40代のボブスタイル。シルエットによっては若作りに見えたり、フェイスラインが貧相な印象になることも…。その問題を解決してくれるのが、骨格に合わせたカットで人気を集めるair-AOYAMA副店長の小宮佑介さん。

「大人世代のボブは骨格や頭の型に合わせてカットすることが大切です。髪のウエイトを頰よりも上に設定するとフェイスラインがキュッとリフトアップ。ボリュームゾーンをサイドに持ってくれば面長顔が綺麗な卵型になります」(小宮さん)

さらにパーマを組み合わせると、より洗練されたシルエットになるのだそう。

「強めのウェーブは老け見えの原因に。毛先にカールが付くくらいのパーマがオススメです。特にボブなどの短いレングスは、カットでしっかりとウエイトを上げておかないとバランスが取れず、パーマが活きてきません。カットとパーマのバランスが重要になります」(小宮さん)

骨格に合わせたカットとワンカールパーマで360度どこから見ても美しいシルエットに!小顔効果バツグンのボブスタイルは必見です。

■髪型:空気を含んだようなボリューム感が魅力。ラフさと色気が共存するパーマスタイル

面長顔のボブ代表:坂元美香さん(42歳/モデル)の場合

完成
サイド
バック

坂元さんのHAIR CHART

やわらかさ(柔→硬)★★
ボリューム(少→多)★★★★
髪の太さ(細→太)★★★
うるおい(乾→潤)★
白髪の量(多→少)★★★★★

「長めの前髪をそのまま下ろしてしまうと面長顔を強調させるだけでなく老けた印象にもなってしまうので、根元からしっかりと立ち上げるのがポイント。毛先のカールが頰にかかるくらいの長さに設定すると顔のフレームが菱形になり、より小顔に見えます」(小宮さん)

■スタイリング:ブローとコテで優雅な毛流れを作るのがポイント!

「スタイリング剤を髪の表面からつけると、ブローやコテで作ったボリュームが潰れてしまいます。スタイリング剤をつけるときは髪の内側から空気を入れるように揉み込んで」(小宮さん)

スタイリング前

■1: 前髪をブローしながら立ち上げる

完成根元からブラシを入れて、かき上げるように動かしながら熱を当てる。

■2: 前髪と顔まわりの毛先をリバース巻きにする

コテは32ミリを使用。毛先だけワンカールするのがコツ。逆サイドも同様に。

■3:バームを揉み込んでパーマを出す

パーツ粒ひとつ分くらいのバームを手のひらによくなじませたら、髪の内側から揉み込む。

〈面長顔ボブヘア スタイリングのコツ3か条〉

  1. 前髪は根元から立ち上げる!
  2. 前髪、顔まわりはリバース巻きに
  3. バームを揉み込んでパーマの動きを出す

「キープ力のあるバームがオススメ。テクスチャーがかたまって使いにくい時は、オイルを少し混ぜて。クリーム状にすれば滑らかになり使いやすくなります。オイルを混ぜすぎるとベタッとした印象になるので、混ぜすぎに注意して」(小宮さん)

air-AOYAMA副店長の小宮佑介さん。骨格に合わせたスタイルが得意な小宮さん。「正面からだけでなく、360度どこから見ても美しいシルエットを作ることにハマっています。頭の型や輪郭は人それぞれ違うので、その方に一番似合うスタイルを見つけられた時は本当に嬉しいですね」

問い合わせ先

air-AOYAMA
住所/東京都渋谷区神宮前5-51-8 La Porte Aoyama 5F 
TEL:03-3486-8261
営業時間:平日11:00〜21:00(木曜11:00〜20:00) 日・祝 10:00〜19:00

凛とした雰囲気でゆったりとくつろぐことができる極上サロン。
この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑