東京・汐留の「コンラッド東京」に続き、関西随一の高級ホテル激戦区・中之島に、満を持して開業した「コンラッド大阪」。

ロビーエントランスには、名和晃平氏による「Fu/Rai」が

「コンラッド大阪」でしか味わうことのできない空間がここに!

大阪・中之島にある高層ビル、中之島フェスティバルタワー・ウエストの高層階に位置する「コンラッド大阪」。“Your Address in the Sky -雲をつきぬけて-”のコンセプトのもと、地上200mを超えるホテル各所からは、眼下に広がる大阪市街のパノラマビューが楽しめます。

ロビーエントランスでは、京都を拠点に活動する彫刻家、名和晃平氏による「風神雷神像」をモチーフとした「Fu/Rai」のオブジェがお出迎え。ホテルロビーは、「すべてのゲストに最上級の眺望を」という観点から、客室よりも上となる最上階に位置しており、和を感じさせるテイストと、ホスピタリティーのスピリットをチェックインの前から感じることができるのです。

「コンラッドスイート」、ラウンジエリア

目玉となる「コンラッドスイート」は、220平米という贅を極めたスイートルーム。広々としたダイニングテーブルやソファを備えたラウンジエリアは、家族や友人との楽しいひとときから、ビジネスパートナーを招いての会議まで、幅広い使い方が可能となっています。

コンラッド大阪、漆のバスタブ

部屋の中心に位置するバスルームには、なんと漆のバスタブが! 真紅の円形バスタブは開閉式のブラインドがついた大きな窓の前に鎮座しており、夜景を眺めながらのリラックスタイムなど、ここでしか味わうことのできない珠玉のホテルステイをかなえてくれます。

コンラッド大阪のエグゼクティブラウンジ

もちろん、「コンラッド東京」において好評を博しているエグゼクティブラウンジも併設。窓からは大阪駅の向こうに流れる淀川、そして、その高さゆえ伊丹空港着陸のため目の前を降下する航空機をも目にすることができるなど、コンラッド大阪ならではの眺望も有しています。

コンラッド大阪、ロゴ

このほか、スパやレストラン、チャペルまで完備し、開業後は、「たこ焼き」をモチーフとしたメニューの提供も検討されているなど、大阪という立地の特色も生かしたホテルとなっている「コンラッド大阪」。出張や旅行で関西圏を訪れる際に、ステイしてみたい素敵な逗留先がまたひとつ、増えました。

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
Precious.jp編集部 
2018.2.1 更新
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
クレジット :
撮影・文/難波寛彦