられた「抹茶ムース」
表面の模様も美しい「抹茶リングケーキ」
抹茶パフェのトッピングも可愛いパンダモチーフ。
抹茶チョコレートの抹茶配合率20%のチョコレート。
抹茶配合率1%のチョコレート。パンダ型のチョコレートは5種類食べ比べできます。

「抹茶スイーツブッフェ」

会場/シャンパン・バー(3FL.)
時間/11:30〜、13:30〜、15:30〜(3部制:各1時間半)
※但し、土曜は17:30〜、19:30〜の部を加えた5部制、日祝日は17:30〜の部を加えた4部制
料金/平日¥4,600、土日祝日¥5,600

ジャパニーズスタイルのアフタヌーンティー体験はいかが?

ブッフェほどたくさんいらないけれど、ゆったりと抹茶のスイーツを楽しみたい方はアトリウムラウンジ(2FL.)の「抹茶アフタヌーンティーセット」がおすすめ。スタイリッシュな3段プレートに並べられた12種類のプチガトーと4種類のセイボリーは大満足のラインナップ。

こちらのメニューにはお抹茶も付いていて、自分で点てていただくスタイル。プチガトーやセイボリーの内容はブッフェと共通しているものもあるので、どちらがお好みか比較してみて。

一つひとつがジュエリーのように美しいガトーとセイボリー。
抹茶は茶筅で自分で点てていただきます。ジャパニーズスタイルのアフタヌーンティーはいかが?

「抹茶アフタヌーンティーセット(「お抹茶」付)」

会場/アトリウムラウンジ(2FL.)
時間/平日12:00〜18:00、土日祝日11:00〜13:00、13:30〜15:30、16:00〜18:00(3部制)
料金/¥4,900


いずれも開催期間は2019年7月19日まで、ご利用には事前予約がおすすめです。

問い合わせ先

 

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
北本祐子