ファッションジャーナリスト・藤岡篤子さんが、現在開催されている2020年SSのコレクション会場で見つけた、おしゃれなファッショニスタをご紹介する企画。本日は、パリ コレクション DAY2の様子をお届けします。

パリコレ2日目も、ラグジュアリーブランドのショーや展示会が目白押し

ciao、藤岡篤子です。

HERMÈS(エルメス)の靴の展示会や、DRIES VAN NOTEN(ドリス バン ノッテン)、ROCHAS(ロシャス)など、今日も素敵なコレクションが続きます。

新進気鋭のデザイナーが率いるGUY LAROCHE(ギ ラロッシュ)の会場に、オシャレさんが集結!

今シーズン注目度の高かったGUY LAROCHE(ギ ラロッシュ)のコレクションを見ようと、ヴァンドーム広場の一角に華やかな人々が集結。前シーズンに新進気鋭のデザイナーを据え話題になったブランドだけあって、ひときわオシャレなギャラリーたちが、目を引きました。そのなかにいたおしゃれなマダムたちをSNAPさせていただきました。

■1:「大ぶりのアクセサリー」で渋色に華やぎを添えた美女

コレクション_1,ファッションニュース_1,パリ_1
素敵にコートを着こなしていた美女

まずは、オリーブグリーンのコートをまとったこちらの美女。7分丈の袖からボーダーのセーターをバランス良くチラ見せし、アクセントにするという、上級技を披露! 渋い秋色の着こなしですが、リズミカルなボーダーが、カジュアルな軽さを演出しています。

今年、すごく見かける、太チェーンのネックレスと大ぶりのイヤリングが、着こなしのポイントです。

■2:お洒落で目立っていたふたり組

コレクション_2,ファッションニュース_2,パリ_2
ひときわ目を引くオシャレなヤングたちをキャッチ

ジャカードの華やかなコートもなかなかかっこ良いですが、白いデザインブラウスと、ブラックデニムの裾をロールアップして、足首を見せた軽やかなバランスが絶妙ですね。ロマンティックを、甘くなりすぎず、着こなしています。ヘヤーバンドやカチューシャは、今季の必須アクセサリーです。

本日のファッションクイーンは…このふたり組!

コレクション_3,ファッションニュース_3,パリ_3
トレンドカラーを巧みに操ったキュートすぎるヤングたち

でもこの2人が、抜群にスタイリッシュでしたね! パンツは短く軽やかに履き、トップスは冬素材でオーバーサイズをゆるっと着こなし、足元は、黒の編上げの短ブーツ、白の甲の深いヒール。秋に白の靴なんて、素敵〜。かなりのお洒落上級者と見ました。

なにしろこのふたり、カラーコーディネートが、とても洗練されているのです。トレンドカラーのアイボリーやベージュにサンドカラーやエクリュという、白からベージュの同系色で、すべてのアイテムをまとめていて、まさにこの秋いちばんの「トータルカラー・コーディネート」を体現して見せてくれました。

あ〜時間があるなら、もっといっぱい素敵な女性達をご紹介したいなぁ。なんて思いつつ…。明日のスナップも楽しみにしていてくださいね!


以上、藤岡篤子さんが現在開催中の2020年のSSコレクション会場で見つけた、おしゃれなファッショニスタをリアルタイムでご紹介する企画、パリ編2日目でした。

なお、藤岡篤子さんのインスタグラム(@fiorinatokyo)でも2020年SSコレクションの様子が投稿されていますので、そちらも合わせてごらんいただければと思います。

この記事の執筆者
1987年、国際羊毛事務局婦人服ディレクターとしてジャパンウールコレクションをプロデュース。退任後パリ、ミラノ、ロンドン、マドリードなど世界のコレクションを取材開始。朝日、毎日、日経など新聞でコレクション情報を掲載。女性誌にもソーシャライツやブランドストーリーなどを連載。2000年より情報用語辞典『イミダス』でファッション分野を執筆。毎シーズン2回開催するコレクショントレンドセミナーは、日本最大の来場者数を誇る。好きなもの:ワンピースドレス、タイトスカート、映画『男と女』のアナーク・エーメ、映画『ワイルドバンチ』のウォーレン・オーツ、村上春樹、須賀敦子、山田詠美、トム・フォード、沢木耕太郎の映画評論、アーネスト・ヘミングウエイの『エデンの園』、フランソワーズ ・サガン、キース・リチャーズ、ミウッチャ・プラダ、シャンパン、ワインは“ジンファンデル”、福島屋、自転車、海沿いの家、犬、パリ、ロンドンのウェイトローズ(スーパー)
WRITING :
藤岡篤子
EDIT :
石原あや乃