パリで創業してから1世紀以上。19世紀初頭にモローとして誕生し、2011年に新しいクリエイティブ・ディレクターによって再生を果たしたMOREAU PARIS(モロー・パリ)。

以前と同じく「メイド・イン・フランス」で職人の手作業にこだわる一方、現代女性のニーズに応えて、さらなる「機能性の中の美」を追求。使いやすく美しいバッグがそろいます。

今回は、期間限定ショップで注目すべき4つのアイテムにフォーカス。それぞれに宿るクラフツマンシップとエレガンスに迫ります。

伝統と革新を併せもった「機能性の中の美」、モロー・パリの本質を体感できる期間限定ショップがオープン

バッグ_1,ファッションニュース_1
パリの店舗をイメージして、ブランドカラーのモローブルーことロイヤルブルーを配した期間限定ショップ

2019年9月25日(水)〜10月29日(火)までGINZA SIX(ギンザシックス)3階で開催中の期間限定ショップは、パリの店舗をイメージした空間に。ブランドカラーの「モロー・ブルー」こと、ロイヤルブルーのウォール&フロアが目印です。

バッグ_2,ファッションニュース_2
パリから取り寄せた、モロー時代のアンティークトランク

アンティークのトランクや椅子、サイドテーブルが、美しいモロー・ブルーに映えています。

バッグ_3,ファッションニュース_3
カラーバリエーション豊富な「VINCENNES(ヴァンセンヌ)」

ショップ内にはアイコンバッグ「ブレガンソン」をはじめとするバッグからスモールレザーグッズまで、幅広い商品がラインアップ。

バッグ_4,ファッションニュース_4
ウォレットや名刺入れは、ポケットから取り出しやすいように角を取っているのがポイント。使いやすさを追求したデザインです

なかでも今回は、限定アイテムを含め、特に注目したいバッグをご紹介します。

ここでしか買えない限定品から秋の新作まで、贅沢なラインナップに注目!

■1:10点のみの販売されるエクスクルーシブな新作!驚くほど軽い「セレスタン」の限定カラーが登場

バッグ_5,ファッションニュース_5
ラック手前が限定カラーのブラック(本体)×シルバー(パイピング)。バッグ 「Celestins(セレスタン)」¥120,000 [縦26×横32×マチ15㎝]

まずご紹介したいのは、ここでしか手に入らない限定「セレスタン」。レザーを得意とするモロー・パリですが、こちらは軽さと耐久性を追求したジャカード織のトートバッグ。バッグの全ラインアップのなかで、最も軽量なうえ、フッ素樹脂加工が施され、表面も内側にも撥水性のある機能的なバッグとなっています。

バッグ_8,ファッションニュース_8
荷物が少ない時は、サイドのストラップを結んでよりコンパクトに。持ち物が丸見えになってしまうのを防ぐことができます。

オンにもオフにも活用できると評判の「セレスタン」のなかでも、人気のブラックをアレンジしたのが、今回の限定アイテム。ブラックの生地に対し、通常はハンドルとパイピングにもブラックを配しますが、こちらはパイピングにシルバーを使用。より華やかな印象です。

バッグ_6,ファッションニュース_6
華やかで、かつ軽やかなシルバーのパイピング

「セレスタン」の内側は使うたびに気分が上がる鮮やかな「モロー・ブルー」。両サイドのストラップを結べば、よりコンパクトにすることができます。

バッグ_7,ファッションニュース_7
内側にはブランドカラーのロイヤルブルーを配して

争奪戦必至の「セレスタン」限定カラーは、なんと10個限り。気になる方はぜひお早めに!

仕様メモ
・両サイドに結ぶタイプのストラップつき

■2:凝縮された機能性に脱帽!モロー・パリ初のウォレットバッグ「ベルコート」は大人女性の決定版

財布_1,バッグ_9,ファッションニュース_9
ウォレットバッグ 「BELLECOTE(ベルコート)」 各¥190,000 [縦16×横22×マチ4㎝]

続いてご紹介するのは、2019年秋冬の新作として登場したモロー・パリ初のウォレットバッグ。ブランドのアイコンであるモロープリントと、モローのロゴをあしらった、メタルパーツが象徴的なデザインです。

財布_2,バッグ_10,ファッションニュース_10
フランスの伝統的な柳編みに着想を得たモロープリントには、1882年に店舗を構えたパリ・サントノーレ通りの住所が記されています。「MOREAU」をグラフィカルにデザインしたロゴのメタルパーツの留め具がアクセントに。

美しいデザインに加えて、特筆すべきはコンパクトなサイズに凝縮された機能性の高さ! 内側にはカードスロットにジップポケット、フラットポケットを備えているほか、背面にもポケットつき。また、動くたびにきらきらと輝くチェーンは取り外しも可能。肩掛け、クロスボディー、クラッチと3WAYで活用することができます。

財布_3,バッグ_11,ファッションニュース_11
内側に配したのはモロー・ブルーのレザー。閉じても開けてもエレガントです。

コインやカード類のほか、スマートフォンが楽に入るサイズなのもうれしいですね。ドレスアップの仕上げにはもちろん、これひとつでちょっとしたお出かけがかなう、「大人の女性のためのウォレットバッグ決定版」といえる一品です。

仕様メモ
・カードスロット8
・インナージップポケット1
・インナーフラットポケット2
・バックポケット1
・取り外し可能なチェーンストラップつき

■3:使い勝手のよいサイズに、抜群の収納力を備えた「サヴォワ 30」はビジネスシーンにも最適

バッグ_12,ファッションニュース_12
左から バッグ 「Savoie 30(サヴォワ 30)」(プリント入り)¥310,000・(無地)¥290,000 [縦20×横30×マチ10㎝]

「ベルコート」と同じく秋冬の新作からおすすめしたいのが、ミニボストン型の「サヴォワ 30(サーティー)」。発売以来、使い勝手のよいサイズと、抜群の収納力がキャリア女性やマダムの支持を受け、本国でも日本でもヒット中のバッグです。

バッグ_13,ファッションニュース_13
「サヴォワ 30」も内側はモロー・ブルーのレザー。内側の片方にはヴィンテージトランクに使われていたブランドマーク、もう片方にはブランドロゴが箔押しされています。

少し長めで肩に掛けやすいハンドルと、しっかりとったマチが使いやすさの秘密。持ちやすくて収納力のある、オンにもオフにも対応してくれるバッグです。メンズライクになりがちなボストン形ですが、丸みを帯びたシルエットで、スーツやパンツスタイルでもやわらかい印象に仕上げてくれます。

バッグ_14,ファッションニュース_14
厚さ2mm以上のレザーを数枚重ねて使用するため、太い糸を使って大きめのステッチで縫い上げます。このステッチと美しく磨き上げたコバこそ、手作業の賜物。

トランクに着想を得た可動式のハンドル、熟練の職人にしかできないハンドステッチ、上質なレザー。一見シンプルなようで、「サヴォワ 30」にはモロー・パリがならではの特徴が凝縮されています。底鋲つきで底が汚れにくく、美しく自立するのもポイントです。

バッグ_15,ファッションニュース_15
スムーズに開け締めできるよう計算されたファスナー

「機能性の中の美」を掲げ、使い心地のよさを追求するモロー・パリはすべてにおいて手抜きなし。メタルパーツも日々改良を続けています。「サヴォワ 30」のファスナーは、なめらかで触り心地がよく、開閉もなめらか。細部に至るまでこだわりが光ります。

「サヴォワ 30」は、モロープリントの柄タイプと無地の2種類。シックな無地をオン、ぱっと目を引く柄物をオフと、タイプ違いでそろえるのもおすすめです。

仕様メモ
・インナーフラットポケット1

■4:ころんとキュートなフォルムに、メゾンならではの職人技が凝縮した「ヴィコント BB」

バッグ_16,ファッションニュース_16
バッグ 「Vicomte BB(ヴィコント BB)」 各¥340,000 [縦17×横16.5×マチ5㎝]

フランス語で「子爵」を表す「ヴィコント」。モロー・パリでは、メンズのブリーフケースシリーズにその名前を冠しています。メンズの人気シリーズから派生したキュートなミニサイズバッグがこちらの「ヴィコント BB(べべ)」。

ころんとしたシルエットが愛らしいバッグですが、ハンドルや四隅の補強部分など全面に施されたハンドステッチや丁寧なコバ処理をはじめ、熟練の職人技が息づくつくり。底鋲やパドロックといったメンズ仕様のディテールも、このシリーズならではです。

バッグ_17,ファッションニュース_17
「サヴォワ 30」と同じく、内側はモロー・ブルーのレザー。こちらも内側の片方にはヴィンテージトランクに使われていたブランドマーク、もう片方にはブランドロゴが箔押しされています。

マルチカラーやビビッドカラーの単色も多く展開しており、着こなしのポイントにぴったり。ミニサイズながらマチがあり収納力も優秀なので、ウィークエンドのお出かけや旅のサブバッグに最適です。

バッグ_18,ファッションニュース_18
ハンドルと同じ素材・色のショルダーストラップつき。「サヴォワ 30」と同じく、底鋲つきでハンドルは可動式。ハンドルは収納の際、下にずらしてよりコンパクトにすることができます。

付属ストラップで肩掛けやクロスボディーにすることも可能。肩に食い込みにくいやや太めのデザインです。モロー・パリのなかでウォレットバッグの「ベルコート」に次いで小さなバッグながら、ブランドを象徴する職人技を凝縮したバッグ。デザイン性とクラフツマンシップ、どちらも堪能できるシリーズです。

仕様メモ
・取り外し可能なチェーンストラップつき


今回は、2019年9月25日(水)〜10月29日(火)までGINZA SIXで開催されているモロー・パリの期間限定ショップから、特に注目したいバッグを4タイプご紹介しました。

ショップ内にはこのほかにも、定番と新作が勢ぞろい。イニシャルやラインのハンドペイントなど、アイテムによってカスタムオーダーすることもできます。ブランドの世界観が堪能できるこの機会を、ぜひお見逃しなく!

バッグ_19,ファッションニュース_19
ショップ内にディスプレイされたレザー見本。アイコンバッグ「ブレガンソン」と「ヴァンセンヌ」は、バッグ本体やハンドルなど、パーツごとに素材や色を変えることができるパーソナルオーダーも可能です。
ショップ_1,ファッションニュース_20
イベント会場

※掲載した商品はすべて税抜です。

【期間限定ショップ「モロー・パリ」詳細】

場所/GINZA SIX 3階
期間/2019年9月25日(水)~10月29日(火)
住所/東京都中央区銀座6-10-1

 

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
大槻誠一
WRITING :
門前直子
EDIT :
石原あや乃