世間一般的には6月から衣替えだ。お住いの地域にもよるが、すでにジャケットを脱いで通勤されている方は多いことだろう。それでも、TPOに応じてジャケットを着用しなくてはならないときはある。困るのはそのあとだ。汗をかいたジャケットを(パンツもだが)いちいちクリーニングに出していてはキリがない。そこで、トータル5分でできる夏服のケア方法を伝授しよう。

つくりのいいブラシを使ってホコリを取り繊維の流れを整える

写真は平野ブラシの手植えタイプ(スタッフ私物)。毛足が長く面積も広いため、効果的にブラッシングできる。また、柔らかな馬毛はカシミアにも向いていて、繊維の流れに沿って使うと、いわゆる「ウロコ」が現れ、美しく滑らかになる。

 本来、ジャケットの下に着用するシャツは下着であり、人前で見せる(ジャケットを脱ぐ)ものではないとされている。だから、本当は真夏でもネクタイを締めて涼しい顔で歩きたいものだが、無理は禁物。体調を崩さない程度にしておこう。ただし、日本特有の「ネクタイを外しただけのクールビズ」スタイルはいただけない。清涼感があり、肌触りにも秀でた夏向きの生地や柄を選び、シャツは長袖をまくり、ジャケットは手に持って移動。さらにネクタイをバッグに忍ばせておけば、急な打ち合わせなどにも対応できる。

 着用後も大事だ。夏はとても汗をかくし、たまたま立ち寄った場所が喫煙可のスポットだったり、ホルモン焼きレストランだったり、単に自分の臭い=加齢臭だった場合、ケアの有無で気分も服の寿命も違ってくる。なので、これは夏を問わずやっておくべきことだが、とにかく帰宅してジャケットを脱いだら、まずはブラッシング。目に見えないホコリを取り、服の繊維の流れを整えるうえで、ブラシはとても重要。だからいいものを使おう。

 ブラシ選びのポイントは、細くて柔らかな性質をもつ馬毛素材で、なるべく毛足の長いもの。できれば抜けにくい手植えがいい。毛足が長いブラシを、手首のスナップを効かせるようにして使う。

衣類スチーマーでしわと臭いを除去

写真はパナソニックの衣類スチーマー(スタッフ私物)。電源オンから約30秒で立ち上がり、スチームの噴射角度も広いことから、スタイリストなど服のプロの間でも人気が高い。

 ブラッシングが済んだら、衣類スチーマーの出番だ。高温の水蒸気を当てて服のしわや臭いを取る衣類スリーマーは、現在いくつかのメーカーから販売されている。深いしわを取るなら断然アイロンのほうがいい。だが、衣類スチーマーでも軽いしわは簡単に取れるし、何よりも手軽に扱えるのが魅力。繊維のハリと輝きを取り戻し、よれっとした感じも数分の手間で見違えるほどに。多忙なビジネスパーソンにとって、これほど便利なアイテムはない。

締めにシュッとひと吹き!

ブラッシングと衣類スチーマーを使ったあとに、「スーツリフレッシャー」を。3種類の香りが選べ、今回はグリーン・ウッドの香りを使用。ほのかな甘さが漂う香りは、身につけるフレグランスを邪魔する心配が少ない。それでいて翌日も香りが持続し、衣類消臭剤としての効果も確認できた。

 前項までの作業でも十分だが、いいものを長く着るためにも、考えうることはすべてやっておきたい。そこでおすすめなのが、消臭と香りを同時に得られるアイテム。効能の違いはともかく、こちらも複数のアイテムがあるが、メンズケアブランドのプラウドメンが手がける「スーツリフレッシャー」は、消臭成分のカキタンニンを配合し、汗やたばこなどの臭いを効果的に抑える。

 カキとはすなわち果物の柿。強力なタンパク質凝固作用をもつタンニンを含むことから、古くから剣道部具などの消臭用に使われてきた。「スーツリフレッシャー」は、このカキタンニンによって不快な臭いを抑えつつ、ほのかな香りを与える。これで、夏服のデイリーケアは完璧だ!

※記事中で紹介しているブラシと衣類スチーマーはスタッフの私物です。

プラウドメンスーツリフレッシャーGW(グリーン・ウッドの香り)

香りでごまかすのではなく、定評のある消臭成分を使用しているのが、こちらの特徴。ほかに、グルーミング・シトラスの香りとCM(シトラス・ムスクの香り)がある。●200ml 各¥1,800(プラウドメン)税抜

問い合わせ先

この記事の執筆者
名品の魅力を伝える「モノ語りマガジン」を手がける編集者集団です。メンズ・ラグジュアリーのモノ・コト・知識情報、服装のHow toや選ぶべきクルマ、味わうべき美食などの情報を提供します。
Faceboook へのリンク
Twitter へのリンク