大好評!人気ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんの連載です。

シミやくすみ、たるみなど…、大人の女性を悩ませるエイジングサインを、長井さんの経験と知識、独自のテクニックをフルに生かし、メイクだけでお悩みをスッキリ解決。大人の肌や骨格の悩みが、なかったことに…!

第13回目は、ベースメイクで骨格矯正するテクニック。クッションファンデ+ハイライトで丸顔がすっきりシャープに!

クッションファンデ+ハイライトのツヤ感を生かせば、丸顔がシャープに!

【セルフメイク→長井メイク】

端正なパーツよりも顔の輪郭に目を奪われがちな、セミマットな質感のナチュラルメイク。キュッと引き締まった印象の洗練メイクへシフトするには、ツヤ感を味方につけ、顔にメリハリをもたらすことが不可欠です。

ファッションエディターとして活躍中の吉川さん。その美貌とセンスのよさから、女性誌に登場することもしばしば。撮影時にプロのメイクさんに、シャープに見えるメイクを施されることがあるけれど、シェーディングなどのテクニックを自分で再現するのは難しい…と吉川さん。

「時間とテクニックなしでも失敗なく丸顔をすっきり見せる、ベースメイクテクニックを知りたいです」

吉川 歩さん(40歳)
「撮影時にプロのメイクさんに教わった、シェーディングを駆使した丸顔カバーテクニック。自分で再現してみると、あまり効果を感じられなかったり、逆にトゥマッチになってしまったり…と、プロの技を取り入れるのは難しいです。時間とテクニックがなくても、かんたん&自然に丸顔をカバーできるベースメイクを知りたいです」

■A.「艶やかな肌に整えた肌にハイライトを部分的に効かせることで、顔に立体感が生まれ、輪郭まで引き締まって見えるんです」(長井さん)

「まず、顔をすっきり見せるためには、マット肌から脱することがマストです。シェーディングで引き締めるよりも、艶やかに仕上がるクッションファンデとハイライトの投入を。ツヤ感を上手に味方につけること立体感が生まれ、顔全体がキュッと引き締まった印象に。輪郭まですっきりシャープに見えるんです」

【丸顔をシャープに見せるベースメイクアイテム4】

(左から)潤いを与えながら毛穴や小ジワなどの凹凸をカバーし、ふっくらなめらかな肌に。ポーラ ディエム クルール プライマーG SPF30/PA+++ 25g ¥5,000(2019年8月8日発売) 紫外線ダメージ、空気中の塵などから肌をプロテクト。NARS ナチュラルラディアント ロングウェア クッションファンデーション SPF 50/PA+++ ¥6,300(ケースとセット価格) クリーミーなテクスチャーで肌にツヤ感と血色感を与え、骨格を美しく引き立てる。カネボウインターナショナルDiv. カネボウ シマリング コンパクト 01 ¥6,000(2019年8月9日発売) ほんのりパールを効かせた艶やかな発色。大人の頬に内側から滲み出るような血色感を与えてくえる。カネボウ化粧品 ルナソル カラーリンググレイズ 02 ¥6,200

【丸顔をシャープに見せるベースメイクプロセス5】

1.ベースで肌をフラットに整える
土台をフラットに整えておくことこそが、ファンデーションやハイライトの効果を最大限に引き出すポイントに。

ベース(ポーラ)を肌全体に薄くのばしたあと、目尻や小鼻のワキなど小じわや毛穴が気になる部分のみに少量を重ねづけして、土台をフラットに整えておきます。

2.クッションファンデで艶やかな肌に
中央から外側に向けてパフを動かし、素早く均一にファンデーションをのばします。
軽く叩き込むことで、目の下のCゾーンのツヤ感がアップ。

パフにファデーション(NARS)を適量とり、パフを滑らせながら薄くのばします。パフを折り、目の下のCゾーンのみにトントンと叩き込んで重ねづけを。

3.頬になじみカラーのハイライトを
パウダーよりも肌なじみがよく、艶やかに仕上がるクリームタイプをチョイス。
ファンデーションがよれないように、頬骨からこめかみに向けてタッピングしながらのばします。

ハイライトコンパクト(カネボウ)の下2色のコーラルを二本の指でとり、手の甲で混ぜて。頬骨上からこめかみに向けて、ハイライトを入れます。肌となじむカラーをチョイスして、ツヤ感のみを出すのがポイント。

4.目頭、目尻、上唇の山に明るいハイライトを
目頭のハイライトには、白目をクリアに見せる効果があります。
気になる小じわやくすみを飛ばしてくれる目尻のハイライト。
上唇の山の上のハイライトは、唇をふっくら立体的に見せてくれます。

ハイライトコンパクト(カネボウ)の一番上のハイライトカラーを付属のブラシにとり、目頭・目尻・上唇の山部分にのせます。光が当たる部分にハイライトを効かせて、立体感を演出。

5.頬骨上にチークをオン
耳側に角が向くように「く」の字にチークを入れると、頬全体が引き締まり、リフトアップ効果も期待できます。

チーク(ルナソル)2色を混ぜて、頬骨の上に「く」の字にチークを入れる。先に入れたハイライトとコントラストがつき、顔全体を引き締め輪郭もシャープに。

【AFTER:すっきりとしたフェースラインが印象的なあか抜けメイクに】

ハイライトで高さを出すことで丸みが緩和。パーツの美しさが際立つあか抜けメイクに。
長井かおりさん
ヘア&メイクアップアーティスト
多くの女優やモデルからの指名を受ける人気ヘア&メイクアップアーティスト。雑誌や広告など第一線で活躍する傍ら、メイクレッスン講師としても活躍。ひとりひとりの個性や魅力を引き出す、上品なメイクテクニックにファン多数。Precious.jpでは、大人のリアルな肌や骨格の悩みをメイクだけで見事解決。

※掲載した商品の価格はすべて税抜です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
永谷知也(will creative)
HAIR MAKE :
長井かおり
EDIT&WRITING :
新田晃与