ドイツ発のコレクションブランド「マーク・ケイン」が日本に本格上陸!

夏の強い日差しにはブライトカラーの着こなしが似合いますが、明るい色には、着る人の表情を明るく見せてくれるだけでなく、気分も高揚させてくれる効果もありますよね。そんなアイテムを探しているならば、ぜひ銀座のマーク・ケインをチェックしてみて。

マーク・ケイン 2019年春夏コレクション ©︎Marc Cain

2019年春に銀座に路面店をオープンしたばかりのマーク・ケインは、ドイツ発のコレクションブランド。店頭には夏にぴったりなブライトカラーのアイテムが充実。元々がニットブランドからスタートしているので、カジュアルに着られるワンピースドレスなど、夏に買い足したくなるアイテムがそろっています。

そのドイツらしいテクノロジーに裏付けられた上質なデザイン、クオリティー、マテリアルにこだわった商品で、女性のスタイルを美しく見せるラインを描きだしています。

マーク・ケイン 銀座本店の店内はブライトカラーの渦!

「マーク・ケインのコレクションは、独自の美意識と肩肘張らないナチュラルなスタイル、革新的な発想と高級感を合わせもち、オープンマインドで好奇心旺盛な、今この瞬間を大切に生きるすべての女性に捧げられています」(マーク・ケイン PR担当 松本さん)

今秋も注目のレオパードプリントも豊富!

銀座店のバッグ&シューズのコーナー。秋冬も続くトレンドのレオパードプリントのアイテムもそろっています。

マーク・ケインは、ベルリンコレクションのランウェイを彩る「コレクション」や「スポーツ」ラインのほか、タイムレスで上質な定番ウェアがそろう「エッセンシャルズ」、シーズンごとのトレンドを反映した「アディションズ」、Leo-Head(ヒョウの頭)のアイコンが愛らしい「バッグ&シューズ」など、5つのラインで構成されています。

マーク・ケインを象徴するモチーフのひとつ、Leo-Headのバッグは毎シーズン人気のアイテム。

「各ラインは、トレンドの要素と独自のクラス感を併せもち、現代を生きる女性達のさまざまなライフシーンを演出しています。

また、パーフェクトに調和するアイテム同士のコーディネートだけでなく、一見相反するアイテム同士を組み合わせても、マーク・ケインらしいルックとして完成するよう計算されているのもポイント。

プリントやカラーが表現するファッションの楽しさを存分に味わう事ができるのも、当ブランドの魅力のひとつです」(マーク・ケイン PR担当 松本さん)

日本の店頭では、4サイズで展開。伸縮性のある素材のものも多いので、表記サイズだけではなく、実際に着てみてぴったりのものを選んでほしいですね。

ホワイト、ネイビー、レッドなどベーシックなカラーが少しずつ異なるデザインでそろいます。二ットカットソーの価格は¥11,000〜¥13,000前後。サイズは4サイズ展開。

今季の注目はロブスター柄!

遊び心のあるプリントが毎シーズン登場するのですが、今季の注目はロブスター柄! 遠くから見るとグラフィカルなラインのように見えるシフォンブラウスも、近づくとロブスター! ロブスターモチーフはニットなどでも使われています。

可愛いセットアップをよーく見ると…
ぎっしりとロブスターが描かれています。こちらのトップスは¥37,000(税抜)
ロブスターがついたユーモラスなニットトップス。¥45,000(税抜)

シーフードをいただくテラスパーティーや、海辺のセカンドハウスで行われるホームパーティに登場したら、初対面でも盛り上がれる”カンバセーションピース”になること間違いなし!なアイテムが、豊富にそろっています。

問い合わせ先

 

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
北本祐子