大人の白スカートの秋コーデを、ファッション誌『Precious』から集めました。白のロングスカート・フレアスカート・タイトスカートを品よく着こなす、洗練されたコーディネートの数々を参考に、秋のおしゃれも楽しみましょう。

【目次】

秋の白ロングスカートコーデ


【1】黒コート×白ブラウス×白ロングスカート

コート・ブラウス・スカート・バッグ・靴(フェンディ ジャパン)、ピアス(フレッド) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート・ブラウス・スカート・バッグ・靴(フェンディ ジャパン)、ピアス(フレッド) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

一枚仕立てのウールコートは、襟の片側をショールカラーに、もう一方をテーラードカラーにしたアシメトリーデザインが特徴的。シルクブラウスとテクニカル素材のプリーツスカートで質感を変えた白の装いにリッチなブラックが映える、冬の大人フェミニンコーデです。

【2】ライトブルーコート×グレーニット×白ロングスカート

コート・ニット・スカート(ebure)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(ジャンニ キアリーニ 銀座店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート・ニット・スカート(ebure)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(ジャンニ キアリーニ 銀座店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

カシミヤ100%のラグジュアリーなリバー素材で、長く愛用できるようにムダをそぎ落としたebureのコートに、端正なタートルニットとロングスカートを合わせた、清潔感漂うコーディネート。

シンプルを極めながらも、肩を落とした優しげなショルダーラインや、細見え効果を狙った、やや前振りのコクーンシルエットなど、旬も意識したコートのデザインが際立ちます。

【3】グレージャケット×白ニット×白ロングスカート

ジャケット・スカート・バッグ・靴・ニット(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ジャケット・スカート・バッグ・靴・ニット(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

歩くたびにリズミカルに揺れるプリーツスカートが、男前なジャケットの緊張感を和らげる甘辛バランスが新鮮なコーディネート。主役のジャケットはミディアムグレーの細かいチェックが、マニッシュな魅力を演出します。ウエストを絞らないボックスシルエットだから、ボタンを留めずに着こなしたい。足元はあえて重めのショートブーツが旬のバランス。

【4】ネイビージャケット×白ニット×白ロングスカート

ジャケット・ニット・スカート(ebure)、ピアス(ブランドニュース〈リーフェ ジュエリー〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ジャケット・ニット・スカート(ebure)、ピアス(ブランドニュース〈リーフェ ジュエリー〉)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

上質なテキスタイルを扱うイタリア「メンキ」社の、ハリとしなやかさを併せもつリネンのジャケットと、J.M. WESTONの白ローファーというメンズライクな組み合わせに、ロングのプリーツスカートを合わせてフェミニンさを加えた、凛々しいジャケットスタイル。

【5】白ブラウス×白ロングスカート

ボウブラウス・スカート(ザ・ロウ・ジャパン)、ピアス(ミキモト)、 撮影/伊藤彰紀(aosora) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
ボウブラウス・スカート(ザ・ロウ・ジャパン)、ピアス(ミキモト) 撮影/伊藤彰紀(aosora) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

たっぷりとした布あしらいで、しなやかに揺れるブラウス。そして腰位置でていねいにひだを折り重ねた存在感のあるロングスカート。ディテールのすべてがクチュール感覚の優雅さを極める白のワントーンコーディネートです。

秋の白フレアスカートコーデ


【1】グレーニット×白フレアスカート

ブーツ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈サルトル〉)ニット(ムーレー 銀座店〈ムーレー〉)、スカート(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ピアス・バングル・リング(TASAKI)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ニット(ムーレー 銀座店〈ムーレー〉)、スカート(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ピアス・バングル・リング(TASAKI)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、ブーツ(HAUNT代官山/ゲストリスト〈サルトル〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

ひんやりと冷たい風が吹き始めたら、ウールダブルフェースのスカートで、温もり感のある装いに。ミディ丈のAラインスカートに合わせるべきは、人気再燃中の端正なフォルム&ナチュラルな艶が美しい乗馬ブーツ。こっくりとしたコニャック色が、秋のトラッドスタイルに奥行きをもたらします。

【2】グレーニット×白フレアスカート

ニット・スカート(アストラット 新宿店〈アストラット〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブラミンク〈フラテッリジャコメッティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ニット・スカート(アストラット 新宿店〈アストラット〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ブラミンク〈フラテッリジャコメッティ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ボトルネックのざっくりとしたウールニットは、腰巻き風のデザインがアクセントになり、一枚で旬のおしゃれへと導いてくれます。落ち着いたチャコールグレーのニットには、やわらかな色味のプリーツスカートを合わせて、軽快に仕上げて。ジュエリーを控えたぶん、チェーンバッグで艶めきをプラスしましょう。

【3】白ブラウス×白フレアスカート

靴『CAROYNE』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉)、ブラウス・スカート(トリー バーチ ジャパン)、ピアス(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ブラウス・スカート(トリー バーチ ジャパン)、ピアス(ステディ スタディ〈トムウッド〉)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉)、靴『CAROYNE』(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

デコラティブな白ブラウスとミディ丈の白スカートを合わせた、トリー バーチのワントーンコーディネート。ウエストのブルーと呼応した、艶めくブルー系のポルカドットのヒール靴が、白の装いをドラマティックに彩ります。

【4】白シャツ×白フレアスカート

シャツ・タイ・スカート・ペチコート・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/伊藤彰紀(aosora) BY:『Precious1月号』小学館、2019年
シャツ・タイ・スカート・ペチコート・靴(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/伊藤彰紀(aosora) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

シンプルシャツ×フルサークルのロングスカート。だれもが心惹かれる王道のベーシックに、研ぎ澄まされたモード感をブレンドすることで、白はこのうえなく魅力的な装いに。さらにほっそりとマニッシュなブラックタイと、たっぷりとした布あしらいのフェミニンなスカートとの対比も、女性の新しい魅力を引き出します。

【5】ベージュコート×ライトベージュブラウス×白フレアスカート

コート(ドゥロワー 日本橋店〈ドゥロワー〉)、ブラウス(Vince 表参道店)、コートのスカート・ガライズ ラブのピアス(エストネーション)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、バッグ(ジャンニ キアリーニ銀座店〈ジャンニ キアリーニ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年
コート(ドゥロワー 日本橋店〈ドゥロワー〉)、ブラウス(Vince 表参道店)、スカート・ガライズ ラブのピアス(エストネーション)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、バッグ(ジャンニ キアリーニ銀座店〈ジャンニ キアリーニ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

淡い色調のショート丈のミンクファーは、アシメトリーのプリーツスカートなどの、フェミニンスタイルによく似合う冬アウター。洗練されたクリーム配色でまとめたら、モードな香りが漂う大ぶりピアスで、旬のアクセントを。

【6】白コート×白ブラウス×白フレアスカート

コート・ブラウス・スカート・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年
コート・ブラウス・スカート・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・ネックレス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

肌にしっとりと吸い付く、アルパカ・ウールのホワイトコートは、これ以上ないほどの品格が漂って。シルクブラウスやウールのひざ下丈スカートも同トーンの白でまとめて、冬に映えるクリーミー配色を実現。

秋の白タイトスカートコーデ


【1】カーキコート×黒ニット×白タイトスカート

ブーツ『マヘサ』(JIMMY CHOO)、コート・スカート(ブラミンク〈ブラミンク〉)、ニット(デミルクス ビームス新宿〈スローン〉)、ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート・スカート(ブラミンク〈ブラミンク〉)、ニット(デミルクス ビームス新宿〈スローン〉)、ブレスレット・リング(フレッド)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、ブーツ『マヘサ』(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

ウール素材のトレンチコートをはおって、颯爽とした着こなしに。ドライな色味でハンサムな印象のコートだからこそ、足元は安定感のあるヒールのロングブーツでエレガントに。どこかクラシカルなムードが漂う、スクエアトウのフォルムが、端正な印象をもたらします。

【2】ピンクマント×白ニット×白タイトレーススカート

ダブルフェースカシミアのマント『ジーン』・スカート(オールウェイズ〈MIKAKONAKAMURA〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、ピアス・バングル・リング(ラリック ジャパン)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ダブルフェースカシミアのマント『ジーン』・スカート(オールウェイズ〈MIKAKONAKAMURA〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)、ピアス・バングル・リング(ラリック ジャパン)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

最愛の洗練カラー・ベージュをマントで全身に取り入れ、白タートルニットとレーススカートを合わせたコーディネート。マントはもともと格の高さや知性を象徴するもの。秋のニット&スカートスタイルにも、さらりとまとうだけでクラス感がアップして。

【3】グレーニット×白タイトスカート

ニット・スカート・ベルト(ebure)、ペンダント(プレインピープル丸の内〈イムカ ティムカ〉)、バッグ(JIMMYCHOO)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ニット・スカート・ベルト(ebure)、ペンダント(プレインピープル丸の内〈イムカ ティムカ〉)、バッグ(JIMMYCHOO)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

秋のお仕事シーンで活躍するグレーの薄手ニットとスカートの着こなしは、ともすると地味な印象になりがち。アイボリーホワイトを投入したら、グレーの美しさを生かしながらもクリーンで優しい印象に。足元は軽やかなクリア素材×黒のパンプスで引き締めてメリハリを。

【4】白ニット×白タイトスカート

撮影/®Afro BY:『Precious3月号』小学館、2019年
撮影/®Afro BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ミルキーベージュでまとめたハイウエスト・タイトスタイルで優雅なグラマラス感を演出した歌手のジェニファー・ロペスのスナップ。トップスのひじ下に配したミンクファーがリッチな迫力を添えつつ、視線を上に集めるスタイルアップ効果を発揮しています。

【5】ベージュブラウス×白タイトレーススカート

スカート(ADORE)、ブラウス(ルック〈フィラージュ〉)、ピアス・バングル・リング(コロネット〈アントニーニ〉)、バッグ(バリー 銀座店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ブラウス(ルック〈フィラージュ〉)、スカート(ADORE)、ピアス・バングル・リング(コロネット〈アントニーニ〉)、バッグ(バリー 銀座店) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ロールカラー+ボウタイがクラシカルな女性らしさを醸すモカベージュのブラウスは、スカートの裏地とさりげなくリンク。レースの繊細な美しさを際立たせつつ、統一感を演出してくれます。合わせたレーススカートは、モカベージュの裏地に白の繊細なレースを重ね、ウエストは横に、スカートの前後は縦に、黒のリボンレースをグラフィカルに配したひざ下丈。黒の小さめバッグで、程よい流行感を香らせるのも、大人ならではの技。

【6】白コート×ストライプブラウス×白タイトスカート

スカート(オールウェイズ〈Mikako Nakamura〉)、ブラウス(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、コート(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、ピアス・ネックレス(TASAKI)、バッグ(ジャンニ キアリーニ 銀座店)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ブラウス(アノア〈リビアナ・コンティ〉)、コート(ヒューゴ ボス ジャパン〈ボス〉)、スカート(オールウェイズ〈Mikako Nakamura〉)、ピアス・ネックレス(TASAKI)、バッグ(ジャンニ キアリーニ 銀座店)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

フレアなそで口が今らしいストライプブラウスで、端正なコットンシルク仕立てのひざ下丈タイトスカートに、モードな遊び心をプラス。白のコートをはおった進化系セットアップスタイルに、キレのいい華やかさを演出してくれます。

【7】グレージュトップス×白タイトスカート

カシミアのトップス(ブランドニュース〈テン〉)スカート(Theory luxe)サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、手袋(ebure〈ガーラ グローブ〉)、ペンダント(ウィム ガゼット 青山店〈キャッス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年
カシミアのトップス(ブランドニュース〈テン〉)スカート(Theory luxe)サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、手袋(ebure〈ガーラ グローブ〉)、ペンダント(ウィム ガゼット 青山店〈キャッス〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

トップグレージュともいうべき淡色グレージュのプルオーバーは、一枚で映える華やかなシルエット。でも淡色をぼんやり見せないために、白のタイトスカートですっきり。そして小物も、大ぶりなモチーフネックレスや、存在感のあるバッグ、レザーグローブなどで盛り上げて。

秋の白スカートコーデの関連記事