レディース気温25度の服装まとめ。気温25度と言えば、季節の変わり目に多い温度。半袖? 長袖? 上着は必要? と悩む女性も多い時期。そこで今回は、最高気温25度、最低気温25度にそれぞれおすすめしたい服装を、ファッション誌『Precious』から集めました。おしゃれかつ快適に過ごす参考にしてみてください。

【目次】

最高気温25度の日におすすめの服装


【1】ワンピース×ブルゾン

ワンピース・ブルゾン・Gianni Chiarini.のバッグ/店舗限定商品(Theory luxe)、サングラス(DITA 青山本店〈クリスチャンロス〉)、靴(リエート〈サントーニ〉) その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ワンピース・ブルゾン・Gianni Chiarini.のバッグ(Theory luxe)、サングラス(DITA 青山本店〈クリスチャンロス〉)、靴(リエート〈サントーニ〉)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

シルクのロングフレアによるドレープが優雅なブラックドレス。夏は涼感の黒、秋はシルエットで見せる黒として季節を超えて出番の多い一着に。白いブルゾンをはおれば、スポーティーでモードなモノトーンスタイルが完成します。

【2】ワンピース×カーディガン

カーディガン・ワンピース(Theory luxe)、ネックレス(ISETAN SALONE 東京ミッドタウン〈カラット アー〉)、靴(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ヴィットリオ ヴィルジリ〉)その他/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
カーディガン・ワンピース(Theory luxe)、ネックレス(ISETAN SALONE 東京ミッドタウン〈カラット アー〉)、靴(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ヴィットリオ ヴィルジリ〉)、その他/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

カーキのワンピースは、洗練のベージュトーンでシックな秋色の装いに。

【3】ブルゾン×ワイドパンツ

レザーブルゾン・パンツ(ジョルジオアルマーニ ジャパン〈エンポリオアルマーニ〉)、ブラウス(三喜商事〈ストラネス〉)、ピアス・バングル・時計・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・チャーム(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious9月号』小学館、2019年
レザーブルゾン・パンツ(ジョルジオアルマーニ ジャパン〈エンポリオアルマーニ〉)、ブラウス(三喜商事〈ストラネス〉)、ピアス・バングル・時計・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ・チャーム(トッズ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious9月号』小学館、2019年

濃淡グレーと白を重ね、奥行きのあるワントーンを実現。歩くたび揺れるパンツも、ニュアンスを深めてくれます。

【4】ブラウス×ストール

ブラウス・パンツ・ストール・バッグ(三喜商事〈アニオナ〉)、ネックレス・バングル・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(パテック フィリップ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ブラウス・パンツ・ストール・バッグ(三喜商事〈アニオナ〉)、ネックレス・バングル・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、時計(パテック フィリップ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious9月号』小学館、2019年

透け感のあるシルクブラウス、温もり漂うアルパカ混のパンツに、ふんわりとしたカシミヤのストールを重ねて。さらにシルバージュエリーの光を加えたら、ハッとするほど印象的に仕上がります。

【5】ブラウス×カーディガン

カーディガン(トラデュイール)、ブラウス(Vince 表参道店)、パンツ(エストネーション)、ネックレス(TASAK〈I TASAKI〉)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリージャパン ゼニス)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴/オーダー価格(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
カーディガン(トラデュイール)、ブラウス(Vince 表参道店)、パンツ(エストネーション)、ネックレス(TASAKI〈TASAKI〉)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリージャパン ゼニス)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

表情を添えるグレーのストールやコクを加えるモカブラウンのバッグも投入。優しい色は、重ねることでニュアンスが深まります。

【6】シャツワンピース×長袖カットソー

シャツワンピース (ebure)、アバティの長そでカットソー・エアロンのパンツ(コロネット)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、ブレスレット(ラリック ジャパン)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
シャツワンピース (ebure)、アバティの長袖カットソー・エアロンのパンツ(コロネット)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、ブレスレット(ラリック ジャパン)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

黒の占める割合を増やし、グレーの着こなしをハンサムに。全体の印象が辛口になりすぎないよう、はおる気分で着るシャツワンピースなど、装いのなかにしなやかに揺れるアイテムを用いましょう。

【7】ブラウス×カーディガン

カーディガン(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、半そでブラウス・パンツ(Theory luxe)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパンゼニス)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
カーディガン(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、半袖ブラウス・パンツ(Theory luxe)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、時計(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパンゼニス)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

これまでのベーシックカラーのボトムを、この秋は流行カラーのパープルに更新。それだけで、着こなしに艶めきと大人の余裕が生まれます。

【8】ワンピース×カーディガン

ワンピース(Theory luxe)、カーディガン(ストラスブルゴ〈クルチアーニ〉)、時計(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、ピアス・ペンダント・・バングル・リング(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ワンピース(Theory luxe)、カーディガン(ストラスブルゴ〈クルチアーニ〉)、時計(フランク ミュラー ウォッチランド東京)、ピアス・ペンダント・バングル・リング(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

小さな袖がほんのり愛らしいストレッチウール仕立ての細身ワンピース。シルエットを生かして、肌触りのよいカシミヤシルクパープルのカーディガンを肩がけ。さらにネックレス、時計、バングル…シルバーの輝きをちりばめて、クールな抜け感をプラスしましょう。

【9】プルオーバー×カーディガン

カーディガン・プルオーバー(トラデュイール)、スカート (チェルキ〈トモウミ オノ〉)、ネックレス・イヤリング・リング(ブルガリ ジャパン)、バッグ (ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious9月号』小学館、2019年
カーディガン・プルオーバー(トラデュイール)、スカート (チェルキ〈トモウミ オノ〉)、ネックレス・イヤリング・リング(ブルガリ ジャパン)、バッグ (ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/下村一喜(UM) BY:『Precious9月号』小学館、2019年

上品な光沢とエレガントな風合いにこだわったハイゲージニットのアンサンブルは、肌映りのよい澄んだブルー。カーディガンはあえて袖を通さず、さらりと肩がけして優雅な大人の余裕を演出しましょう。カラフルな色石ジュエリーを、耳、胸元、指、と贅沢にセット使いするのが、クラス感のある着こなしの要です。

最低気温25度の日におすすめの服装


【1】ブラウス×レースタイトスカート

スカート・バッグ『ディヴォーション バッグ』/ともに予定価格・ブラウス・ピアス・ネックレス(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
スカート・バッグ『ディヴォーション バッグ』・ブラウス・ピアス・ネックレス(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

シンプルな着こなしも洗練! 「コルドネットレース」仕立てのスカートなら、麗しい着回し力でおしゃれの幅を広げてくれます。

【2】ブラウス×イージーパンツ

ブラウス・パンツ(Theory luxe)、ザンケッティのバッグ・ソコのピアス・バングル・ヴィットリオ ヴィルジリのサンダル(HAUNT代官山/ゲストリスト) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ブラウス・パンツ(Theory luxe)、ザンケッティのバッグ・ソコのピアス・バングル・ヴィットリオ ヴィルジリのサンダル(HAUNT代官山/ゲストリスト) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2019年

ダンガリーシャツを思わせる明るいブルーのブラウスと、ドローストリングのイージーパンツのセットアップ。ともにストレッチが程よくきいた洗えるシルク素材で、きれいな落ち感が魅力です。

【3】ワンピース×スニーカー

ワンピース・MARCO MASI.のバッグ(Theory luxe)、アニー.のバングル(HAUNT代官山/ゲストリスト)、スニーカー(J.M. WESTON青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ワンピース・MARCO MASIのバッグ(Theory luxe)、アニーのバングル(HAUNT代官山/ゲストリスト)、スニーカー(J.M. WESTON青山店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2019年

ウォッシャブルシルクのワンピースは、たっぷりと贅沢な布使いから生まれるフレアの裾の揺らめきが素敵! こなれ感のあるカーキなら洗練された大人のカジュアルスタイルに。足元に白スニーカーを合わせれば、ニュアンスカラーがひときわクリアに見えます。

【4】ワンピース×サンダル

ワンピース(Theory luxe)、ネックレス(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ガブリエラ アルティガス〉)、靴(ステディ スタディ〈エンシェント・グリーク・サンダルズ〉)、その他/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ワンピース(Theory luxe)、ネックレス(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ガブリエラ アルティガス〉)、靴(ステディ スタディ〈エンシェント・グリーク・サンダルズ〉)、その他/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

清潔感のあるブルーのワンピースは、大人の女性をいつでもフレッシュに見せる魔法の一着。

【5】ブラウス×レザースカート

ブラウス(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、スカート/9月中旬以降発売予定(Vince表参道店)、ストール(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、バングル(アマン〈アンセム フォー ザ センスズ〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ブラウス(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、スカート(Vince表参道店)、ストール(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、バングル(アマン〈アンセム フォー ザ センスズ〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

トップグレーのトップスにブラウンのレザースカートを合わせたら、最旬のかっこよく女らしい着こなしに。バッグ&靴は軽やかに仕上げましょう。

【6】ワンピース×バッグ

ワンピース・バッグ(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)、ピアス・リング・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ワンピース・バッグ(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレン コレクション〉)、ピアス・リング・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

多くの人が集まる場でも際立ち、透明感のある女らしさを演出してくれるのが、ライトネイビーの繊細なジョーゼットワンピース。パフスリーブとフィット&フレアのほんのり甘いデザインを、襟元のタックからスカートのプリーツへと切り替わる縦ラインですっきり引き締めているのも大人好みです。ゴールドのミニバッグを合わせたら、レセプションパーティーにふさわしい華やぎスタイルにスイッチできます! 

【7】ブラウス×デニム

デニム(アクネ ストゥディオズ アオヤマ)、ブラウス(ドゥロワー 丸の内店)、ネックレス(エスケーパーズ〈リジー フォルトゥナート〉)、バングル(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ソコ〉)、バッグ(エドストローム オフィス〈ジェイ ダブリュー アンダーソン〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
デニム(アクネ ストゥディオズ アオヤマ)、ブラウス(ドゥロワー 丸の内店)、ネックレス(エスケーパーズ〈リジー フォルトゥナート〉)、バングル(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ソコ〉)、バッグ(エドストローム オフィス〈ジェイ ダブリュー アンダーソン〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

シルクブラウスの甘さをブラックデニムで中和させて、旬の気分を取り入れた、エレガンスを完成。

【8】ニット×ベルト付きスカート

ニット・スカート・バッグ『Boxyz』(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ニット・スカート・バッグ『Boxyz』(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2019年

前身ごろに繊細なフラワープリントを配したニットは、ふんわりとした着心地のバージンウール。ネイビーが引き締め役となり、ノーブルな美しさが香り立ちます。そんなニットの品格を際立たせるのがグレージュ色のバッグの存在。かっちりとしたフレームと上品な色調が知的なエレガンスを漂わせます。

【9】トップス×パンツ

デニム(マインド〈マインデニム〉)、トップス(オットデザイン〈ルーム エイトブラック〉)、ピアス・ブレスレット・リング(TASAKI)、時計(A.ランゲ&ゾーネ)、バッグ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ザンケッティ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2019年
デニム(マインド〈マインデニム〉)、トップス(オットデザイン〈ルーム エイトブラック〉)、ピアス・ブレスレット・リング(TASAKI)、時計(A.ランゲ&ゾーネ)、バッグ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ザンケッティ〉)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2019年

ワンウォッシュで黒の深みを生かしたデニムなら、女性らしい着こなしにもよく似合う。マットブラックのメタルボタンなど、細部にもこだわりが光ります。

【10】ワンピース×バングル

ワンピース(ブルネロ クチネリ ジャパン)、時計・バングル(ショーメ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ワンピース(ブルネロ クチネリ ジャパン)、時計・バングル(ショーメ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

若い世代が着こなすネイビースタイルと一線を画すのが、洗練の奥行きを感じさせるグレイッシュトーンのネイビーワンピース。肌触りのよいバージンウールを贅沢に使ったハイネックのレイヤード風デザインは、ウエストに生まれる斜めのドレープと、合わせ部分に挟み込んだ艶やかなシルクがポイントです。

シックな佇いのなかに程よいゆとりとしなやかな動きを生み出して、オフィスで過ごす一日を心地よく快適に支えてくれます。はおりものを合わせやすいコンパクトな袖で、秋口から長く愛用できるのもポイントです。

気温25度の服装の関連記事