ここ最近、黒ワンピースをカジュアルな雰囲気で着こなすおしゃれな海外セレブが目立っています。

あえて、フラットな靴やかごバッグを合わせて軽やかに着こなしていたり、透け素材で取り入れていたり、見逃せないスタイリングばかりなので、ぜひ参考にしてください。

全身黒でも軽やかに見えて、女性らしさもパーフェクト!「黒ワンピーススタイル」5選

■1:シャーリング&フリルの甘さも、黒だと大人のラグジュアリーに

足元にポインテッドトウの白フラット靴を合わせて、辛口のスパイスをトッピング。
足元にポインテッドトウの白フラット靴を合わせて、辛口のスパイスをトッピング。

胸元が大きく開き、シャーリングが施されたワンピースを着用している、モデルのカーリー・クロス。

シャーリングによるギャザーや切り替え部分のフリルのあしらいにより、甘さが感じられますが、黒なのでモードさが漂い、引き締まった印象に。ウエスト位置が高くて脚長に見え、シャーリングは体型カバーにもつながるので、ぜひ取り入れてみてください。

■2:シンプルなロング丈も、小物のあしらいで今どきのカジュアルに

ヘアをお団子にしてタイトにまとめると、ワンピースのモードさを強調できて大成功。
ヘアをお団子にしてタイトにまとめると、ワンピースのモードさを強調できて大成功。

ニコール・リッチーは、リアリティーショーに出演後人気に火が付き、ファッションデザイナーとしても活躍しています。

縦長Iラインが美しいベーシックなキャミワンピースを着て、コーチェラフェスティバルに現われたときのショット。V開きが顔周りをすっきり見せてくれるデザインは、ドレスアップにも十分対応できそうですが、あえてトングや丸型かごショルダーで、ラフにまとめたのが新鮮です。

■3:クラシックなデザインは、軽やかさを加えると鮮度良好

アクセサリー的に彩りを添える、ペールピンクのミニバッグ。小物に淡い色味を取り入れると、夏らしく軽やかに。
アクセサリー的に彩りを添える、ペールピンクのミニバッグ。小物に淡い色味を取り入れると、夏らしく軽やかに。

袖がふわっと愛らしく、ボタンのあしらいが印象的なワンピースを愛用中の女優、ナオミ・ワッツ。

ややクラシックテイストに見えるデザインを黒で着用すると、重たい印象に仕上がりがちです。小さめのバッグや白いミュールを投入して、そう見せない工夫を。黒がもつラグジュアリーさが際立って、大人の女性が理想とするエレガンスが実現します。

■4:透け感のある黒は、自然とフェミニンに見えてスタイリッシュ

コンチョ風のベルトやメンズ風シューズがこなれたムードを高めてくれて、黒をかしこまって見せず、ハズシのアレンジに。
コンチョ風のベルトやメンズ風シューズがこなれたムードを高めてくれて、黒をかしこまって見せず、ハズシのアレンジに。

ミラノファッションウイークに現われたオリビア・パレルモは、ウエスタンシャツがアレンジされたようなフリンジ使いのワンピースを着こなしていました。

透かしのデザインが施された胸部分と、脚が見え隠れする裾に軽快さが感じられ、まさに今どきの黒ワンピーススタイルに。足元にはメンズ風シューズを、あえてミックス感覚でコーディネートしたのも大正解です。

■5:こなれた雰囲気を演出できる、この夏本命!レースのロングシャツタイプ

インにTシャツ×デニムをコーディネートして、フロントのボタンをすべて開けてガウン風にはおっても今季らしく決まりそう。
インにTシャツ×デニムをコーディネートして、フロントのボタンをすべて開けてガウン風にはおっても今季らしく決まりそう。

フェミニンな黒レースのワンピースがお似合いなのは、映画はもちろんテレビドラマでも活躍する女優のジュリアナ・マルグリーズ。

上半身は程よくフィット感があり、スカート部分はややふわりと広がったシルエットなので、リラックスしたムードで着られます。アイレットレースは、涼しげに見えるだけでなく自然とこなれた雰囲気をもたらすのでオススメです。


5人のセレブとも、軽やかでナチュラルなスタイリングが光っていました。カジュアルな小物の投入やヘアをタイトにまとめたりと、見習いたいアレンジや工夫に要注目。取り入れるべきおしゃれテクニックが盛りだくさんです。ぜひ夏の黒ワンピースをかっこよく着こなしてみてください。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀