【目次】

「2つのルール」を守れば、快適に過ごせる!


気温28度の日の服装は?

気温28度は、9月における、1日の最高気温(平均27.5度)に該当します。丁度その頃の、日中を思い浮かべてみてください。ピークは過ぎたものの、まだまだ暑さが残り、「半袖トップス」や「ワンピース」、あるいは薄手の「長袖トップス」が、コーディネートの中心になります。

また気を付けたいのが1日の寒暖差差(参考までに、9月の1日の平均最低気温は20.7度)。そして冷房の効いた室内との気温差にも注意が必要です。カーディガンやジャケット、ストールなど「はおり物」を活用し、体調を崩さないよう留意しましょう。

守るべき2つのルール

【1】「半袖トップス」「ワンピース」薄手の「長袖トップス」等、涼感を意識した服装で
【2】カーディガンやジャケット、ストール等「はおり物」を活用し、寒暖差に対応

「トップス+ボトムス」のコーディネート


【1】「半袖」のTシャツやカットソーを使った着こなし

ネイビーとゴールドの差し色使いでセンスよく

Tシャツ(エンフォルド)、デニム(ヤマツゥ〈コラール〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈グレコ〉)、バッグ(八木通商〈ジェロームドレフュス〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2017年
Tシャツ(エンフォルド)、デニム(ヤマツゥ〈コラール〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、ネックレス(デペッシュモード恵比寿本店〈グレコ〉)、バッグ(八木通商〈ジェロームドレフュス〉)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

永遠の定番でもある、白Tとデニムの着こなし。大人が楽しむときは、構築的なデザインの一枚を選び、カジュアルを格上げして。

さりげなく女らしさをかなえる黄金バランス

Tシャツ(ボウルズ〈ハイク〉)、スカート(ウィム ガゼット 青山店〈ウィム ガゼット〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バングル(デペッシュモード恵比寿本店〈ペリーニ〉)、シトラスのストール・カラのバッグ(ブランドニュース)、靴(ゲストリスト〈ルチェンティ〉) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2017年
Tシャツ(ボウルズ〈ハイク〉)、スカート(ウィム ガゼット 青山店〈ウィム ガゼット〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、バングル(デペッシュモード恵比寿本店〈ペリーニ〉)、シトラスのストール・カラのバッグ(ブランドニュース)、靴(ゲストリスト〈ルチェンティ〉) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

黒に近い深みのあるグリーンのスカートで、キリリと。

ニュアンスカラーをちりばめ、洗練を極める

Tシャツ(プレインピープル丸の内)、パンツ(コロネット〈ボリオリ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ネックレス( デペッシュモード恵比寿本店〈ペリーニ〉)、ストール(yoshieinaba)、バッグ(ストラスブルゴ〈ザネラート〉)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2017年
Tシャツ(プレインピープル丸の内)、パンツ(コロネット〈ボリオリ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉)、ネックレス( デペッシュモード恵比寿本店〈ペリーニ〉)、ストール(yoshieinaba)、バッグ(ストラスブルゴ〈ザネラート〉)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店) 撮影/小池紀行・宗髙聡子(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2017年

こっくりとしたマロン色やマスタードを重ね、ミラノマダムのように。

Tシャツ(オールウェイズ〈M・fil〉)、パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、ストール(キートン)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年
Tシャツ(オールウェイズ〈M・fil〉)、パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、ストール(キートン)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2017年

リッチなベージュに切れ味のいい白を効かせることにより、ベーシックカラー同士が生み出す、気負わないラグジュアリーが実現。マットな配色のアクセントとなるメタリック小物は、盛りすぎず、スパイス程度に少量を効かせるのが上品に仕上げるコツとなる。

重量感のある黒ワイドもピュアな靴とバッグでメリハリを計算!

ブラウス・パンツ(ebure)、ブレスレット・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、スニーカー(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2019年
ブラウス・パンツ(ebure)、ブレスレット・バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、スニーカー(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2019年

服はあくまでも黒で統一し、小物で少量の白を効かせる、が成功の秘訣。ブラウスはドロップショルダーのゆったりしたデザイン。ハイウエストのパンツにタックインして、メリハリあるフォルムをつくりたい。

白スニーカーの日は、分量感のある白パンツで上品な印象に仕上げて

バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈カパフ〉)、ニット(Theory luxe)、パンツ(トレメッツォ〈モモニ〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、ネックレス・右・左・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、スニーカー(三喜商事〈イレブンティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2017年
バッグ(バーニーズ ニューヨーク〈カパフ〉)、ニット(Theory luxe)、パンツ(トレメッツォ〈モモニ〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、ネックレス・右・左・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、スニーカー(三喜商事〈イレブンティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

シックカラー×白をベースに。

ボリュームのあるパンツは最愛の黒投入でバランスよく攻略

ニット(Theory luxe)、パンツ(ブラミンク〈ブラミンク〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ネックレス・バングル(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(アオイ〈カパフ〉)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年
ニット(Theory luxe)、パンツ(ブラミンク〈ブラミンク〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ネックレス・バングル(デペッシュモード恵比寿本店〈ドナテラ・ペリーニ〉)、バッグ(アオイ〈カパフ〉)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

程よくハリのあるリネン混地で仕立てた、リラックス感たっぷりのワイドパンツ。絶妙な着丈の黒ニットで、着やせも脚長効果も同時に手に入れて。足元はトップスの色をリフレインして黒のトングサンダルを。シックな黒だからくだけすぎず、余裕のある大人カジュアルに仕上がって。

上品に仕上げるならボトムは断然ストレート。フルレングス丈を選択。

ブラウス・パンツ・サッシュベルト(ebure〈ebure〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、ネックレス・キーチャーム・キーチャーム・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年
ブラウス・パンツ・サッシュベルト(ebure〈ebure〉)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー〈オリバーピープルズ〉)、ネックレス・キーチャーム・キーチャーム・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(フラッパーズ〈ネブローニ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ネイビー×白×キャメルの上品配色は、色使いの名人、ピッティの伊達男たちをお手本に。旬のサッシュベルトで新鮮さをプラス。

【2】紫外線対策にも重宝!「7分丈~長袖」のブラウスを使った着こなし

夏のきちんと感は、心地いい緊張感のある「モノトーン」で潔く、知的に表現

コットンのバンドカラーシャツ(トレメッツォ〈バグッタ〉)、パンツ(Theory)、サングラス(グローブスペックス エージェント〈アーレム〉)、ネックレス・バングル・リング(フレッド)、バッグ(セラピアン 阪急うめだ本店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2020年
コットンのバンドカラーシャツ(トレメッツォ〈バグッタ〉)、パンツ(Theory)、サングラス(グローブスペックス エージェント〈アーレム〉)、ネックレス・バングル・リング(フレッド)、バッグ(セラピアン 阪急うめだ本店)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2020年

黒と白の配色でつくる計算しつくした着こなしには、大人の女性にふさわしいきちんと感が宿ります。白シャツ&ブラックの細身パンツのワンツーで完成させる夏のスタイリングは、白×黒の分量が50%ずつの配色で構成するのが正解! レフ板効果を狙う白トップス+黒ボトムの基本形に飽きが来たら、逆転の発想で、黒トップス+白ボトムにもぜひトライを。上下を入れ替えるだけで印象が様変わりします。また、アクセントカラーの入れ方も重要。少量のピンクを加えることで、好感度の高い洗練ベーシックに仕上がります。

メタルフレームで白シャツに鮮度を

サングラス(モスコット トウキョウ)、シャツ(ebure)、パンツ(トレメッツォ〈ピーティートリノ〉)、ピアス(イレアナ・マクリ 伊勢丹新宿店)、リング(シハラ ラボ)、バッグ(セラピアン 阪急うめだ本店)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious7月号』小学館、2020年
サングラス(モスコット トウキョウ)、シャツ(ebure)、パンツ(トレメッツォ〈ピーティートリノ〉)、ピアス(イレアナ・マクリ 伊勢丹新宿店)、リング(シハラ ラボ)、バッグ(セラピアン 阪急うめだ本店)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious7月号』小学館、2020年

N.Y.生まれの老舗眼鏡店モスコットのサングラスは、ユニセックスなメタル使いが旬。トラッドが香る白シャツ×ストライプパンツの装いがハンサムに仕上げがります。

正統派のシャツに旬を添えて大人の余裕を

靴『SUPERSTAR』(ゴールデン グース 東京店)、シャツ(サード マガジン)、パンツ(ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア〈ロエフ〉)、スカーフ(ボーダレス〈ベグアンド コー〉)、ブレスレット(ドゥロワー 青山店〈オール ブルース〉)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2020年
靴『SUPERSTAR』(ゴールデン グース 東京店)、シャツ(サード マガジン)、パンツ(ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア〈ロエフ〉)、スカーフ(ボーダレス〈ベグアンド コー〉)、ブレスレット(ドゥロワー 青山店〈オール ブルース〉)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2020年

ハーフパンツ&白スニーカーで、白シャツスタイルを旬顔にアップグレード。あえて淡いグレーと「白」だけでまとめることで、シックな装いに仕上がります。ヴィンテージ加工が施された定番人気の『SUPERSTAR』は、ソールにわずかな傾斜をもたせ、はき心地のよさも実現。イタリアの職人技術を大切にし、手作業で仕上げるクラフツマンシップが光る一足です。

しなやかなモノトーンで女っぷりを上げたらスニーカーで颯爽と!

スカート・ブラウス・バッグ・時計・別売りストラップ(トム フォード ジャパン)、サングラス(トム フォード アイウエア)、スニーカー(ハンティング・ワールド帝国ホテル店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
スカート・ブラウス・バッグ・時計・別売りストラップ(トム フォード ジャパン)、サングラス(トム フォード アイウエア)、スニーカー(ハンティング・ワールド帝国ホテル店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

カッティングのきれいな黒のタイトスカートは、いい女を象徴するアイテム。白ブラウスは、カシュクールに合わせてドレープをたっぷり。そんなエレガントでかっこいい女性像を進化させるのが、厚底スニーカー。モノトーンの柄にボリュームソールの白が効いてシャープな表情に。

「全身黒」スタイルは清涼感がすべて。必ずどこかに”透け感”を取り入れて

シルクシャツ・タイ・ハーフパンツ・バッグ・サンダル(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、サングラス(グローブスペックス エージェント〈ロバート・マーク NYC〉)、ピアス・ブレスレット・リング( TASAK〈I M/GTASAKI〉)、ベアトップ/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2020年
シルクシャツ・タイ・ハーフパンツ・バッグ・サンダル(サンローラン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、サングラス(グローブスペックス エージェント〈ロバート・マーク NYC〉)、ピアス・ブレスレット・リング( TASAK〈I M/GTASAKI〉)、ベアトップ/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2020年

透け感のある黒シャツ&トレンドのハーフパンツで、溌剌としたエレガンスを感じさせる、夏のオールブラックを実現! ほんのりと肌が透ける涼やかなタイ付きシャツは、テクスチャーに遊びがあるぶん、きちんと感のあるセットインスリーブデザインを選ぶと洗練された印象に。肌の露出で抜け感をつくるのではなく、デコルテ周りやそでに透け感をつくるからこそ、キレのいい女っぽさが表現できます。そして、「全身黒」のサブルールは、小物でホワイトを投入することと、ヌーディな足元。これらがを夏のブラックエレガンスのセオリーにすれば、黒でも、重たく見せず、季節感を演出することが可能です。

ゴールデン グースの靴・バグッタのシャツ・ピーティー トリノのパンツ・ロバート・マーク NYCのサングラス・ソフィー ブハイのブレスレット・ロレックスの時計・トッズのバッグ/すべてリタさん私物 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2020年
ゴールデン グースの靴・バグッタのシャツ・ピーティー トリノのパンツ・ロバート・マーク NYCのサングラス・ソフィー ブハイのブレスレット・ロレックスの時計・トッズのバッグ/すべてリタさん私物 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2020年

「白スニーカー」はひと粒のミントタブレットのように、装いに清潔感をもたらしてくれる唯一無二の存在。アクティブに働く日に選びたいネイビーワントーンの着こなしも、きちんと手入れされた「白スニーカー」を足元に添えるだけで、メリハリが生まれます。

ダークブラウンの麻のシャツ(マディソンブルー)、パンツ(Theory)、サングラス(グローブスペックス エージェント〈ロバート・マーク NYC〉)、ネックレス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、時計(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、サンダル(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2020年
ダークブラウンの麻のシャツ(マディソンブルー)、パンツ(Theory)、サングラス(グローブスペックス エージェント〈ロバート・マーク NYC〉)、ネックレス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、時計(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、サンダル(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2020年

濃色の「麻のシャツ」に合わせるボトムは、本場のイタリア男性のおしゃれ哲学にならって白のくるぶし丈パンツに。ダークトーンのボトムに頼りがちな人こそ、逆転配色に挑戦してみると格別の洗練度に気がつくはず! 辛口なダークトーンが顔周りの印象を引き締め、ボトムの白が全身にリッチな明るさを与えます。しっかりと出したデコルテは最高のアクセサリーですが、オンスタイルではパールネックレスで白い艶を足すとフェミニンさが増します。

今どきのこなれ感へ導くゆったりとしたブラウスを着こなしのキーアイテムに

ブラウス(ブラミンク〈ブラミンク〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ストール(クルチアーニ 銀座店)、バッグ(JIMMYCHOO)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年
ブラウス(ブラミンク〈ブラミンク〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈ソフィー ブハイ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ストール(クルチアーニ 銀座店)、バッグ(JIMMYCHOO)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

体の線を強調しすぎないリネンコットンのブラウスをインすれば、テーパードのシャープなシルエットが生きて、すっきりとしたかっこいいスタイルが完成。パンツの色とリンクした白いパンプスがスリムなラインを強めて。

撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2018年

マディソンブルーのリネンシルク・シャツは、季節の変わり目に重宝。色づく街の景色になじむように、ベージュのシャツでニュアンスをつけて。フェンディの『ピーカブー』はグレージュに、エルメスのバンダナ柄ストールは黒で、色味をそろえて、品よくシックに。抜け感や軽やかさを出したいときに活躍するのが、白のレザースニーカー。きちんと感があるので、大人でも楽しめます。手元には、お守りのような存在のカルティエの『タンク』と『LOVE ブレスレット』を。

リネン素材のパンツをアースカラーの装いに仕上げてこなれた印象に

パンツ(マディソンブルー)、シャツ(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)、ピアス/片耳(showroom SESSION〈マリア ブラック〉)、バングル(アダワットトゥアレグ)、バッグ(ロエベ ジャパン)、靴(HAUNT代官山/ゲストリスト〈エンシェントグリークサンダルズ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2020年
パンツ(マディソンブルー)、シャツ(ゲストリスト〈アッパーハイツ〉)、ピアス/片耳(showroom SESSION〈マリア ブラック〉)、バングル(アダワットトゥアレグ)、バッグ(ロエベ ジャパン)、靴(HAUNT代官山/ゲストリスト〈エンシェントグリークサンダルズ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2020年

リネン素材のベージュパンツは、カーキのシャツやバッグなどをポイントに、全身アースカラーでまとめることでセンスのいい着こなしに。緑が多い郊外などを訪れる日にもおすすめのコーディネートです。

「チャコールグレー×モカベージュ」でリッチな品格を際立たせて

シルクブラウス・スカート・ベルト・バッグ(ブルネロ クチネリジャパン)、靴(トッズ・ジャパン)、タンクトップ/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
シルクブラウス・スカート・ベルト・バッグ(ブルネロ クチネリジャパン)、靴(トッズ・ジャパン)、タンクトップ/私物 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

注目色・モカベージュを濃いめのグレーに合わせたら、ベーシックカラーだけの装いがこんなにも新鮮に。シックカラーが軽やかに映るのは、肌がほんのり透けるシルクブラウスや、動きのあるアシンメトリーのスカートの賜物。ベルトマークして仕上げると、シルエットが引き締まって粋に仕上がります。

抜け感が演出できるシャツでセンタープレスパンツを軽やかに!

ジャケット(チンクワンタ)、カットソー(スローン)、ピアス・ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ゴールデン グース 東京店) 撮影/ BY:『Precious9月号』小学館、2020年
パンツ¥26,000(Theory)シャツ¥43,000(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、サングラス¥32,000(アイヴァン PR)、時計¥810,000(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス)、ストール¥40,000(ボーダレス〈ベグアンド コー〉)、バッグ¥132,000(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴¥113,000(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)

季節の変わり目に役立つのが、襟の開け方やそでのロールアップで肌見せを調節できる長そでシャツ。パンツが端正なぶん、バンドカラーシャツをアウトにして今らしいこなれ感をプラス。サングラスやウォッチ、フラット靴で辛口な印象に導くのも洗練ポイント。

かっこよくて女らしい、ハーフパンツ&シャツで洒脱なトラッドスタイルに

パンツ(トッズ・ジャパン)、ブラウス(アクリスジャパン〈アクリス〉)、ストール(三喜商事〈イレブンティ〉)、ピアス(アパルトモン 青山店〈アグメス〉)、バングル(HAUNT代官山/ゲストリスト〈フィリップ オーディベール〉)、バッグ(J&Mデヴィッドソン 青山店)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2020年
パンツ¥87,000(マディソンブルー)、シャツ¥29,000(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、ベルト¥26,000(エストネーション〈メゾン ボワネ〉)、スカーフ¥52,000(エルメスジャポン)、バングル¥108,000(ホアキン・ベラオ)、バッグ¥390,000(デルヴォー・ジャパン)、靴¥43,000(アパルトモン 青山店〈ブレンタ〉)

グログラン素材を用いたドレス感のあるハーフパンツは、ドライタッチでハリ感のある素材が美しいフォルムへと導く逸品。サックスブルーのシャツやビット付きベルトで加えたトラッドテイストが、大人カジュアルを小粋に仕上げるポイントです。さらに、やわらかなレザーのワンショルダーバッグを合わせれば、こなれ感が高まります。

【3】寒暖差対応に必須!「はおり物」を使った着こなし

パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、カーディガン・ニット(スローン)、ネックレス(ボン マジック)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(アマン〈イルサンダロ オブ カプリ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2018年
パンツ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)、カーディガン・ニット(スローン)、ネックレス(ボン マジック)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(アマン〈イルサンダロ オブ カプリ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2018年

「甘×辛ミックス」の最もシンプルな方法は、装いに品格を加える黒のアンサンブルニットと、颯爽としたムードを添える白のスティックパンツを合わせること。さらに小物で端正なハンドバッグと華やかなトングサンダルを合わせたら、きちんと感も抜け感もある着こなしが完成します。

辛口カラーを重ねて仕上げる知的モードなパンツスタイル

カーディガン(スローン)、トップス(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(ウールン商会〈ジェントリーポルトフィーノ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
カーディガン(スローン)、トップス(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(ウールン商会〈ジェントリーポルトフィーノ〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

品のあるバッグを、白のノースリーブトップスとベージュのパンツのコーデに投入。グレイッシュカーキの辛口のニュアンスが、淡色配色に深みと自然なメリハリを生み出し、洗練された印象に導きます。カーディガンの前を開けてはおると、白のボタンが縦ラインを強調してすっきりスタイルアップできます! 

上品な輝きをたたえたシャンパングラデーションで定番パンツがランクアップ

マックスマーラのカーディガン・ニット・靴・スポーツマックスのパンツ(マックスマーラ ジャパン)、バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年
マックスマーラのカーディガン・ニット・靴・スポーツマックスのパンツ(マックスマーラ ジャパン)、バッグ(コロネット〈ニナ リッチ〉) 撮影/小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2018年

白からシャンパンベージュにいたる優しい女らしさに満ちたシャイニー・グラデーションに、クリアな白いパンツの効果は絶大。淡いベージュにラメのストライプをあしらった上品な輝きが魅力のアンサンブルニットをはおれば、肩の力が抜けた美しい日常スタイルに。そこにやや渋めガンメタリックのバッグを加えると、着こなしに奥行きが生まれ、鮮度の高い着こなしが完成。

チャコールグレーを加え奥行きを与えたグラデ感覚の新鮮モノトーン配色

カーディガン・トップス(Theory luxe)、パンツ(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、ペンダント(プレインピープル丸の内〈イムカ ティムカ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年
カーディガン・トップス(Theory luxe)、パンツ(ストラスブルゴ〈アリクアム〉)、ペンダント(プレインピープル丸の内〈イムカ ティムカ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

ロングカーディガンの透ける白×布帛トップスのチャコールグレー、さらにシルバーメタリックのバッグを重ねて。白パンツをベースにした優しいモノトーン配色は、グラデーション上手のミラノマダムがお手本。

夏の日差しに映える潔いモノトーンと縦ラインのシルエットでスマートに!

パンツ(グルッポタナカ〈リビアナ コンティ〉)、シャツワンピース(showroom SESSION〈サヤカ ディヴィス〉)、Tシャツ(スリードッツ青山店)、ストール(三喜商事〈イレブンティ〉)、バングル(アパルトモン青山店〈ベン アミュン〉)、バッグ(showroom SESSION〈モダン ウィーヴィング〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2020年
パンツ¥39,000(rag&bone表参道店)、シャツワンピース¥58,000(エスケーパーズオンライン〈ブーリエンヌ〉)、Tシャツ¥15,000(三喜商事〈イレブンティ〉)、ネックレス¥27,000(アダワットトゥアレグ)、バングル¥15,000(チェルキ〈ラクア〉)、バッグ¥15,500(HAUNT代官山/ゲストリスト〈パロロサ〉)、靴¥62,000(ピエール アルディ 東京)

細身パンツとロングシャツでつくるモノトーンコーデは、すっきりとしたバンドカラーのロングシャツがスマートなIラインを演出。強めのストレッチがきいた黒の細身パンツは、引き締め効果も大で美脚効果が期待できます。くるぶしがのぞく丈感なら、黒のボトムでも重たく見えすぎません。バッグと靴も白&黒の配色でまとめて潔く!

フリンジ付きのストールと細身の白ボトムでさりげなくYのフォルムに

ニット(Theory luxe)、パンツ(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、ストール(バーニーズ ニューヨーク〈メルト〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バングル(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年
ニット(Theory luxe)、パンツ(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、ストール(バーニーズ ニューヨーク〈メルト〉)、ピアス(ストラスブルゴ〈サイモン アルカンタラ〉)、バングル(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアールバイウノアエレ〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2017年

フレンチスリーブのコットンニットと白の細身パンツでつくるYシルエットの着こなしの仕上げにストールを加え、さらなる重心アップを。顔周りにボリュームをもたせ、視線を上に集めるだけで、スタイルよく見える。

白パンツ×黒ジャケットの潔いまでのシンプルさに小物で遊び心を加えて

ジャケット(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店〈ル ヴェルソーノアール〉)、パンツ・バッグ(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店)カットソー(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、帽子(アマン〈アルテサーノ〉)、ペンダント・バングル・時計 ※すべて予価(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年
ジャケット(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店〈ル ヴェルソーノアール〉)、パンツ・バッグ(ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店)カットソー(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、帽子(アマン〈アルテサーノ〉)、ペンダント・バングル・時計 ※すべて予価(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious8月号』小学館、2018年

帽子とビッグトートで伊イタリア達男を意識。小物使いでこんなにも余裕の表情に。

カジュアル要素を加えることで、黒ジャケットが鮮度アップ

靴『エゼ』(トヨダトレーディング〈フィリップモデル〉)、ジャケット(マディソンブルー)、カットソー(サード マガジン)、パンツ(rag & bone 表参道店)、ブレスレット(ミスイ 伊勢丹新宿)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2020年
靴『エゼ』(トヨダトレーディング〈フィリップモデル〉)、ジャケット(マディソンブルー)、カットソー(サード マガジン)、パンツ(rag & bone 表参道店)、ブレスレット(ミスイ 伊勢丹新宿)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2020年

スモーキングジャケットに、黒デニムを合わせたビターな黒の着こなしに、スニーカーやロゴTの爽快な「白」をアクセント使い。夏の黒こそ、「白」の差し色使いが効果的です。トレッキングシューズのディテールとランニングシューズのはき心地を両立させたスニーカーは、イタリア製の素材を組み合わせて、複雑なパターンを描くデザイン。かかと部分のラバーソールが4.5cmあり、歩きやすさを叶えるクッション性の高さも魅力です。

クロップドグレーデニムで色をシックになじませつつこなれ感をアップ

カオスのジャケット・タンクトップ(カオス表参道)、デニム(ゲストリスト〈レッドカード〉)、サングラス(グローブスペックス エージェント〈ロバート・マーク NYC〉)、ネックレス・バングル(エレメントルール〈パティエラ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、サンダル(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2020年
カオスのジャケット・タンクトップ(カオス表参道)、デニム(ゲストリスト〈レッドカード〉)、サングラス(グローブスペックス エージェント〈ロバート・マーク NYC〉)、ネックレス・バングル(エレメントルール〈パティエラ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、サンダル(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious7月号』小学館、2020年

テーラードジャケットにグレーのクロップドデニムを合わせて、辛口エレガントな着こなしに。ジャケットのラペルで端正な表情が出るので、中に着たリブニットは少し胸元の開いたタイプで色っぽさをプラス。足元もバーサンダルで女らしくまとめて。

「ワンピース」のコーディネート


【1】涼やかな「ワンピース」の着こなし

透け感のある素材だから黒でも重くならない!5分そでの涼やかワンピース

ワンピース・バッグ・靴(アクリスジャパン〈アクリス〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ワンピース・バッグ・靴(アクリスジャパン〈アクリス〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

デイリーに活躍する、黒の涼やかなワンピース。格子状になった織柄の陰影がもたらすほんのりとした透け感が美しいワンピースは、動くたびに風をはらむ軽やかさも魅力。付属のホースヘアのベルトでウエストマークすると、切れ味の良さも加わって。小さめバッグを合わせたら、会食にも映えて。

「白スニーカー」でクラス感のある夏の装いに

靴『9838』(ハイブリッジ インターナショナル〈エーエムビー〉)、ワンピース(キートン)、サングラス(アイヴァンPR)、バングル(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2020年
靴『9838』(ハイブリッジ インターナショナル〈エーエムビー〉)、ワンピース(キートン)、サングラス(アイヴァンPR)、バングル(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉 撮影/小林美菜子 BY:『Precious6月号』小学館、2020年

モカブラウンのシャツワンピースで品よく、優雅に。いつもならサンダルを合わせる着こなしに、「白スニーカー」を投入することで、新たなエレガンスを堪能できます。ほっそりとしたノーズのスニーカーは、きちんとした装いに合わせやすく重宝するアイテムです。

ワンピース・ピアス・ベルト・バッグ・靴( フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious7月号』小学館、2020年
ワンピース・ピアス・ベルト・バッグ・靴( フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious7月号』小学館、2020年

ストレッチのきいたコットン素材を用いた、バンドカラーのシャツワンピースは端正な面持ちが魅力。比翼仕立てのシンプルなデザインだからこそ、色で変化を楽しみたいもの。今季注目された深みのあるアースカラーが、こなれ感をもたらします。ゴールドの「ガンチーニ」バックルを施したベルトで、品格のある着こなしを目指して。アースカラーでまとめた着こなしは、くすんだ印象にならないよう、オレンジ色のシルクツイルを巻き付けたフープピアスで顔周りを明るく。

【2】寒暖差対応に必須!「はおり物」を使った着こなし

小物使いのトリコロールマジックで知性の香るネイビーワンピースを若々しく

ワンピース(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、帽子(SANYO SHOKAI〈マッキントッシュ ロンドン×ジェームス ロック〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ベルト・バッグ(J&Mデヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(ヒラオ インク〈ロベール クレジュリー〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2017年
ワンピース(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、帽子(SANYO SHOKAI〈マッキントッシュ ロンドン×ジェームス ロック〉)、スカーフ(エルメスジャポン)、ベルト・バッグ(J&Mデヴィッドソン 青山店〈J&M デヴィッドソン〉)、靴(ヒラオ インク〈ロベール クレジュリー〉) 撮影/唐澤光也(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

ネイビーのシャツワンピースは、出番の多くなるアイテム。明るいコントラストを描く、イエローのトートバッグで、目にも鮮やかな配色に。そこに、白いレースアップ靴を合わせ、抜け感を加えるのが今風の流儀。

鮮やかなコントラスト配色でキレのいい女力を感じさせて

カーディガン(トラデュイール)、ワンピース(アクリスジャパン〈アクリス〉)、バッグ(アマン〈エレメ〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
カーディガン(トラデュイール)、ワンピース(アクリスジャパン〈アクリス〉)、バッグ(アマン〈エレメ〉)、靴(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

王道のエレガンスが香る黒のワンピースに肩がけして、こなれ感を演出。ライトベージュのショルダーバッグで抜け感を演出するのが、軽やかに見せる決め手です。トラデュイールのカーディガンは、肩がけしたときにも美しく見えるつくりに注目。ラグランスリーブは肩に自然に収まり、短めのそで丈のおかげで、ルーズに見えないなど、細部にまで気が配られています。

カーディガン(クルチアーニ銀座店)、ストラネスのワンピース・ボルボネーゼのバッグ(三喜商事)、サングラス(イー・ヴィ・アイ PR〈レジャー ソサエティー〉)、Kong qi for Theoryluxeのネックレス・Maison Boinetのブレスレット(Theory luxe)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2017年
カーディガン(クルチアーニ銀座店)、ストラネスのワンピース・ボルボネーゼのバッグ(三喜商事)、サングラス(イー・ヴィ・アイ PR〈レジャー ソサエティー〉)、Kong qi for Theoryluxeのネックレス・Maison Boinetのブレスレット(Theory luxe)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious6月号』小学館、2017年

優しい風合いのカシミアシルクのロングカーディガンが、コットンワンピースにラグジュアリーなムードをもたらして。

ナチュラルなカラートーンにきれい色のバッグで遊び心を添えて

カーディガン(コロネット〈アバティ〉)、ワンピース(エリオポール代官山)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年
カーディガン(コロネット〈アバティ〉)、ワンピース(エリオポール代官山)、ベルト(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、ネックレス(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious8月号』小学館、2019年

シティ・リゾートへの旅で、アクティブに動く日を想定したスタイリング。リネンのシャツワンピースに、カーディガンを重ねて、シックな街並みに似合うカラートーンに。アクセントに、旅のワクワク気分を盛り上げる、カラフルなバッグを携えて。

ワンピース( ストラスブルゴ)、ピアス(ドレスアンレーヴ〈253ビジュー〉)、ベルト(エリオポール代官山〈メゾン ボワネ〉)、傘(トラディショナルウェザーウェア 二子玉川ライズ店)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)、ジャケット( マディソンブルー) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious7月号』小学館、2020年
ワンピース( ストラスブルゴ)、ピアス(ドレスアンレーヴ〈253ビジュー〉)、ベルト(エリオポール代官山〈メゾン ボワネ〉)、傘(トラディショナルウェザーウェア 二子玉川ライズ店)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(トッズ・ジャパン〈トッズ〉)、ジャケット( マディソンブルー) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious7月号』小学館、2020年

シャリッとしたシルクタフタ素材のワンピースは、深みのあるネイビーが知性を香らせるポイント。比翼仕立てのバンドカラーで、きちんと感もありシーンを選ばず活躍する頼りになる一枚です。インパクトのあるレザーベルトやローファーをポイントに、ほんのりトラッドテイストで仕上げて。

ワンピース・ベルト(ブラミンク)、サングラス(サンライズエージェント〈ティエリー ラスリー〉)、ファリスのピアス・アンコモンマターズのバングル(エストネーション)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、ジャケット( ウールン商会〈ペセリコ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious7月号』小学館、2020年
ワンピース・ベルト(ブラミンク)、サングラス(サンライズエージェント〈ティエリー ラスリー〉)、ファリスのピアス・アンコモンマターズのバングル(エストネーション)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、ジャケット( ウールン商会〈ペセリコ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious7月号』小学館、2020年

シルクのとろみ感を生かし、ていねいなプリーツを施したシャツワンピースは、清潔感と優美な印象を併せもつ優秀な一着。ブラウンのジャケットを重ねたら、仕上げに奥行きのあるオリーブ色の小物をちりばめて、ハンサムな着こなしに。

ワンピース・ジャケット・ピアス・バッグ( ブルネロ クチネリ ジャパン)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious7月号』小学館、2020年
ワンピース・ジャケット・ピアス・バッグ( ブルネロ クチネリ ジャパン)、靴(ピエール アルディ 東京) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious7月号』小学館、2020年

軽やかなチュールに、幾何学柄の刺しゅうとスパンコールを職人が施した、芸術品さながらに美しいワンピース。取り外し可能なリネン素材のコルセットベルト付きで、ヌーディなカラーでもメリハリのきいた着こなしを楽しめます。同色のシルク混クレープ素材の裏地が付いており、なめらかな肌触りをキープ。フォーマルなシーンには、サマーウールのダブルジャケットをはおり、フェミニンなワンピースを端正に仕上げて。