2019年6月、エルメスのメンズ・コレクション2020春夏が、フランスの歴史ある公的建物の家具、調度品の製作や修理に携わるル・モビリエ・ナショナル(Le Mobier National)で開催された。アーティスティック・ディレクターのヴェロニク・ニシャニアンが披露したのは、サマー・バケーションの装いというべき、ノーブルななかに遊び心、冒険心を入れた楽しいコレクションだった。

上品ながら遊び心のある、エルメスのメンズ・コレクション2020春夏

マイス(とうもろこし)という名のニット。レザーの編み込みが施され、手の込んでいる一品。
幾何学模様のインターシャのニット。ミッドセンチュリーモダンのグラフィックを想起させる。
乗馬にちなんだ柄が描かれたスカーフ柄のシャツ。

カーキやサンドベージュにミントグリーン、アクアブルー、バブルガムピンクといったパステルカラーの差し色、ふわりと軽やかなルーズシルエットが印象的だ。

茶色とペパーミントのチェック柄、ジオメトリックなパターンや恐竜などの架空の動物が描かれたスカーフ柄がポップなテイストをプラスする。

エルメスらしい上品さを醸し出しているのは、目利きならばひと目見てピンとくる、あくまで上質でライトな最高級のテキスタイル、レザー使いゆえ。「マイス(とうもろこし)」と名付けられた黄色のニットに、やわらかな羊のレザーを編み込んで穂を模しているのも心憎い。

アイテムを超越した軽やかなアウターと、男らしいシルエットのパンツアイテム

極めてライトなテキスタイルを使ったジャケット。
ペパーミントグリーンのストライプが爽やかなシャツに、ワイド幅のパンツ。軽やかなコートを合わせて。

また、特徴的なのは、ジャケットやブルゾンなのだがシャツのようでもある、アイテムを超越した軽やかなアウター。パンツはカーゴパンツのようにワイドなタイプがほとんどで、足元はサンダルで軽やかに。全体的にゆったりとしたシルエットが男を解き放つ。

旅する自由な心を象徴するボヘミアンであり詩的なムード。そして決して古びないスタイル。永続的に愛せるピースを提案する「エルメス」こそ、実は最も先端をいくサスティナブルなメゾンなのだと思わされたコレクションだった。

この記事の執筆者
某女性誌編集者を経て2003年に渡仏。東京とパリを行き来しながら、食、旅、デザイン、モード、ビューティなどの広い分野を手掛ける。趣味は料理と健康とワイン。2013年南仏プロヴァンスのシャンブル・ドットのインテリアと暮らし方を取り上げた『憧れのプロヴァンス流インテリアスタイル』(講談社刊)の著者として、2016年から年1回、英語版東京シティガイドブック『Tokyo Now』(igrecca inc.刊)を主幹として上梓。
公式サイト:Tokyo Now