気温20度の夏におすすめのレディースコーデをまとめました。少し肌寒さを感じる20度は、長袖やはおりものでの調整ができる服装で出掛けたいもの。今回は、そんな日の服装に参考にしたいコーデをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

【目次】

気温20度に最適な服装


【1】ピンクジャケット×白ブラウス×白パンツ

ジャケット・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ブラウス(アクリスジャパン〈アクリス〉)パンツ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、靴(JIMMY CHOO)、リング(ダミアーニ 銀座タワー〈ダミアーニ〉)、時計『ランデヴー・ムーン・ミディアム』(ジャガー・ルクルト) 撮影/池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious7月号』小学館、2019年
ジャケット・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ブラウス(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、靴(JIMMY CHOO)、リング(ダミアーニ 銀座タワー〈ダミアーニ〉)、時計『ランデヴー・ムーン・ミディアム』(ジャガー・ルクルト) 撮影/池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious7月号』小学館、2019年

時計のピンクゴールドと調和するピンクベージュのジャケットで、上品で知的な着こなしのなかにフェミニンさが漂うオンスタイルに仕上げましょう。

【2】黒コート×黒パンツ

アンスクリアのコート・ペリーコの靴(アマン)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ブレスレット・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(スーパー エー マーケット〈ステー〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
アンスクリアのコート・ペリーコの靴(アマン)、パンツ(チェルキ〈トモウミ オノ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ブレスレット・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(スーパー エー マーケット〈ステー〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

おなじみのトレンチもシアーなコットンオーガンジーなら、真夏でも活躍。ジョグパンツ×ヒールサンダルで華奢な足首を強調しましょう。

【3】ベージュジャケット×白Tシャツ×デニムパンツ

ブレスレット『ジャック ドゥ ブシュロン』3ループ・の3ループと1ループをつなげて着用・6ループ・ブレスレット『キャトル クル ド パリ』・ストラップをシャンパンローズに替えて、艶やかで優しい手元に。時計『リフレ』・別売りカーフストラップ/日本限定色・ピアス『セルパンボエム』(ブシュロン)、ジャケット・デニム(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、Tシャツ(三喜商事〈ボグナー〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
ブレスレット・時計・カーフストラップ・ピアス(ブシュロン)、ジャケット・デニム(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、Tシャツ(三喜商事〈ボグナー〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

こなれ感のあるゴールドのワイヤーブレスレットをネックレスとして着用。絡まりにくく、クラスプでつなげることができるので、重ねづけにも自分らしいスタイルが。こなれたジャケットスタイルが完成します。

【4】オレンジワンピース×バッグ

バッグ『アカプルコベイビー』(エミリオ・プッチ ジャパン)、ピアス『イコニカ』・ブレスレット『イコニカ』右手・左手・リング『イコニカ』(ポメラート・ジャパン〈ポメラート〉)、靴『srMILANO フラットスリングバック』(セルジオ ロッシ)、ワンピース(コロネット〈エアロン〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
バッグ『アカプルコベイビー』(エミリオ・プッチ ジャパン)、ピアス『イコニカ』・ブレスレット『イコニカ』・リング『イコニカ』(ポメラート・ジャパン〈ポメラート〉)、靴(セルジオ ロッシ)、ワンピース(コロネット〈エアロン〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

プッチ柄×ストロー素材の華のある巾着型バッグが、ワンピースの装いの小粋なアクセントに。

【5】白ブラウス×白ワイドパンツ

ピアス『ティファニー ハードウェア』・ペンダント『ティファニー ハードウェア』・時計『ティファニー CT60』・リング『ティファニー T』(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ブラウス・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、バッグ『キャリー』(JIMMYCHOO)、靴『ラサプリ』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
ピアス『ティファニー ハードウェア』・ペンダント『ティファニー ハードウェア』・時計『ティファニー CT60』・リング『ティファニー T』(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ブラウス・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、ベルト(ストラスブルゴ〈メゾン ボワネ〉)、バッグ『キャリー』(JIMMYCHOO)、靴『ラサプリ』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

上質なシルバーの白い光と艶が、オールホワイトの着こなしに奥行きを授けます。

【6】ピンクカーディガン×プルオーバー×デニムパンツ

バッグ『シシリー 62』・カーディガン・プルオーバー・デニム・ピアス(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
バッグ『シシリー 62』・カーディガン・プルオーバー・デニム・ピアス(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

ハンドバッグの気品とトートのスマートさを備えた『シシリー62』。カジュアルな着こなしに軽やかにフィットし、格を高める効果は絶大! レースを配したピンクのカシミヤニットアンサンブル+ブルーデニムの優しい配色で仕上げた着こなしに、上質レザーの風格が香るニュアンスグレーのバッグを選択。肩の力が抜けたラグジュアリー感を演出できます。

【7】赤カーディガン×白ブラウス×グレーパンツ

カーディガン(リーミルズ エージェンシー〈ジョンスメドレー〉)、ブラウス(クルチアーニ 銀座店)、パンツ(ebure)、ピアス・バングル・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
カーディガン(リーミルズ エージェンシー〈ジョンスメドレー〉)、ブラウス(クルチアーニ 銀座店)、パンツ(ebure)、ピアス・バングル・リング(ダミアーニ 銀座タワー)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

きれい色を淡いベージュの着こなしに投入し、品よく健康的な美人効果を満喫。カーディガンは手作業によるリンキング(ニットの接ぎ合わせ)によって型くずれしにくい一品です。

【8】白ブラウス×ベージュロングスカート

スカート・ブラウス(アングローバル〈イレーヴ〉)、イヤリング・ブレスレット(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ジャンヴィトロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
スカート・ブラウス(アングローバル〈イレーヴ〉)、イヤリング・ブレスレット(三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(ジャンヴィトロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

前身ごろはフラット、バックシェイプはウエストからヒップにかけて立体感をもたせ、独自の細見えバランスを追求したAラインのマキシスカート。上質なコットンフィンクスを用いたオリジナルの高密度チノツイルは、ヴィンテージ加工を施して、こなれた風合いに。ドルマンスリーブのふんわりとしたプルオーバーをタックインで着て、女性らしいメリハリシルエットに仕上げましょう。

【9】白カーディガン×白ニット×白ワイドパンツ

パンツ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、カーディガン(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、ニット(トラデュイール)、ネックレス/パール・ゴールド(太)(細)(アルテミス・ジョイエリ)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、バッグ(カレン ウォーカー ギンザ シックス店)靴(ebure〈ブラドール〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
パンツ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、カーディガン(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、ニット(トラデュイール)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、バッグ(カレン ウォーカー ギンザ シックス店)、靴(ebure〈ブラドール〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

足元は、黒の靴で引き締めて。オールホワイトの装いは、濃い色を随所に効かせると切れのある着こなしに仕上がります。

【10】黒シャツ×ベージュラップスカート

シャツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、スカート(Theory luxe)、ピアス・バングル手元から/(ebure〈キャス〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
シャツ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、スカート(Theory luxe)、ピアス・バングル(ebure〈キャス〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

黒の装いを軽やかに見せるには、しなやかに揺れて動きが出る素材感のものを合わせるのも効果的です。ハンサムなカットワークの黒シャツにベージュのフェミニンスカートを合わせたら、色合わせも今の気分のテイストミックスに。

【11】カーキブラウス×ベージュタイトスカート

スカート(ebure〈ebure〉)、ペンダント(ebure〈キャス〉)、ブラウス(Vince表参道店)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、スニーカー(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ebureのスカート・キャスのペンダント(ebure)、ブラウス(Vince表参道店)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、スニーカー(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

シックカラーのシルクサテンブラウスは、ワイドなカフが優雅さを引き立てて、パーティーにも対応できる一枚。チノ風のカジュアルなひざ下スカートでデイリーなワークスタイルにしたら、人気の厚底スニーカーを合わせて、ハンサムなコーディネートが完成します。スカートも小物もベージュトーンでまとめれば、スニーカーも上品に。

【12】白ブラウス×黒タイトスカート

スカート・ブラウス・バッグ・時計・別売りストラップ(トム フォード ジャパン)、サングラス(トム フォード アイウエア)、スニーカー(ハンティング・ワールド帝国ホテル店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
スカート・ブラウス・バッグ・時計・ストラップ(トム フォード ジャパン)、サングラス(トム フォード アイウエア)、スニーカー(ハンティング・ワールド帝国ホテル店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

カッティングのきれいな黒のタイトスカートは、いい女を象徴するアイテム。白ブラウスは、カシュクールに合わせてドレープをたっぷり。そんなエレガントでかっこいい女性像を進化させるのが、厚底スニーカーです。モノトーンの柄にボリュームソールの白が効いてシャープな表情に。

【13】黒トップス×ベージュタイトスカート

スカート・トップス(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ) バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
スカート・トップス(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

ドルマンスリーブのゆったりトップスをタイトスカートできゅっと引き締めて、切れ味のいいシルエットが映えるシンプルな着こなしに。スエットのスポーティーな質感に、小物使いでリッチな女らしさを添えたいから、アイコニックなバックルモチーフの靴とゴールドのバッグを投入。フラット靴にすることで、より軽やかになります。

【14】黒カーディガン×白Tシャツ×赤パンツ

パンツ(ユナイテッドアローズ 有楽町店)、カーディガン(スローン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、ピアス・ブレスレット(ミキモト) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年
パンツ(ユナイテッドアローズ 有楽町店)、カーディガン(スローン)、バッグ・靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、カットソー(ヴァリアス ショールーム〈エイトン〉)、ピアス・ブレスレット(ミキモト) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

夏の太陽に映える、今季注目の鮮やか色をワードローブに加えたら、着こなしのハッピー感が大幅に高まります。こうしたインパクトの強い色は、シンプルな黒のカーディガンと白のカットソーに合わせるのが、大人のバランス感覚。辛口なバッグと時計が、フレッシュかつラフになりすぎない着こなしを完成させます。

【15】グレージャケット×黒カットソー×デニムワイドパンツ

カットソー(アングローバル〈イレーヴ〉)、パンツ(showroom SESSION〈サージ〉)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、帽子(ボルサリーノ ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年
ジャケット(wb)、カットソー(アングローバル〈イレーヴ〉)、パンツ(showroom SESSION〈サージ〉)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、帽子(ボルサリーノ ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

フォレストグリーンのカットソーとブルーデニムの装いに、ボタンなしのジャケットをカーディガンのようにはおって小粋に。

【16】白ブラウス×黒パンツ

ブラウス(ADORE)、パンツ(VINCE 表参道店)、ネックレス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年
ブラウス(ADORE)、パンツ(VINCE 表参道店)、ネックレス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

華ブラウス×黒パンツの着こなしを、上品モードなスタイルに。シャリ感の効いた軽やかなコットンブラウスは、長めのカフやボートネックなどさりげないデザインに旬のモード感が香ります。チェーンバッグやアンクルストラップのパンプスで、女らしいエッセンスを! 首元に黒のネックレスを添えれば、顔周りがぐっと引き締まります。

【17】黒ドットブラウス×黒プリーツスカート

ブラウス・スカート・バッグ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious7月号』小学館、2018年
ブラウス・スカート・バッグ・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

上半身はコンパクトに、というのが小柄な体をバランスよく見せるマイルールなので、ブラウスはインにして着こなします。適度にブラウジングすることで、シルエットに少しゆとりをもたせると、よりエレガントな雰囲気に。ハリのあるプリーツスカートが構築的なラインを描くので、ロング丈でもすっきりとした佇いが完成します。

【18】黒カーディガン×白Tシャツ×ベージュパンツ

Aライン白Tシャツ・カーディガン・パンツ・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年
Aライン白Tシャツ・カーディガン・パンツ・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

「Aライン白Tシャツ」は、トレンドのボリュームトップスの流れをくんで、ゆったり着られるのが魅力です。ワイドクロップドパンツにウエストインすれば、今どきのカジュアルシルエットが生まれ、大人の余裕ある着こなしに。

【19】ブルーブルゾン×カットソー×黒タイトスカート

スカート・ブルゾン・カットソー・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious7月号』小学館、2018年
スカート・ブルゾン・カットソー・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

グラマラスな女らしさとは対極にある、今っぽさのあるスポーティーなタイトスカートなので、ヘルシーなモード感を楽しみましょう。透け感のあるジップアップブルゾンを合わせて、さらなる「すっきり映え」を狙った着こなしは、スレートブルーとの配色でシックに。小物にもエッジを効かせて都会的に仕上げると、若い世代とは一線を画すスポーティスタイルに仕上がります。

気温20度の旅行に最適な服装


【1】キャメルシャツ×キャメルロングスカート

シャツ・スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、バングル(チェルキ〈ギャレッタ〉)バッグ(J&M デヴィッドソン青山店)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious7月号』小学館、2019年
シャツ・スカート(アングローバル〈イレーヴ〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、バングル(チェルキ〈ギャレッタ〉)バッグ(J&M デヴィッドソン青山店)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious7月号』小学館、2019年

キャメルカラーのシャツとロングスカートを合わせたフィット&フレアシルエットを、巾着バッグとスニーカーでさらりとカジュアルダウン! エレガントなシルエットとスポーティーな小物のミックステイストが、大人の女性らしいおしゃれ感度の高さを思わせます。セットアップはスタンドカラーが今らしい、胸ポケット付きの長め丈シャツと、アシンメトリーなラップデザインが軽やかな動きを演出するロングスカート。ハリのあるコットン素材です。

【2】白ブラウス×白パンツ×ハット

ブラウス・パンツ・ネックレス(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、帽子(H.P.FRANCE〈ミュールバウアー〉)、サンダル(アマン〈マウロ・デ・バーリ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ブラウス・パンツ・ネックレス(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、帽子(H.P.FRANCE〈ミュールバウアー〉)、サンダル(アマン〈マウロ・デ・バーリ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

オフホワイトからライトベージュへの淡いグラデーションが品格を授けるリッチなカジュアル。素肌が微かに透けるシルクブラウスはたっぷりとした袖が魅力。ヒップを覆うボリュームあるシルエットを細身のパンツで、優雅に着くずしましょう。

【3】カーキカーディガン×白トップス×ベージュパンツ

カーディガン(スローン)、トップス(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(ウールン商会〈ジェントリーポルトフィーノ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
カーディガン(スローン)、トップス(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(ウールン商会〈ジェントリーポルトフィーノ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

白のノースリーブトップスとベージュのパンツに投入。グレイッシュカーキの辛口のニュアンスが、淡色配色に深みと自然なメリハリを生み出し、洗練された印象に。カーディガンの前を開けてはおると、白のボタンが縦ラインを強調してすっきりスタイルアップできます! 

【4】ライトグレーカーディガン×デニムワンピース

カーディガン・ワンピース(ブルネロ クチネリ ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ サニー〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
カーディガン・ワンピース(ブルネロ クチネリ ジャパン)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ サニー〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

ウエスト位置に配したボーダー柄が印象的なライトグレーのカーディガンは、目線を自然に集めてスタイルよく見せてくれるのが優秀。デニムワンピースに合わせると、全体がトーンアップして軽やかさが加速します! ビッグトートとブロックヒールサンダルで、はつらつとしたモード・カジュアル感も意識。凹凸感のあるリブ編みが今らしい進化形Vネックカーディガン。ブロンズカラーの「モニーレ」を配したボーダー柄が洗練されたスポーティーテイストを演出します。

【5】白ロングワンピース×サンダル

ドレス(ザ・ロウ・ジャパン)、サングラス(アイヴァン PR〈アイヴァン〉)、靴(トッズ・ジャパン)、ピアス・ブレスレット・リング(ダミアーニ 銀座タワー〈ダミアーニ〉 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ドレス(ザ・ロウ・ジャパン)、サングラス(アイヴァン PR〈アイヴァン〉)、靴(トッズ・ジャパン)、ピアス・ブレスレット・リング(ダミアーニ 銀座タワー〈ダミアーニ〉 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

旬のスタンドカラーで、贅沢なボリュームとロング丈が魅力のコットンワンピースを、センスよく仕上げるには主役級の小物のパワーが必要不可欠。例えば、ともすれば目立ってしまうようなエクリュカラーのサングラスも、ワントーンになじませると取り入れやすくなります。さらに、レザー素材のフェザーが付いたフラットサンダルも、白だとエスニックテイストに転ばず、大人っぽく仕上がります。

【6】白ジャケット×白シャツ×デニムパンツ

ジャケット・シャツ・デニム・ショルダーバッグ『ダッフル バッグ』・ボストンバッグ『キーポル・バンドリエール55 モン・モノグラム』・ピアス(ルイ・ヴィトン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ジャケット・シャツ・デニム・ショルダーバッグ『ダッフル バッグ』・ボストンバッグ『キーポル・バンドリエール55 モン・モノグラム』・ピアス(ルイ・ヴィトン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

初めての街を訪れるときは、白ジャケットをはおり、気持ちもクリアに。程よいハリのあるジャケットは、ボタンまで白で統一され洗練された雰囲気。デニムを合わせた週末カジュアルからオンタイムまでシーンレスで活躍する頼もしい存在です。

【7】グリーンロングワンピース×サンダル

ワンピース(コロネット〈ニナ リッチ〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バッグ(エストネーション〈カッツオランジ〉)、靴(ロンハーマン〈ジル・サンダー ネイビー〉) 撮影/土屋文護(TRON) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ワンピース(コロネット〈ニナ リッチ〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バッグ(エストネーション〈カッツオランジ〉)、靴(ロンハーマン〈ジル・サンダー ネイビー〉) 撮影/土屋文護(TRON) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

艶やかなグリーンのドレスは、ナイトシーンでも活躍する華やかさ。でもヌーディーでフラットなサンダルで、夏の昼下がりにさりげなく着こなしてしまうのが、上級センスの見せどころ。この夏は背中の開きにも臆することなく挑戦しましょう。ラウンドネックに長袖、ロング丈というストイックさのなかに、大胆な背中の肌魅せは効果的です。

【8】ブラウンシャツ×黒デニムパンツ×スカーフ

シャツ(アマン〈フィナモレ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)、バングル・ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、パンツ(ゲストリスト〈レッドカード〉)、スカーフ(ボータレス〈ベグ アンド コー〉)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年
シャツ(アマン〈フィナモレ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)、バングル・ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、パンツ(ゲストリスト〈レッドカード〉)、スカーフ(ボータレス〈ベグ アンド コー〉)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

シャツ+デニムというオーソドックスな着こなしも、ブラウンのコットンリネンシャツ&ブラックデニムというセレクトで、今年らしく洗練されて。辛口度の高い着こなしには、ゴールドジュエリーで女らしさを添えることが必須です。

【9】黒ジャケット×白カットソー×白パンツ×ハット

ジャケット(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店〈ル ヴェルソーノアール〉)、パンツ・バッグ(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店)カットソー(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、帽子(アマン〈アルテサーノ〉)、ペンダント・バングル・時計 ※すべて予価(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年
ジャケット・パンツ・バッグ(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店〈ル ヴェルソーノアール〉)、カットソー(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、帽子(アマン〈アルテサーノ〉)、ペンダント・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

帽子とビッグトートで伊イタリア達男を意識。小物使いでこんなにも余裕の表情に。

【10】ネイビー柄ブラウス×ネイビー柄スカート

スカート・ブラウス(ストラスブルゴ〈クリスチャン ワイナンツ〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/淺井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2018年
スカート・ブラウス(ストラスブルゴ〈クリスチャン ワイナンツ〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/淺井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

涼やかな紺ベースのボタニカル柄や繊細な光沢のシルク素材、ふくらはぎが隠れる長め丈…。新しい気分を醸し出しながら上品なスカートは、夏旅にぴったりです。

【11】カーキトップス×カーキ柄スカート

スカート・トップス・ベルト・バッグ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/淺井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2018年
スカート・トップス・ベルト・バッグ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン) 撮影/淺井佳代子 BY:『Precious7月号』小学館、2018年

街歩きから美術館へ…そんな一日のために選びたいのは、歩くたびに心ときめくプリントスカート。'70年代のウォールペーパーからヒントを得たというグラフィカルな柄のスカートは、プリーツの切り替えがヒップ部分から入っており、広がりすぎないのも魅力です。

【12】ベージュジャケット×ベージュスカート

レザーベルト付きジャケット・パンツ・ふたつのストラップが付いたバッグ・靴(クロエ)、時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ブルーのiPhone8用レザーケース・ムラ染めが美しいヴェネチアンレザーのトロリー『フォーミュラ1004』(ベルルッティジャパン)、小脇に挟んだノートブック(モワナ メゾン GINZA SIX) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2018年
レザーベルト付きジャケット・パンツ・ふたつのストラップが付いたバッグ・靴(クロエ)、時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ブルーのiPhone8用レザーケース・ムラ染めが美しいヴェネチアンレザーのトロリー『フォーミュラ1004』(ベルルッティジャパン)、小脇に挟んだノートブック(モワナ メゾン GINZA SIX) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

飛行機を降りるときも、大人の女は旅の疲れを感じさせないエレガントな美しさを保ちましょう。サファリ調のジャケットなら、滞在先でも気負わないおしゃれが楽しめます。

【13】白ニットドレス×デニムパンツ×ショール

ニットドレス・デニムパンツ・かごバッグ・ウールシルクのショール(ロエベ ジャパン)、ブルーのレザーブレスレット・シルバーのビーズブレスレット・シルバーのペンダント・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、デジタルカメラ『ライカTL2』・レンズ・プロテクター・ストラップ・ストラップラグ(ライカ) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2018年
ニットドレス・デニムパンツ・かごバッグ・ウールシルクのショール(ロエベ ジャパン)、ブルーのレザーブレスレット・シルバーのビーズブレスレット・シルバーのペンダント・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、デジタルカメラ『ライカTL2』・レンズ・プロテクター・ストラップ・ストラップラグ(ライカ) 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

ゆったりとしたニットドレスは、昼はデニムに合わせて、夜はドレスとして着回せるから、旅に必携のアイテム。機内でも活躍する大きめのかごバッグと巻き物も、旅慣れた印象に。

【14】黒ケープ×白Tシャツ×黒パンツ

カシミア混のフード付きケープ・カシミア混のトラベルパンツ・クロスボディバッグ・トロリー『ホライゾン55』・トロリーにかけたウエストポーチ・時計・ブレスレット・iPhoneⅩケース・サングラス・靴(ルイ・ヴィトン)、Tシャツ/私物 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2018年
カシミヤ混のフード付きケープ・カシミヤ混のトラベルパンツ・クロスボディバッグ・トロリー『ホライゾン55』・トロリーにかけたウエストポーチ・時計・ブレスレット・iPhoneⅩケース・サングラス・靴(ルイ・ヴィトン)、Tシャツ/私物 撮影/生田昌士(まきうらオフィス) BY:『Precious7月号』小学館、2018年

ふわりとニットケープをまとい、快適なはき心地のリラックスパンツとサンダルで出発。機内でのくつろぎを優先しながら、上質な黒とモダンな小物使いで、洗練されたジェットセットスタイルを。

気温20度夏の服装の関連記事