ファッションジャーナリスト・藤岡篤子さんが、現在開催されている2020年SSのコレクション会場で見つけた、おしゃれなファッショニスタをご紹介する企画。本日は、パリ コレクション DAY3の様子をお届けします。

パリコレ3日目は、心踊る展示会が盛りだくさん!

ciao、藤岡篤子です。

本日は、SAINT LAURENT(サンローラン)の展示会からROGER VIVIER(ロジェ ヴィヴィエ)の展示会と、朝から駆け足で展示会回りからスタート。

ショーを見るだけではわからないこともたくさんあるので、実際手に取ってショールックを見ることができる現地での展示会は、とても重要です。

毎回ゴージャスな演出にワクワクするのは、ロジェ ヴィヴィエの展示会

コレクション_1,ファッションニュース_1,パリ_1
ロジェ ヴィヴィエの受付の、ゴージャスなマダム

フランスのラグジュアリーブランド、ロジェ ヴィヴィエは、シーズン毎のゴージャスな発表会になります! 高級住宅街の中にある館に入ると、何と! こんなにも色っぽい受け付けの女性が出迎えてくれました。クラクラしそうです。

各お部屋に別れて靴の展示がされているのですが、お部屋事にストーリーがあり、いろいろな職業の女性たちが、出番の準備をしているという演出になっていました。

コレクション_2,ファッションニュース_2,パリ_2
バレリーナ
コレクション_3,ファッションニュース_3,パリ_3
チアリーダー
コレクション_4,ファッションニュース_4,パリ_4
ミス ヴィヴィエ
コレクション_5,ファッションニュース_5,パリ_5
Marlene Dietrich(マレーネ・ディートリヒ)
コレクション_6,ファッションニュース_6,パリ_6
Jacqueline Kennedy Onassis(ジャクリーン・ケネディ・オナシス)
コレクション_7,ファッションニュース_7,パリ_7
Josephine Baker(ジョセフィン・ベイカー)

チアリーダーやバレリーナから、懐かしのMarlene Dietrich(マレーネ・ディートリヒ)、Jacqueline Kennedy Onassis(ジャクリーン・ケネディ・オナシス)、Josephine Baker(ジョセフィン・ベイカー)まで、時代を超えた象徴的な女性たちがズラリ! もちろん足元にはロジェ ヴィヴィエの靴が。

コレクション_8,ファッションニュース_8,パリ_8
ロジェ ヴィヴィエの2020年SS 、靴の新作コレクション

まるでジュエリーのような装飾的な靴が並び、生活シーンの広い服飾文化を考えさせます。

コレクション_9,ファッションニュース_9,パリ_9
ロジェ ヴィヴィエの2020年SS 、バッグの新作コレクション

クラッチバッグなど、パーティシーンを思わせる、ため息が出るほどゴージャスなものも出展されていました。これらはいつ日本に入ってくるのか…楽しみでなりませんね。

「オールホワイトコーデ」で洗練された、イネス・ド・ラ・フレサンジュをキャッチ!

コレクション_10,ファッションニュース_10,パリ_10,セレブ_1
アンバサダーのInès de la Fressange(イネス・ド・ラ・フレサンジュ)

館の中庭に出ると、パーティ会場になって、ばったりお目にかかったのが、アンバサダーのInès de la Fressange(イネス・ド・ラ・フレサンジュ)。気取りのないチャーミングな笑顔がとても素敵。いつも親しくお話いただいて、今日は「私の展示会にも来て」と招待状をいただきました。

コレクション_11,ファッションニュース_11,パリ_11,セレブ_2
パリジェンヌらしい洗練された着こなし

白のコーデュロイのパンツスーツが、とびきり映えています。背の高いイネスが着ると、さすが元トップモデルの貫禄が!

ウインターホワイトのスーツなんて、なかなか、着こなせませんが、コーデュロイのカジュアルさも手伝って、 「白のスーツ着たいなぁ」と思ってしまいました。ロジェ ヴィヴィエのバッグを無造作にクロスボディーでスタイリングしているのも、さすがです。

カジュアルな雰囲気づくりには、今はクロスボディーバッグの着こなしは欠かせませんね。

人気インフルエンサーも「オールホワイトコーデ」で登場

白のトータルコーディネートは旬だなと思っていたら、あらあらなんと人気インフルエンサーのCaroline Daur(カロリーン・ダウアー)も白コーデで登場。

コレクション_12,ファッションニュース_12,パリ_12
人気インフルエンサーのCaroline Daur(カロリーン・ダウアー)

こちらは、白のカシミアコートのなかに、クルーネックセーターとパンツを合わせたミニマルなスタイル。装いはシンプルですが、高級感あふれる素材だからこそホワイトが生きる、大人の「トータルホワイト」の着こなしです。

おふたりとも洗練されていて、本当に素敵ですね。

ゴールドのチェーンネックレスとロジェ ヴィヴィエのレオパード柄の靴がアクセントにになっています。白を着こなすには、フォーマルになり過ぎないように、どこかに、抜け感を作る小物使いが大切ですね!


以上、藤岡篤子さんが現在開催中の2020年のSSコレクション会場で見つけた、おしゃれなファッショニスタをリアルタイムでご紹介する企画、パリコレ編3日目の様子をお届けしました。

なお、藤岡篤子さんのインスタグラム(@fiorinatokyo)でも2020年SSコレクションの様子が投稿されていますので、そちらも合わせてご覧いただければと思います。

この記事の執筆者
1987年、国際羊毛事務局婦人服ディレクターとしてジャパンウールコレクションをプロデュース。退任後パリ、ミラノ、ロンドン、マドリードなど世界のコレクションを取材開始。朝日、毎日、日経など新聞でコレクション情報を掲載。女性誌にもソーシャライツやブランドストーリーなどを連載。2000年より情報用語辞典『イミダス』でファッション分野を執筆。毎シーズン2回開催するコレクショントレンドセミナーは、日本最大の来場者数を誇る。好きなもの:ワンピースドレス、タイトスカート、映画『男と女』のアナーク・エーメ、映画『ワイルドバンチ』のウォーレン・オーツ、村上春樹、須賀敦子、山田詠美、トム・フォード、沢木耕太郎の映画評論、アーネスト・ヘミングウエイの『エデンの園』、フランソワーズ ・サガン、キース・リチャーズ、ミウッチャ・プラダ、シャンパン、ワインは“ジンファンデル”、福島屋、自転車、海沿いの家、犬、パリ、ロンドンのウェイトローズ(スーパー)
WRITING :
藤岡篤子
EDIT :
石原あや乃