大人女性のためのテーラードジャケットコーデを雑誌『Precious』から集めました。夏に活躍するサマージャケットを使って、ビジネスシーンからカジュアルシーンまで参考にできる着こなしを、たっぷりとご紹介します。

【目次】

レディース夏のテーラードジャケットコーデ


【1】ストライプテーラードジャケット×白Tシャツ×グレーパンツ

ジャケット(アノア〈リビアナ・コンティ〉 )Tシャツ(ebure〈ebure〉)パンツ(Vince 表参道店) ピアス(片耳用)・ネックレス右から・リング(シハラ ラボ)サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈モンブラン〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ジャケット(アノア〈リビアナ・コンティ〉 )、Tシャツ(ebure〈ebure〉)、パンツ(Vince 表参道店)、ピアス・ネックレス・リング(シハラ ラボ)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈モンブラン〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

ややビッグシルエットのストライプジャケットは、はおりもの感覚で着られる一枚です。端正でハンサムなジャケット×ラフなドローストリングパンツで、堅くなりすぎない軽やかな装いに。

【2】ネイビーテーラードジャケット×白シャツ×ネイビーパンツ

ジャケット・パンツ(ebure〈ebure〉)、シャツ(ドゥロワー 丸の内店〈ブリエンヌ〉)、ネックレス(2本つなげて使用)(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ジャケット・パンツ(ebure〈ebure〉)、シャツ(ドゥロワー 丸の内店〈ブリエンヌ〉)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

ナチュラルな風合いのグレイッシュネイビーのリネンジャケットは、軽やかにはおれる一枚。この夏、インには、バンドカラーシャツを。王道のシャツほどかっちりせず、ブラウスほど気構えない注目アイテムで、ジャケットに新しい表情をもたらしてくれます。襟元を開けると、すっきりと見え、小粋なカジュアル感も高まります。

【3】ネイビーテーラードジャケット×白Tシャツ×ネイビーパンツ

ジャケット・Tシャツ・パンツ・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ・スニーカー(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ジャケット・Tシャツ・パンツ・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ・スニーカー(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

真面目な表情のネイビージャケットは、どれだけくずせるかが洗練の決め手。Tシャツを合わせることで、カジュアル気分と抜け感が加わります。さらにモード感のある厚底スニーカーを投入したら、がぜん、スタイルアップ。颯爽とした印象に仕上がります。

【4】黒テーラードジャケット×黒ニット×黒チュールスカート

ジャケット(カオス表参道〈カオス〉)、ニット(サザビーリーグ〈デミリー〉)、スカート(カオス表参道〈ロイドフォード〉)、ブレスレット(ダミアーニ 銀座タワー〈ダミアーニ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年
カオスのジャケット・ロイドフォードのスカート(カオス表参道)、ニット(サザビーリーグ〈デミリー〉)、ブレスレット(ダミアーニ 銀座タワー〈ダミアーニ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

マニッシュなジャケットだけに、夜のお出かけは思いきりエレガントに仕上げたい。タートルニット×チュールのロングスカートの組み合わせで、こなれ感がありながら、ドラマティックなオーラを放つドレスアップを。黒一色は、異素材重ねにも留意して!

【5】黒テーラードジャケット×白カットソー×黒デニムパンツ

ジャケット(カオス表参道〈カオス〉)、カットソー(スローン)、デニム(ゲストリスト〈レッドカード〉)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク〈ティファニー〉)、バッグ(ドゥロワー 丸の内店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年
ジャケット(カオス表参道〈カオス〉)、カットソー(スローン)、デニム(ゲストリスト〈レッドカード〉)、サングラス(アイヴァン 7285 トウキョウ)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク〈ティファニー〉)、バッグ(ドゥロワー 丸の内店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

クラシックモダンな黒ジャケットには、カジュアルなオンスタイルが似合う。きれいめデニムと男靴で辛口に。パールネックレスと巾着バッグの白で愛らしさを投入して。

【6】カーキテーラードジャケット×白カットソー×黒デニムパンツ

ジャケット(マディソンブルー)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、パンツ(ゲストリスト〈レッドカード〉)、ピアス(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年
ジャケット(マディソンブルー)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、パンツ(ゲストリスト〈レッドカード〉)、ピアス(showroom SESSION〈ヒロタカ〉)、バングル(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

ニュートラルアイテムのノースリーブカットソーとデニムに、辛口のジャケットを合わせた装いは、マニッシュな印象。そこにゴールドジュエリーを添えるだけで、ハッとさせるような女らしさが生まれます。

【7】グレーチェックテーラードジャケット×白カットソー×パンツ

ジャケット・カットソー・パンツ・ネックレス(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年
ジャケット・カットソー・パンツ・ネックレス(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

グレーのリネンスラブの細糸にウォッシュド仕上げを施し、チェック柄をコクのあるオレンジ色でプリントしたサマージャケット。ライニングを取り除いて軽やかに仕上げた、涼感のあるエスニック調のファブリックに、白のTシャツを合わせて小気味よく。極小のボールチェーンをあしらった胸ポケットが洒脱なアクセントになってくれます。

【8】グレーテーラードジャケット×黒カットソー×黒タイトスカート

カットソー(コロネット〈アバティ〉)、スカート(showroom SESSION〈サヤカ デイヴィス〉)、スカーフ(ADORE))、ピアス・リング(showroom SESSION〈マリハ〉)、バッグ(wb)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年
ジャケット・バッグ(wb)、カットソー(コロネット〈アバティ〉)、サヤカ デイヴィスのスカート・マリハのピアス・リング(showroom SESSION)、スカーフ(ADORE))、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

今年らしい量感がありながらも、すらりとした縦長シルエットを描くセミロング丈ジャケットを、黒のタイトスカートで引き立てましょう。

【9】黒テーラードジャケット×白柄ワンピース

ジャケット(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、ブラウス・スカート(コロネット〈エアロン〉)、ベルト(wb)、ピアス・リング・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年
ジャケット(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、ブラウス・スカート(コロネット〈エアロン〉)、ベルト(wb)、ピアス・リング・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

本格派のメンズテーラーファクトリーに、ストラスブルゴがオーダーしたオリジナル。緩やかなカーブを描くラペルが女性らしい表情を演出します。

【10】白テーラードジャケット×グレーニット×白ワイドパンツ

ジャケット(Theory luxe)、ニット(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店〈ル ヴェルソーノアール〉)、パンツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年
ジャケット(Theory luxe)、ニット(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店〈ル ヴェルソーノアール〉)、パンツ(オンワード樫山〈ジョゼフ〉)、ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

爽やかなモノトーンをホワイトジャケットと落ち感のあるワイドクロップドで実現。引き締めカラーを中間色のグレーにするのがコツです。

【11】黒テーラードジャケット×白カットソー×白パンツ×ハット

ジャケット(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店〈ル ヴェルソーノアール〉)、パンツ・バッグ(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店)カットソー(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、帽子(アマン〈アルテサーノ〉)、ペンダント・バングル・時計 ※すべて予価(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年
ジャケット・パンツ・バッグ(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店〈ル ヴェルソーノアール〉)、カットソー(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、帽子(アマン〈アルテサーノ〉)、ペンダント・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

帽子とビッグトートでイタリア男を意識したジャケットスタイル。小物使いでこんなにも余裕の表情に変わります。

【12】グレーテーラードジャケット×Tシャツ×白パンツ

 撮影/©Kinta Kimura BY:『Precious8月号』小学館、2018年
撮影/Kinta Kimura BY:『Precious8月号』小学館、2018年

メンズライクなテーラードジャケットは、白パンツになじむ霜降りグレー。黒より優しく、こなれた印象がいかにもミラノマダム好みです!

【13】白テーラードジャケット×ブラウス×白パンツ

 撮影/©Kinta Kimura BY:『Precious8月号』小学館、2018年
撮影/Kinta Kimura BY:『Precious8月号』小学館、2018年

オーバーサイズのジャケットも、ナチュラルなホワイトパンツを投入すれば大げさになりすぎません。

ビジネスシーンに活躍するテーラードジャケットコーデ


【1】ピンクテーラードジャケット×白ブラウス×白パンツ

ジャケット・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ブラウス(アクリスジャパン〈アクリス〉)パンツ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、靴(JIMMY CHOO)、リング(ダミアーニ 銀座タワー〈ダミアーニ〉)、時計『ランデヴー・ムーン・ミディアム』(ジャガー・ルクルト) 撮影/池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious7月号』小学館、2019年
ジャケット・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ブラウス(アクリスジャパン〈アクリス〉)パンツ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、靴(JIMMY CHOO)、リング(ダミアーニ 銀座タワー〈ダミアーニ〉)、時計『ランデヴー・ムーン・ミディアム』(ジャガー・ルクルト) 撮影/池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious7月号』小学館、2019年

時計のピンクゴールドと調和するピンクベージュのジャケットで、上品で知的な着こなしのなかにフェミニンさが漂うオンスタイルに。

【2】ベージュテーラードジャケット×ベージュジレ×ベージュパンツ

バッグ『クールボックス』(デルヴォー・ジャパン)  ピアス(ポアレジャポン〈オーレリ ビデルマン〉)、時計・リング(ポアレ ブティック ホテルニューオータニ店〈ポアレ〉) ジャケット・ジレ・パンツ(キートン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
バッグ『クールボックス』(デルヴォー・ジャパン)、ピアス(ポアレジャポン〈オーレリ ビデルマン〉)、時計・リング(ポアレ ブティック ホテルニューオータニ店〈ポアレ〉)、ジャケット・ジレ・パンツ(キートン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

ラフィア素材とタンカラーのグレインレザーとのコンビのデザイン。ラフになりすぎないスクエアフォルムも絶妙で、着こなしに理想のリッチ感と抜け感を加えてくれます。

【3】白テーラードジャケット×ドット柄ブラウス×黒レザースカート

バッグ『モノグラム・サンローラン カサンドラ』・ジャケット・ボウブラウス・スカート・イヤリング(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
バッグ『モノグラム・サンローラン カサンドラ』・ジャケット・ボウブラウス・スカート・イヤリング(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

トップハンドルバッグのクラシックな魅力を最大限に引き出した、モノトーンのキャリアスタイル。シルクのボウブラウスにレザーのタイトスカートという女っぷりのよさに、今年らしいシルエットのジャケットをプラス。モードなエッセンスが効いた白をたっぷりあしらって、鮮やかなおしゃれを楽しみましょう。

【4】黒テーラードジャケット×黒カットソー

時計『ボレロ』 ・ピアス『リアンセデュクシオン』・ブレスレット『リアン エヴィダンス』・リング(ショーメ)、ジャケット・カットソー(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、眼鏡(ケリング アイウエア ジャパン〈プーマ〉)、 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
時計『ボレロ』 ・ピアス『リアンセデュクシオン』・ブレスレット『リアン エヴィダンス』・リング(ショーメ)、ジャケット・カットソー(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、眼鏡(ケリング アイウエア ジャパン〈プーマ〉)、 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

上品に輝くピンクゴールドの時計があれば、自信に満ちあふれたキャリアスタイルに。

【5】ベージュテーラードジャケット×ジレ×白パンツ

ジャケット・ベスト(キートン〈キートン〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、バングル(エスケーパーズ〈TAPLEY〉)、バッグ(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店〈J.M. WESTON〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ジャケット・ベスト(キートン〈キートン〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、サングラス(プロポデザイン〈propo〉)、バングル(エスケーパーズ〈TAPLEY〉)、バッグ(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店〈J.M. WESTON〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

ジャケットとジレを重ねたメンズライクなトラッドスタイル。辛口なアイテムだからこそ、なじませ配色にすることで大人の優しい雰囲気が加わります。

【6】黒テーラードジャケット×黒トップス×白パンツ

ジャケット・ノースリーブトップス・パンツ・ベルト(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)、眼鏡(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ネックレス右から/(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ジャケット・ノースリーブトップス・パンツ・ベルト(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)、眼鏡(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

シースルージャケットを着る日の美しさを左右するのは、実は、インナー選び。腕を悪目立ちさせる半袖トップスはNG。ノースリーブを選ぶことで、腕がすっきり、上半身がすらりと映ります。モノトーンで知的にまとめる日は、ゴールドジュエリーで女らしさを添えましょう。

【7】ネイビーテーラードジャケット×白Tシャツ×ネイビーパンツ

ジャケット・Tシャツ・パンツ・バッグ・スニーカー(ステラ マッカートニー) リング(カルティエ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ジャケット・Tシャツ・パンツ・バッグ・スニーカー(ステラ マッカートニー)、リング(カルティエ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

まず最優先したいのが、キャリアの日常に不可欠なジャケットスタイル。インにはTシャツを、足元は流は行やりの厚底スニーカーを合わせる自由なカジュアルセンスに、大人の余裕が感じられます。ジャケットもパンツも端正なカッティングながら、ややゆとりのあるシルエットそのものにラフな着くずし感があって、断然今年らしい印象です。

【8】白テーラードジャケット×カーキワンピース

ワンピース・ジャケット・バッグ・靴(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ワンピース・ジャケット・バッグ・靴(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

爽やかな白のテーラードジャケットをはおったら、シンプルなのに華があるビジネススタイルに。ふわりと軽いカシミヤモスリンのジャケットなら、その効果も絶大。足元はヒールサンダルを合わせ、エレガントに仕上げましょう。

【9】黒テーラードジャケット×黒シャツ×黒パンツ

ジャケット・シャツ・パンツ・バングル・バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年
ジャケット・シャツ・パンツ・バングル・バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

オンタイムのジャケットを、黒でそろえるなら、ほんのりドレスアップ感覚の「スモーキング」が今、マスト。デニムに合わせても程よくきちんと感が演出できて、人気上昇中。特に今季はほっそり長め丈が気分です。最速でかっこいい黒に仕上げてくれるはず。

【10】カーキテーラードジャケット×黒ニット××白パンツ

パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、カーディガン(スローン)、ジャケット(マディソンブルー)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、ペンダント・ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年
パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、カーディガン(スローン)、ジャケット(マディソンブルー)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、ペンダント・ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

清潔感があって涼しげな白パンツは、夏の定番。久々にダブルのジャケットを投入したら、きちんと感が加わって、着こなしもリフレッシュできます。辛口メインの装いに、甘口の黒ニットを添えることで上品な印象に。

【11】グレーテーラードジャケット×グレートップス×白スカート

トップス(wb)、スカート(ADORE)、ピアス・ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、バングル(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年
ジャケット・トップス(wb)、スカート(ADORE)、ピアス・ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、バングル(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

ジャケットと共布のトップスとそろえで着ることで、きちんと感をアップ。白のミモレ丈スカートに、グレーパールで品よくまとめましょう。

【12】白テーラードジャケット×白ブラウス×白ワイドパンツ

ジャケット(イーストランド〈ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカム〉)、ブラウス・パンツ(エストネーション)、ベルト(yoshie inaba)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、ピアス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、時計(オメガ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年
ジャケット(イーストランド〈ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカム〉)、ブラウス・パンツ(エストネーション)、ベルト(yoshie inaba)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、ピアス・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、時計(オメガ)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

ベージュのトップスとワイドパンツのセットアップを合わせ、色調としなやかな雰囲気をジャケットにつなげるようにまとめた着こなしは、かしこまりすぎないエレガンスが魅力です。

【13】ブルーテーラードジャケット×白ブラウス×白スカート

ジャケット・ブラウス・スカート(キートン)、ピアス・リング(シャンテクレール 東京店)、時計(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年
ジャケット・ブラウス・スカート(キートン)、ピアス・リング(シャンテクレール 東京店)、時計(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

ジャケットのフロントを開けると、爽やかなブルーにピュアな白が際立ってこなれ感がアップ。Vゾーンをシャープに見せる6つボタンなので、留めて着こなしてもかっこよく決まり、キートンの真骨頂である、体にしなやかに沿う、極上の着心地を堪能できます。

【14】黒テーラードジャケット×カットソー×白パンツ

 撮影/©Kinta Kimura BY:『Precious8月号』小学館、2018年
撮影/Kinta Kimura BY:『Precious8月号』小学館、2018年

デコルテ見せ+縦ラインを強調する白で、端正なジャケットスタイルをすっきり女らしく。

カジュアルに着こなすテーラードジャケットコーデ


【1】白テーラードジャケット×白Tシャツ×デニムパンツ

ブレスレット『ジャック ドゥ ブシュロン』3ループ・の3ループと1ループをつなげて着用・6ループ・ブレスレット『キャトル クル ド パリ』・ストラップをシャンパンローズに替えて、艶やかで優しい手元に。時計『リフレ』・別売りカーフストラップ/日本限定色・ピアス『セルパンボエム』(ブシュロン)、ジャケット・デニム(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、Tシャツ(三喜商事〈ボグナー〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
ブレスレット・時計・カーフストラップ・ピアス(ブシュロン)、ジャケット・デニム(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、Tシャツ(三喜商事〈ボグナー〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

こなれ感のあるゴールドのワイヤーブレスレットをネックレスとして着用。絡まりにくく、クラスプでつなげることができるので、重ねづけにも自分らしいスタイルが。カジュアルなジャケットスタイルが一気に洗練されます。

【2】カーキテーラードジャケット×白Tシャツ×柄パンツ

ベルト・ジャケット・Tシャツ・パンツ・時計・バッグ(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2019年
ベルト・ジャケット・Tシャツ・パンツ・時計・バッグ(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2019年

ベージュ、ブラウン、グレー系の服にきれいになじみ、着こなしをリッチに高めるグレージュ・ベルト。夏らしいプリントボトムの装いも、上質カーフのグレージュ・ベルトでシックにクラスアップ。2か所の「ガンチーニ」バックルでつけ外しをするデザインが、ジャケットスタイルにモダンなかっこよさをプラスしてくれます。

【3】グレーテーラードジャケット×黒カットソー×デニムワイドパンツ

カットソー(アングローバル〈イレーヴ〉)、パンツ(showroom SESSION〈サージ〉)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、帽子(ボルサリーノ ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年
ジャケット(wb)、カットソー(アングローバル〈イレーヴ〉)、パンツ(showroom SESSION〈サージ〉)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、帽子(ボルサリーノ ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

フォレストグリーンのカットソーとブルーデニムの装いに、ボタンなしのジャケットをカーディガンのようにはおって小粋に。

【4】白テーラードジャケット×白Tシャツ×チェックパンツ

Tシャツ(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(イプセ)、ジャケット(東レ・ディプロモード〈ナインティーンセブンティ〉)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、 靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年
Tシャツ(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(イプセ)、ジャケット(東レ・ディプロモード〈ナインティーンセブンティ〉)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、 靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

大胆なブロックチェックのパンツは足首が見えるクロップド丈と程よいワイドシルエットが鍵。ベルト付きのデザインなので、白のTシャツをウエストインで合わせるだけで、とたんに旬の雰囲気が生まれます。白ジャケットとローファー感覚で楽しめるミニマルな白スニーカーを選び、快活なイメージを大切に。

【5】黒テーラードジャケット×黒カットソー×白ボリュームスカート

 撮影/©Kinta Kimura BY:『Precious8月号』小学館、2018年
撮影/Kinta Kimura BY:『Precious8月号』小学館、2018年

優雅な白のボリュームスカートで決めた圧巻のモノトーン。華奢サンダルで足元まで女らしく仕上げましょう。

【6】グレーテーラードジャケット×白Tシャツ×デニムパンツ

定番白Tシャツ・ジャケット・デニム(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ブレスレット/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年
定番白Tシャツ・ジャケット・デニム(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ブレスレット/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

マニッシュなテーラードジャケットに合わせるインナーは、首元がキュッと引き締まったクルーネック「定番白Tシャツ」が断然気分です! シックなグレーに、目の覚めるようなクリアな白を合わせるとメリハリが生まれ、都会的な印象に仕上がります。

夏のテーラードジャケットコーデの関連記事