夏のテーラードジャケットコーデまとめ。グレー・ネイビー・黒のテーラードジャケットの着こなしを、10選ご紹介します。大人の女性が着こなす、上品なジャケットスタイルで、夏のおしゃれも楽しんでください。

【目次】

レディース夏のテーラードジャケットコーデ


【1】ベージュテーラードジャケット×白ブラウス×白パンツ

【1】ベージュテーラードジャケット×白ブラウス×白パンツ
ジャケット(三喜商事〈イレブンティ〉)、ブラウス(アオイ〈ポール カ〉)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、ネックレス・バングル(TASAKI〈TASAKI〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、バッグ『PADDED BAG』(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)  撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

こっくりとしたグレージュのバッグがテーラードジャケットでつくるキャリアスタイルにこなれ感をもたらします。白の分量を多めにして爽やかなスタイルに。

【2】カーキテーラードジャケット×ブラウス×カーキパンツ

【2】カーキテーラードジャケット×ブラウス×カーキパンツ
ジャケット(HAUNT代官山/ゲストリスト〈HAUNT〉)、ブラウス(Philo〈MOUJIC〉)、パンツ(ブラミンク)、バッグ(Theory luxe〈Gianni Chiarini〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

わずかに光沢を浮かべたカジュアルな雰囲気のテーラードジャケットとセミワイドパンツを、茶系のニュアンスを含んだカーキで統一感をもたせた着こなし。グラデーションの色合わせの妙が、趣味のよさを漂わせます。やわらかなアイボリー色のブラウスで抜け感をつくるのもポイントです。

夏のグレーテーラードジャケットコーデ


【1】グレーテーラードジャケット×白シャツ×黒パンツ

【1】グレーテーラードジャケット×白シャツ×黒パンツ
Tシャツ(ジェームス パース 青山店)、ジャケット(ウィム ガゼット 青山店〈トネッ ロ〉)、アリクアムのパンツ・ソフィー ブハ イのバングル(ストラスブルゴ)、バッグ (プレインピープル丸の内〈マウロ・ゴヴェ ルナ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

ジャケット着用時こそ、涼やかに凛とありたいもの。背抜きのジャケットのインには、風通しのよい薄手の一枚が好相性です。

夏のネイビーテーラードジャケットコーデ


【1】ネイビーテーラードジャケット×白カットソー×ワイドパンツ

【1】ネイビーテーラードジャケット×白カットソー×ワイドパンツ
エス マックスマーラのジャケット・ウィークエンドマックスマーラのパンツ・マックスマーラのカットソー・靴(マックスマーラ ジャパン)、ネックレス・ブレスレット(アルテミス・ジョイエリ)、ブレスレット(ケイテン)、時計(ソーウインド ジャパン〈ユリス・ナルダン〉)、バッグ(エミリオ・プッチ ジャパン) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

デニム調のネイビーを上下で重ねて。ジャケット&パンツは、ともにリネンに洗いをかけた生地を使用。デニム調のメランジ感が、濃淡カラーを自然になじませてくれます。足元は黒スニーカーで、引き締めつつも軽快に仕上げましょう。

【2】ネイビーテーラードジャケット×白シャツワンピース×ハット

【2】ネイビーテーラードジャケット×白シャツワンピース×ハット
ジャケット・カーディガン・シャツワンピース・アキオ ヒラタの帽子・フラテッリ ジャコメッティの靴(ブラミンク)、マニプリのスカーフ・アロンのバングル(フラッパーズ)、バッグ(TASAKI〈TASAKI ポル レリキアエ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

鮮やかなきれい色が豊富な今季は、定番ネイビーに差し色を効かせて着こなすのが旬。今回は、コクのあるイエローを選択。ネイビーの補色なのでなじみがよく、夏らしい華やぎも加わります。インナーのワンピースと靴は白を選んで爽やかな印象に。

【3】ネイビーテーラードジャケット×白ブラウス×ネイビーパンツ

【3】ネイビーテーラードジャケット×白ブラウス×ネイビーパンツ
ジャケット(三崎商事〈エルミダ〉)、ブラウス(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、ネックレス(ポメラート・ジャパン〈ポメラート〉)、サングラス(ティファニーアイウェア事業部) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

上下をネイビーで統一した着こなしは、白いシルクブラウスで、初夏らしい軽快さを与えて。そんな着慣れた配色に、どこか物足りなさを感じたら、流行色で個性を加えましょう。

夏の黒テーラードジャケットコーデ


【1】黒テーラードジャケット×白ブラウス×黒スカート

【1】黒テーラードジャケット×白ブラウス×黒スカート
ジャケット(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、トップス(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、ベルト(yoshie inaba)、ネックレス・バングル・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(デルヴォー・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

きちんと感のある黒ジャケットに、爽やかなコントラストを描く白のシルクブラウスを合わせ、知的な印象に。さらにクリアな白バッグを添えて、全体のトーンを明るく仕上げると、清涼感もアップします。

【2】黒テーラードジャケット×黒ブラウス×黒パンツ

【2】黒テーラードジャケット×黒ブラウス×黒パンツ
靴(クリスチャン ルブタン ジャパン)、ジャケット・ブラウス・パンツ(トムフォード ジャパン)、ネックレス・イヤリング(ヴァン クリーフ&アーペル) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

歩くたびにルブタン特有のレッドソールがのぞき、ハッとさせる黒のパテントパンプス。細身のシルエットとサイドの大胆なカーブが印象的なロングセラーの靴は、足元から女性を艶めかせます。スタイリッシュなジャケットスタイルの足元に。

【3】黒テーラードジャケット×黒ワンピース

【3】黒テーラードジャケット×黒ワンピース
ワンピース・ジャケット(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、眼鏡(ミラリ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、ネックレス(フレッド)、時計(DKSHジャパン〈べダ&カンパニー〉)、バッグ(JIMMY CHOO)(アクリスジャパン〈アクリス〉)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious7月号』小学館、2017年

辛口の黒でまとめたジャケットスタイル。黒に爽やかなシャープさを加えるメタリック小物をプラスしたのがポイントです。

【4】黒テーラードジャケット×白Tシャツ×ベージュパンツ

【4】黒テーラードジャケット×白Tシャツ×ベージュパンツ
ハイアリンのジャケット・オルウェルのTシャツ(ストラスブルゴ)、パンツ(サザビーリーグ〈カレント エリオット〉)、ウノアエレのネックレスチャーム・チェーン・ワンエーアールバイウノアエレのブレスレット(ウノアエレ ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店)、バッグ『Bucket』(ドゥロワー青山店〈パコ ラバンヌ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious9月号』小学館、2017年

ピンストライプのジャケットを肩からはおり、休日ならではのハンサムなカジュアルスタイルを満喫。