サブリマージュ ル タン ¥16,000(税抜)

気配りの極意とは、気を配っていることを相手に感じさせないことと言いますが、その伝でいけばベースメークの極意とは肌を美しく整えながら、塗っていないように見えること。

ほとんど無理難題ですが、シャネルの『サブリマージュ ル タン』の仕上がりはまさにそう。手鏡をのぞき込んで、ためつすがめつメークの跡を探しても、素肌にしか見えません。

ただ、実際の肌にはない艶に満ちて、きゅっとリフトアップされた印象。さっき自分でメークしたくせに、「私の肌もなかなかのものかも」と自惚れてしまうほどです。これは、エイジングケア成分たっぷりの極上レシピの賜? それともあっという間にファンデーションを肌に溶け込ませ、メーク跡を残さない上質ブラシの神業なのでしょうか。

使用感も、キメひとつひとつをふっくら整えながらべたつかず、塗っていることを忘れさせる軽やかさ。これぞベースメークの極意、としか言いようがありません。

 

■最高峰のエイジングケアライン『サブリマージュ』の美容成分をたっぷりと配合した新作。ダイヤモンドパウダーをカプセルに閉じ込めた特別な粉体が肌の上で美しく反射し、明るさとメリハリをもたらす。

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
近藤須雅子さん 美容エディター
BY :
『Precious10月号』小学館、2016年 / 2017.9.13 更新
多くの媒体で美容記事に携わり、特にスキンケアの知識に定評あり。本質を見抜く審美眼で“美容業界の番人”といわれるほど。 好きなもの:果物なんでも(特にリンゴ。梨は20世紀)、京都、ローリング・ストーンズ、サム・クック、美術館通い、メイシー・グレイ、和裁、筋トレ、ビル・ナイ(『パイレーツ・ロック』『ラブ・アクチュアリー』) 、ティルダ・スウィントン、茶道、文庫本、デパート、編み物、コーヒー 、ヨガ、化粧品、スキー、縫い物
クレジット :
撮影/戸田嘉昭(パイルドライバー) 文/近藤須雅子