ドリンクもビタミンカラーで演出したスイーツブッフェ

ANAインターコンチネンタルホテル東京では、2019年9月30日(月)までの期間限定で、館内の「シャンパン・バー」「アトリウムラウンジ」、パティスリー「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」など6店舗にて、彩り豊かな夏のフルーツを使ったスイーツメニューを楽しめる「フルーツパレット~テイスト・オブ・サマー~」を開催中。

「シャンパン・バー」のスイーツブッフェでは、旬を迎えたマンゴーやメロン、スイカ、レモン、アプリコットなどのフルーツをカラフルな絵の具で彩られたパレットのように使った、スイーツの色彩を意識した設えで並べる様は、目でも楽しく元気になるメニューばかり。

フルーツソースファウンテンは3台設置し、マンゴー・ストロベリー・ホワイトチョコレートを旬真っ盛りのフルーツやワッフルなどにつけるのですが、自分好みのマッチングを見つけるのも楽しそう。

フルーツソースのファウンテンと旬のフルーツではお気に入りの組み合わせを見つけて。
フルーツひとつごとにカップに入っているので、ソースをつけたあとでもこぼさずキレイに受け止められる心遣いはさすが!

ブッフェコーナーのスイーツは、ココナッツマンゴームース、マンゴープリン、アセロラ&ハイビスカスゼリー、スイカとココナッツクリーム、パイナップル、ブルーベリー、キウイと3種類あるパンナコッタ、ヴェリーヌ チョコレートマンダリン、ミント&チョコレートケーキ、スイカロールケーキ、アプリコットタルト、ルビーチョコレートとラズベリーのタルト、ボンボンショコラ カルバドス、水饅頭など25種類。

定番となったパフェのメイキングコーナーは、ベースにマンゴーのアイスクリームが用意されています。

ルビーチョコレートのミニコーン
マンダリンオレンジのワッフルバケット
ミント&チョコレートケーキ
ミニミニサイズなので、いくつも食べられちゃうコールドグラススイーツ。
ルビーチョコレートとポップロックキャンディーのタブレット
自分でつくれるフルーツタルトはベースが3種類(チョコレート、バニラクリーム、ベリークリーム)から選べるうえ、パレット風のお皿があるのでデコレーションにもついこだわってしまいそう。

お食事系メニューもカラフルにデザイン

セイボリーでは、ごぼうサラダとチキンのサンドイッチ、ハムとチーズのサンドイッチ、シーフードトマトソースピザ、タンドリーチキンエクレア、ほうれんそうとチーズのエクレア、スモークサーモンエクレア、タイ風ヤムウンセン、ショートパスタサラダ、サーモンファルス、カラフルトマトのはちみつレモンマリネなど10種類。

なかでもサンドイッチは、キャンディーのように丸く包み込まれたサンドイッチが美しくカットされていて、ホームパーティーやお弁当のアイディアに使いたくなる可愛らしさ。

セイボリーで提供されるカラフルなサンドイッチ

また、スイーツのように見えるけれど、実は塩系のフィンガーフードだったのがこちら。エクレア生地にほうれんそうとチーズ、タンドリーチキン、スモークサーモンと中身を挟み込んだミニミニサイズのフィンガーフードは、驚きのアイディア。

上にかけたソースのデコレーションで区別をつけるアイディアも〇ですね。スイーツを食べる間の箸休めのように、軽くいただける食感となっています。

左から/「ほうれんそうとチーズのエクレア」・「タンドリーチキンエクレア」・「スモークサーモンエクレア」

ドリンクはカウンターに並んだ7色のカラフルなナチュラルハーブティーのほか、コーヒーや紅茶など15種類がセットに。さらにはシャンパン・バーらしく、フルーツやハーブのリキュール「ボルス」を使った5色のシャンパンカクテル(各¥1,800)も提供します。

ハーブティーを少しずつ楽しめる素敵なアイデア。

「カラーフルーツ・スイーツブッフェ」概要

場所/シャンパン・バー The Champagne Bar(3FL.)
料金/1名(平日)¥4,600、(土日祝日)¥5,600
時間/11:30〜、13:30〜、15:30〜(各1時間半・3部制)
※但し、土曜・祝前日は17:30〜、19:30〜の部を加えた5部制、日曜・祝日は17:30〜の部を加えた4部制。

※掲載した商品はすべて税抜です。

問い合わせ先

 

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
WRITING :
北本祐子