大人の女性にぴったりな、上品なスカートの着こなし方を、雑誌『Precious』から厳選して集めました。

人気のロングスカートやプリーツスカート、40代にもおすすめのスカートコーデなど、スカートを大人らしく着こなすヒントが満載です。「大人っぽいスカートコーデ」をしたいという秋の日にぜひ、お役立てください。

【目次】

40代にもおすすめの秋の大人スカートコーデ


【1】ベージュスカート×キャメルコート×白ブラウス

エブールのコート・ブラウス・スカート・カリデイのグローブ(ebure)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(アマン〈アヴァケーション〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
エブールのコート・ブラウス・スカート・カリデイのグローブ(ebure)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(アマン〈アヴァケーション〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

モヘアシャギーの立体的なコートにブラウスとロングスカートを合わせた、華やぎのあるビジネススタイル。コートの素材はイタリアの一流生地メーカー「アニオナ」社のリバー仕立てのモヘアシャギーだから、しっかりとした素材感を生かした立体的なシルエットで、美人オーラをまとうことが可能に。上品なキャメルなら、オフィスシーンにも最適です。ラムレザースカートの艶を加えて、表情豊かなワントーンスタイルに。

【2】グレースカート×パープルニット

ニット(ドゥロワー六本木店〈ドゥロワー〉)、スカート(YOKO CHAN)、眼鏡(アイヴァン PR)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(モワナメゾン GINZA SIX)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット(ドゥロワー六本木店〈ドゥロワー〉)、スカート(YOKO CHAN)、眼鏡(アイヴァン PR)、バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(モワナメゾン GINZA SIX)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

なめらかなメルトンウールが美しいAラインシルエットを描くスカートを主役に、小粋なコーディネートを。旬色パープルのカシミヤシルクニットに、意外性のあるライトグリーンのバッグを合わせて鮮度アップ。

【3】ブラウンタイトスカート×ベージュコート×ネイビーブラウス

コート(バーバリー・ジャパン)、ブラウス(三喜商事〈バンフォード〉)、スカート(キートン)、ベルトバッグ(バーバリー・ジャパン)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、ブーツ(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート(バーバリー・ジャパン)、ブラウス(三喜商事〈バンフォード〉)、スカート(キートン)、ベルトバッグ(バーバリー・ジャパン)、時計(パテック フィリップ ジャパン)、ブーツ(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

シックな辛口配色、ベルトバッグや型押しロングブーツの迫力で、シルクブラウスとひざ下丈スカートにトレンチコートをはおる着こなしが、キレよくまとまります。主役のトレンチは、歴史的なトレンチのディテールを踏襲しつつ、肩にきちんと収まるセットインスリーブで、すっきりとした印象に。ひざ頭が隠れる着丈も、ロングスカート流行りの今に扱いやすい丈。

【4】グレータイトスカート×黒ニット

スカート(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ニット(トラデュイール) スカーフ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、ブレスレット(ポアレ ジャポン〈ポアレ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット(トラデュイール)、スカート(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、スカーフ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、ブレスレット(ポアレ ジャポン〈ポアレ〉)、バッグ・靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

続いてストレートスカート×ロングブーツのスタイリングを2つ、ご紹介します。ストレートシルエットのコーディネートと相性がいいのは、縦ラインをつなげるロングブーツ。スカートのすそがブーツにかぶり、肌を隠すのが大人っぽく見せるコツです。

一見グレーの無地、よく見ると細かいモノトーンチェックのロングスカートに、シンプルなニットをINし、ロングブーツを合わせたエレガントなスタイリング。スカートのクラシックになりすぎない絶妙なシルエットが、鮮度を上げてくれます。モノトーンのコーディネートに差した、赤のスカーフが鮮やかに映えて。地味になりがちなトラッドには、色で、小物で、大人の女らしさを投入して。

【5】黒タイトスカート×ベージュカーディガン×ダークブラウンニット

スカート(三喜商事〈ストラネス〉)、カーディガン(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、ニット(三喜商事〈ストラネス〉)、ペンダント・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
カーディガン(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、ニット(三喜商事〈ストラネス〉)、スカート(三喜商事〈ストラネス〉)、ペンダント・バングル・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ストレートスカート×ロングブーツ2パターン目。ソフトな羊革のレザータイトスカートに、マットなフラノ生地のロングブーツを合わせた、レザーの質感MIXが楽しめるコーディネートです。ダークブラウンでシャープにまとめたインナーに、グレージュのロングカーディガンが自然体のこなれ感を与えて。

【6】ツイードスカート×黒ブルゾン×黒ニット

スカート(アマン〈アンスクリア〉)、ブルゾン(トラデュイール)、ニット(三喜商事〈ストラネス〉)、ペンダント(MOGA)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
スカート(アマン〈アンスクリア〉)、ブルゾン(トラデュイール)、ニット(三喜商事〈ストラネス〉)、ペンダント(MOGA)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ロングのふんわりスカートにショートブーツを合わせた、フェミニンなコーディネート。主役のスカートは両サイドに深いタックの入ったボリュームあるAラインを選択。表面に凹凸のあるモノトーンツイードに、すそのフリンジが可憐な雰囲気を演出しています。このスカートのボリュームシルエットを生かすなら、トップスはコンパクトが条件。ショート丈のレザーブルゾンで、かっこよくてかわいい女を目指して!

【7】白レーススカート×ピンクマント×白ニット

ダブルフェースカシミアのマント『ジーン』・スカート(オールウェイズ〈MIKAKONAKAMURA〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、ピアス・バングル・リング(ラリック ジャパン)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ダブルフェースカシミヤのマント『ジーン』・スカート(オールウェイズ〈MIKAKONAKAMURA〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、ピアス・バングル・リング(ラリック ジャパン)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

量感たっぷりの贅沢なマントなら、最愛の洗練色を全身にまとってインパクトのある装いがかなう。マントはもともと、格の高さや知性を象徴するもの。秋の薄手タートルニット&レースのロングスカートスタイルにも、さらりとまとうだけでクラス感がアップして。

【8】グレースカート×グレーニット

ニット・スカート(マックスマーラ ジャパン〈スポーツマックス〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ニット・スカート(マックスマーラ ジャパン〈スポーツマックス〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

グレーのニット&スカートに、ディープブルーのトリミングが施された好感度の高いリラックススタイル。普段はシックカラーが定番という人も、こんな美しいディープブルーなら、差し色に挑戦しやすい。ブルーのトリミング使いが、上品なグレーのニットのセットアップに、スポーティな軽やかさを演出。足元にも深いブルーをリフレインしたら、バッグにはあえて上質なグレーを。

【9】柄ハイウエストスカート×ネイビーブラウス

スカート(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ブラウス(デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店〈デザインワークス〉)、ピアス・ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、バングル(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴※2月上旬発売予定(カオス丸の内〈カオス〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ブラウス(デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店〈デザインワークス〉)、スカート(サン・フレール〈レ・コパン〉)、ピアス・ネックレス(アルテミス・ジョイエリ)、バングル(チェルキ〈ギャレッタ〉)、バッグ(アマン〈ザネラート〉)、靴(カオス丸の内〈カオス〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

凛としたⅠラインシルエットが基本のタイトスカート。そこには、動きや外しといった意外性をトッピングし、リラックスしたエレガンスや、おしゃれ経験値の高さを感じさせるのが大人の流儀です。たとえばブラウスには、ボリュームスリーブを選択。手元にエアリーなニュアンスを授けることで、仕草まで華やぎ、格別な個性を感じさせるのです。このコーディネートの場合、スカートと色トーン調を合わせた靴とバッグをちりばめ、統一感を出しつつ、インパクトデザインのジュエリーで、華やかなメリハリを出しています。

【10】ライトグレーハイウエストスカート×グレージャケット×黒ブラウス

スカート(ebure)、ブラウス(レキップ)、ジャケット(ADORE)、ピアス・ネックレス・バングル(モーブッサン ジャパン)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ブラウス(レキップ)、スカート(ebure)、ジャケット(ADORE)、ピアス・ネックレス・バングル(モーブッサン ジャパン)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

黒のバンドカラーブラウスと澄んだグレーのハイウエスト・スカート。クールトーンの旬アイテムで仕上げた進化系ベーシックです。ブラウスのとろみとレザーのシャープな質感が、オフィスで浮かない凛とした色香を醸し出します。淡色のハンドバッグとスプリングツイードジャケットで、軽やかな気品も忘れずに!

秋の大人ロングスカートコーデ


【1】白ロングスカート×グレーニット

ニット・スカート(アストラット 新宿店〈アストラット〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブラミンク〈フラテッリジャコメッティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット・スカート(アストラット 新宿店〈アストラット〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブラミンク〈フラテッリジャコメッティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ボトルネックのざっくりとしたウールニットは、腰巻き風のデザインがアクセントになり、一枚で旬のおしゃれへと導いてくれます。落ち着いたチャコールグレーのニットには、やわらかな色味のプリーツスカートを合わせて、軽快に仕上げて。ジュエリーを控えたぶん、チェーンバッグで艶めきをプラス。

【2】グリーンロングスカート×グリーンニット

ブーツ『メリッサ』(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)、ウールのニット・スカート(ストラスブルゴ〈パルトウ〉)、バングル(ポアレジャパン〈オーレリ ビデルマン〉)、ミリタリーグリーンのバッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ブーツ『メリッサ』(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)、ウールのニット・スカート(ストラスブルゴ〈パルトウ〉)、バングル(ポアレジャパン〈オーレリ ビデルマン〉)、ミリタリーグリーンのバッグ(ヴァレクストラ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

爽やかなグリーンのワントーンコーディネートに、洗練されたキャメルのロングブーツが今どきの存在感を与える着こなし。ミディ丈のスカートが増えた今、中途半端に脚がのぞくミドルブーツより、ロングブーツを合わせるほうがエレガントです。

【3】グレーロングスカート×グレージャケット×グレートップス

ジャケット・スカート・トップス・バッグ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス・リング(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ジャケット・スカート・トップス・バッグ・靴(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス・リング(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

今季注目のヒップラインにかかる長めのジャケットを、チェックプリント地にチュールが重ねられたスカートと。着こなしをドラマティックに見せると注目のチュールスカートも、ボリュームを抑えたこんな一着なら、大人顔。重くなりがちな秋の装いを、軽やかに見せてくれます。

【4】グレーロングスカート×グレーニット

スカート・ニット(ebure)、ピアス・バングル(チェリーブラウン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
スカート・ニット(ebure)、ピアス・バングル(チェリーブラウン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

リバーレース生地本来の美しさを生かした、洗練デザインのマキシ丈スカートを主役に、すそが大胆に開いて動きやすいトップスを合わせたスタイリング。

【5】カーキロングスカート×アップルグリーンニット×カーキシャツ

シャツ・スカート(エストネーション)ニット(ロンハーマン)、ピアス・バングル・ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ベルト(コロネット〈エアロン〉)、バッグ(RHC ロンハーマン〈KAYU〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
シャツ・スカート(エストネーション)ニット(ロンハーマン)、ピアス・バングル・ブレスレット・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ベルト(コロネット〈エアロン〉)、バッグ(RHC ロンハーマン〈KAYU〉)、靴(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ロンハーマンらしいカジュアル感とこなれ感のあるカーキの上下に、フレッシュなグリーンをニット、バッグ、靴でちりばめた「カーキ×グリーン」のグラデーションコーディネート。仕上げには、ゴールドジュエリーをたっぷりと重ねづけ。

【6】黒ロングスカート×黒ニット

ニット(クルチアーニ 銀座店)、スカート(マディソンブルー)、カフス(wb)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年
ニット(クルチアーニ 銀座店)、スカート(マディソンブルー)、カフス(wb)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、サングラス(プロポデザイン〈プロポ〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious2月号』小学館、2019年

素材ミックスで緩急をつけたオールブラックの装いに、ブレスレットのように付けられるファーのカフスをトッピング。手元が華やぐうえ、手首がしっかり温まるのもうれしいポイントです。

【7】グレーロングスカート×キャメルコート×グレーニット

コート(ロエベ ジャパン)、ニット(スローン)、スカート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(ロエベ ジャパン)、ニット(スローン)、スカート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(エリオポール代官山〈サルトル〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

オーバーサイズコートにタートルネックニットとプリーツスカートを合わせた、鮮度の高いトラッドスタイル。知的なたおやかさを表現できるグレー×ブラウンの色合わせは好感度の高い、ウォームリッチな配色です。

【8】ベージュロングスカート×ベージュトップス

スカート・トップス・腰に巻いたスカーフ・バッグ・靴(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレフェラガモ〉)、ピアス・リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
トップス・スカート・腰に巻いたスカーフ・バッグ・靴(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレフェラガモ〉)、ピアス・リング(ダミアーニ 銀座タワー) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

優しく繊細なムードが人気のワントーンコーディネート。全身の色味を統一するからこそ、どこかに必ず素材に表情のあるアイテムを投入するのが成功の秘訣です。このヌバックレザーのセットアップを使ったコーディネートでは、表革のブーツやバッグを選び、シルクのスカーフをあしらう攻めの素材ミックスで、コーディネートにメリハリを加えました。

【9】黒ロングスカート×黒シャツ

シャツ ·スカート(マディソンブルー)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、ヒロタカのピアス· マリハのリング(showroom SESSION)、バッグ(RHC ロンハーマン〈ドラゴン〉)、靴(コンバース) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年
シャツ ·スカート(マディソンブルー)、サングラス(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)、ヒロタカのピアス· マリハのリング(showroom SESSION)、バッグ(RHC ロンハーマン〈ドラゴン〉)、靴(コンバース) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious9月号』小学館、2018年

ワンピース感覚で楽しめる、シャツとサーキュラースカートのコンビは、簡単にセンスアップがかなう頼もしい存在。エアリーに編み上げられた、細番手のウール素材で、風になびくほどの軽やかさ。厚みのあるボタンや、ハイカットのスニーカーなど、白を効果的に効かせることで、ハッとするほどおしゃれに。

【10】グレーロングスカート×グレージレ×グレーニット

前がフォックスファーで後ろ身ごろが薄いムートン素材のジレ(ストラスブルゴ〈マンツォーニ24〉)、カシミアのタートルニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉)、スカート(ebure)、ピアス(エストネーション〈ガラ イズ ラブ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)70 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年
前がフォックスファーで後ろ身ごろが薄いムートン素材のジレ(ストラスブルゴ〈マンツォーニ24〉)、カシミヤのタートルニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉)、スカート(ebure)、ピアス(エストネーション〈ガラ イズ ラブ〉)、バッグ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO)70 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

優しいグレージュのフォックスファーをたっぷりあしらったジレを主役に。コーディネートのトーンはそろえて、グレーでほんの少し色をずらすだけ。でも異素材の質感はドラマティックに変えるのがポイント。プリーツスカートのしなやかさと、ファーのふんわり感の差が、それぞれの魅力を際立たせ、贅沢なグレージュ・グラデーションが実現します。

秋の大人プリーツスカートコーデ


【1】グレープリーツスカート×白コート×キャメルニット

コート・ニット・スカート(ebure)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ザンケッティ〉) その他 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート・ニット・スカート(ebure)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ザンケッティ〉) その他 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ニュアンスホワイトのオーバーサイズコートに、チェック柄のプリーツスカートとタートルネックニットを合わせた、コートが主役のスタイリングです。コートのベルトをきゅっと結ぶと、ショールカラーを中心に自然とドレープが寄って、凛とした印象のすらりと縦長のシルエットに。

【2】ドットプリーツスカート×黒ニット

ニット・シャツ・スカート・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット・シャツ・スカート・靴(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

たっぷりとしたタートルネックニットにシャツをIN、おしゃれ心を満たす、繊細なレースをあしらったドット柄スカートを合わせたス大輪ング。履き口浅めのポインテッドトウパンプスで、セクシーさを加えて。パンプスには、やわらかな手触りのスエードに「DG」のレタリングを模した、芸術的なデコレーションロゴがトッピングされています。

【3】ネイビープリーツスカート×ネイビーシャツ

靴(トッズ・ジャパン)、シャツ(ADORE)、スカート(サン・フレール〈エルマンノ エルマンノ シェルヴィーノ〉)、ピアス・ネックレス・リング(ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
シャツ(ADORE)、スカート(サン・フレール〈エルマンノ エルマンノ シェルヴィーノ〉)、ピアス・ネックレス・リング(ブランイリス エストネーション六本木ヒルズ店)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ロングのプリーツスカートに、すそにふくらみのある女性らしいシャツを合わせた、ワントーンコーディネート。足元のチャンキーヒールパンプスは、キャサリン妃も愛用するトッズの人気モデル。スエード素材の深みのあるボトルグリーンが、季節感を演出。ネイビーとのダークトーン配色が、フェミニンな着こなしをきりりと引き締めています。

【4】グレープリーツスカート×カーキブラウス

シャツ(マディソンブルー)、スカート(ブラミンク〈ブラミンク〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ストール(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉)、バッグ(ユナイテッドアローズ 銀座店〈スーザン サツマリー〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
シャツ(マディソンブルー)、スカート(ブラミンク〈ブラミンク〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ストール(リーミルズ エージェンシー〈ジョンストンズ〉)、バッグ(ユナイテッドアローズ 銀座店〈スーザン サツマリー〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

深みのあるカーキのシャツと、ボックスプリーツのロングスカートに、艶のあるロングブーツ&小型のポシェットをを合わせた辛口で女らしいコーディネート。ティファニーの大ぶりなジュエリーがシャープ感を高めています。なめらかなウールのシャツとクラシカルなプリーツスカートで好感度の高い、上品なトラッドを楽しんで。

【5】キャメルプリーツスカート×白ニット

スカート(コロネット〈エアロン〉)、ニット(アマン〈アンスクリア〉)、チョーカー・ブレスレット・リング(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(Theory luxe) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
スカート(コロネット〈エアロン〉)、ニット(アマン〈アンスクリア〉)、チョーカー・ブレスレット・リング(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(Theory luxe) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

部分的にプリーツを入れたボリュームあるふんわりスカートを主役に、コットンリブのVネックニットとショートブーツを合わせたコーディネート。ニットの肩とひじに当て布をした遊びのあるデザインが、明るくナチュラルなカジュアルを印象づけています。

ショートブーツは足首がきゅっと締まった華奢なミドルヒールを選び、ロングスカートとの隙間は、靴と同系色の透け感のあるタイツやストッキングでつなぐと、うまくいきます。

【6】ベージュプリーツスカート×黒ブラウス

スカート・ブラウス(ブラミンク)、ベルト(ユグランス〈ヴァネッサブリューノ〉)、リング(ラリック ジャパン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ブラウス・スカート(ブラミンク)、ベルト(ユグランス〈ヴァネッサブリューノ〉)、リング(ラリック ジャパン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

いい女に見せる方程式である「ボウタイ×端正プリーツスカート」の組み合わせ。トップスから小物まで、すべて黒で統一。このカラーリングが、カーキがかったふんわりスカートのベージュを、シックに大人っぽく引き立てます。足元はブーティ風のブーツで繊細に。

【7】黒プリーツスカート×グレージャケット×パープルブラウス

ジャケット(チェルキ〈ステファノ〉)、ブラウス(三喜商事〈ストラネス〉)スカート(MOGA)、ベルト(wb)、バッグ・靴(JI MMY CHOO)、バングル(ポアレ ジャポン〈オーレリー ビデルマン〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ジャケット(チェルキ〈ステファノ〉)、ブラウス(三喜商事〈ストラネス〉)スカート(MOGA)、ベルト(wb)、バッグ・靴(JI MMY CHOO)、バングル(ポアレ ジャポン〈オーレリー ビデルマン〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

本格的なメンズを思わせるていねいな仕立てと端正なチャコールグレーが魅力のテーラードジャケットを主役にした、いい女に見えるベーシックコーディネートです。

メンズライクなジャケットとフェミニンなプリーツスカートをつなぐのは、ジャケットの上から締めたオーバーベルト。視線が上に行き、ボリュームボトムもバランスよく着こなせます。華奢なヒールのショートブーツは、プリーツスカートとも相性抜群。

【8】白プリーツスカート×グレージャケット×白ニット

ジャケット・スカート・バッグ・靴・ニット(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ジャケット・スカート・バッグ・靴・ニット(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

歩くたびにリズミカルに揺れるプリーツスカートが、男前なジャケットの緊張感を和らげる甘辛バランスが新鮮なコーディネート。主役のジャケットはミディアムグレーの細かいチェックが、マニッシュな魅力を演出。ウエストを絞らないボックスシルエットだから、ボタンを留めずに着こなしたい。足元はあえて重めのショートブーツが旬のバランス。

【9】グレープリーツスカート×白ブラウス

ブラウス(チェルキ〈ソフィエ〉)、スカート(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(アマン〈ペリーコ〉 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ブラウス(チェルキ〈ソフィエ〉)、スカート(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、ピアス・ネックレス・ブレスレット・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(アマン〈ペリーコ〉 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious9月号』小学館、2019年

色味を抑えても、ハッとするほどドラマティックな華やかさを備えたプリーツスカートで、グレーの装いを躍動的に見せることに成功したコーディネート。トップグレーのブラウスと合わせるだけで、しなやかな女らしさが演出できるのも便利。通勤に履き心地のいいペリーコのヒール靴を合わせれば、アクティブでいて大人なオフィス・スタイルが叶います。ジミーチュウのシャイニーバッグが小粋に効いて。

【10】ピンクベージュプリーツスカート×白ニット

スニーカー・バッグ(トッズ・ジャパン)ストール(チェルキ〈カングラ〉)、ニット(トラデュイール)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)サングラス(アイヴァン)ピアス・バングル(ザ・ショーケース バイ デルパン GINZA SIX店〈アイアム バイ イレアナ・マクリ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ニット(トラデュイール)、スカート(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、スニーカー・バッグ(トッズ・ジャパン)、ストール(チェルキ〈カングラ〉)、サングラス(アイヴァン)、ピアス・バングル(ザ・ショーケース バイ デルパン GINZA SIX店〈アイアム バイ イレアナ・マクリ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

淡いアプリコットのロングスカートに、やわらかな白のニット&ストールがとろけるフェミニンなコーディネート。スニーカーでカジュアルに、大人かわいく仕上げたい。ピンクベージュの繊細なカットワークレザーのトッズのスニーカーで、ラグジュアリーな外しを。

秋の大人スカートコーデの関連記事