プロセスはねじってピンで留めるだけ!とても簡単なハーフアップアレンジを教えてくれたのは新宿にある美容院Joemi by Un ami副店長の大久保 瞳さん。耳上の毛束をねじることでサイドに程よいボリュームができ、輪郭や頭の型が綺麗に見えるメリットもあるのだそう。

「耳上にボリュームゾーンをつくることで全体のシルエットが菱形になり、フェイスラインが引き締まった印象に。頰が下がって見える、輪郭が野暮ったく感じる、という40代以降の方にぜひチャレンジしていただきたいです」(大久保さん)

特にこのアレンジは、毛先が肩で自然とハネるミディアムボブやミディアムヘアにオススメだと大久保さん。

「肩ラインの方は毛先のハネを利用すると、抜け感、こなれ感が増しますよ」(大久保さん)

エイジングサインが気になる方、こなれた印象のハーフアップに挑戦してみたい方はぜひ!

ねじりでつくるサイドのボリュームと毛先のハネがマッチ!ラフさとこなれ感が共存するハーフアップスタイル

完成
完成
 
サイド
サイド
バック
バック

中家 都さん(49歳/主婦)のHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★
  2. ボリューム(少→多)★★
  3. 髪の太さ(細→太)★★★★
  4. うるおい(乾→潤)★★
  5. 白髪の量(多→少)★★★

「顔まわりの後れ毛がパサつくと疲れた印象に見えてしまうので、アレンジの前にスタイリング剤をよくなじませて。シアバターなど柔らかいテクスチャーのものをつけると、みずみずしさ、ツヤ、束感も出すことができます」(大久保さん)

アレンジ前
アレンジ前

■1: 右耳上の毛束をねじりながら後頭部へ

耳上の毛束をねじりながら後頭部に持っていく。こめかみの毛束を少し残しておくのがポイント。毛束の中間くらいまでねじるイメージで後頭部へ持っていく。
耳上の毛束をねじりながら後頭部に持っていく。こめかみの毛束を少し残しておくのがポイント。毛束の中間くらいまでねじるイメージで後頭部へ持っていく。

■2: 後頭部の中央にピンで留める

ねじった毛束を後頭部の中央でピン留め。ピンを数本使って留めてもOK。
ねじった毛束を後頭部の中央でピン留め。ピンを数本使って留めてもOK。

■3: 左耳上の毛束をねじりながら後頭部へ

逆サイドも耳上の毛束をねじりながら後頭部へ。
逆サイドも耳上の毛束をねじりながら後頭部へ。

■4: ねじった毛束を後頭部の中央でピン留めする

右と同じ位置でピン留めする。
右と同じ位置でピン留めする。

「後頭部の凹みが気になる方は、後頭部の毛束を少し引き出してボリュームを出すと頭の型が綺麗になります。引き出し過ぎると若作りに見えるので注意しましょう。ピンで留めた部分にヘアアクセサリーをつけても素敵です」(大久保さん)

Joemi by Un ami副店長・大久保 瞳さん。パーソナルジムで筋肉とつけたという大久保さん。「最近は音楽に合わせてボクシングを。体を動かすのが楽しいです」
Joemi by Un ami副店長・大久保 瞳さん。パーソナルジムで筋肉とつけたという大久保さん。「最近は音楽に合わせてボクシングを。体を動かすのが楽しいです」

問い合わせ先

joemi by Un ami
住所/東京都新宿区新宿3-26-13 新宿中村屋ビル5F 
TEL:03-3355-1011
営業時間:月・火・水 11:00~21:00 木・金 12:00~22:00 土・日・祝 10:00~20:00
定休日:無休

親愛なる人を喜ばせたい、大切なお客様と喜びを共に分かち合いたいというコンセプトのもと、日常を忘れられるリラックス空間で出迎えてくれる

 

 

 

この記事の執筆者
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Precious』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
EDIT&WRITING :
青木 笑