流行に関係なく人気のストライプアイテムは、夏のおしゃれを涼しげに見せてくれて、ぜひ取り入れたいものです。スタイリッシュな海外セレブたちの間でも、もちろん支持率が高く、多くの人が好んでプライベートスタイルで着こなしていました。ぜひ、ストライプを投入して、夏スタイルをアップデートしてください!

スマートに見えて着やせが期待できる!「ストライプ」の着こなし5選

■1:白×グレーの涼やか配色も、パンツならスマートさが引き出される!

ゴールドチェーンがあしらわれた黒バッグと黒ベルトの時計で、引き締まった印象に仕上げています。
ゴールドチェーンがあしらわれた黒バッグと黒ベルトの時計で、引き締まった印象に仕上げています。

モデルのカーリー・クロスが2019年5月に目撃されたSNAPです。淡いトーンのランダムストライプのパンツが、大人っぽく落ち着いたスマートさを演出しています。

トップスはきれいなV開きが特徴のニットで、抜け感を出しているのも正解。足元はもちろんフラットシューズでも似合うけれど、清潔感ある白スニーカーでアクティブにまとめているのが今っぽいアプローチに。

■2:ふわりラッフルの甘さを軽減して、今っぽいスポーティーエレガンスを実現

足元がクリーンな白スニーカーなのも新鮮です。アクティブムードが出るのでおすすめ。
足元がクリーンな白スニーカーなのも新鮮です。アクティブムードが出るのでおすすめ。

トリー・バーチのファッションショーに現われたモデルのカロリナ・クルコバ。ブルーベースにストライプ柄があしらわれたワンピースは、センター部分が短くなったスタイリッシュなデザインです。

肩の露出あるデザインも涼しげで、ストライプがもたらすスマート効果をさらに高めてくれています。ふんわりしたラッフルのデザインは甘く見えがちですが、ストライプ柄だと爽やかなヘルシーさが際立ちます。

■3:白インナー×デニムに映える、マルチストライプのガウンは主役級の存在

パンツがフレアシルエットなので、ヒールサンダルが好バランス。クリアのPVC素材は夏らしく涼しげ。
パンツがフレアシルエットなので、ヒールサンダルが好バランス。クリアのPVC素材は夏らしく涼しげ。

カジュアルな着こなしが上手なモデルのアレッサンドラ・アンブロジオは、カラフルなマルチストライプのガウンを愛用していました。

ガウンにさまざまな色が使われているので、インナーとデニムは白で統一して、美しいカラーリングのストライプの魅力を大いにアピールしています。ガウン裾の長いフリンジが縦長シルエットをさらに強調して、すらりIラインをつくり出すのに効果的です。

■4:黒×アイボリーの迫力パンツで、絵になる辛口リラックスモードに

ふたりとも黒をメインに、リンクさせたようなカップルコーディネートに。足元がそろってスニーカーなのも素敵です。
ふたりとも黒をメインに、リンクさせたようなカップルコーディネートに。足元がそろってスニーカーなのも素敵です。

2019年4月末、ロンドンでジュード・ロウと結婚した心理学者で実業家であるフィリッパ・コーン。これは式から約2週間後のラブラブなふたりのショットです。

ウエストに共布のリボンベルトがついたストライプのパンツは、リラックスして見えるゆるっとしたシルエットが今季らしい仕上がりです。足首の細い部分が見える短めの丈なので、インナーとロングカーデが黒でも重たく見えず、軽やかな印象に。

■5:新鮮さなら断然セットアップ!肌見せの良好バランスでも軽快さをアピール

彼女も白スニーカーをセレクト。セットアップのきちんと感に、今っぽいラフさを加えています。
彼女も白スニーカーをセレクト。セットアップのきちんと感に、今っぽいラフさを加えています。

エキゾチックな顔立ちとスタイル抜群のボディーで人気のモデル、エミリー・ラタコウスキー。

白ベースにモカブラウンのストライプが上品なセットアップは、胸の開き具合、巻きつけタイプのスカートから脚がのぞくなど、肌見せがヘルシーさを演出できて新鮮ムードを放っています。品のいいカラーリングかつランダムになったモカブラウンのストライプが控えめなので、上下で着ても清涼感十分です。


5人のセレブとも、ストライプをスマートかつ涼しげに着こなしていました。肌見せの効果やスニーカーを投入するなど、爽やかでこなれた味付けをしていて、今季らしさをアピールするおしゃれテクニックは参考にしたいものばかりです。ぜひ夏のおしゃれにストライプを取り入れてみてください!

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀