暗い色味の着こなしになってしまう秋冬こそ、着映え効果のある白を着て、明るく華やいだおしゃれを楽しんでみてはいかがですか?

首元までしっかり覆うタートルなら、スマートに見せてくれて知的な印象に。おしゃれ上手なセレブたちのSNAPを参考に、ぜひ取り入れてみましょう。

女性らしさが光って、着映え効果も期待できる!「白タートル」スタイル4選

■1:ボトルネック&ドロップショルダーが、余裕あふれるリラックス感を演出

ニット_1
足元もニットと同じ白いブーツをコーディネート。流行続行中の白ブーツは、軽やかでモードな印象が高まります。

世界中飛び回るドイツ人人気ブロガーのキャロリン・ダウアが、2019年2月N.Y.ファッションウィークのときSNAPされた着こなしです。

立体感のある襟元が印象的なボトルネック、肩の位置が落ちたゆるっとサイズのニットを、タックパンツに合わせてかっこよく仕上げていました。

リブの編み地が縦のラインに見えるので、すっきりした全身のシルエットをつくり出しています。

大ぶりのピアスにも視線が集まるので、バランスよくまとまっています。

■2:理想とする軽快スポーティーが叶う!細身&デザイン性のある白タートル

ニット_2
ルイ・ヴィトンのモノグラム柄がデザインされたショートブーツで、リッチなアクセントに。細い足首をちら見せしているのも、引き締まって見えます。

シンプルかつラグジュアリーな装いがいつもお似合いのモデル、カーリー・クロス。

コンパクトサイズの白タートルに、裾が細くなったデザインのスポーティーなパンツをコーディネートして、アクティブさをアピールしています。

ハイゲージ、フィットしたサイズ、肩から袖へのボタンのあしらいが、切れのいいスマートさに。

スポーティーなパンツとコーディネートすることで、若々しくヘルシーなカジュアルにまとまっていて、今っぽさ抜群です。

■3:メリハリ配色でまとめると切れのいいスタイリッシュモードが冴え渡って 

ニット_3
やや袖丈の短いタイプのニットだと、手首のおしゃれが際立って。着こなしがカジュアルでも手元でワンランク上のラグジュアリーさが漂います。

プライベートファッションではカジュアルな装いが多い女優のジェニファー・ガーナーも、白タートルを愛用中です。

ややモヘアっぽくふわっとしているリブタイプの白でも、袖丈の短くウエスト丈というデザインなので、甘くは

見えずハンサムなモードが高まります。

合わせた黒パンツも足首が見える短めの丈とベルトのあしらい、靴はフラットタイプと、すべてにこなれ感が光り、白×黒のモノトーン配色でメリハリのあるスタイリングが実現。

白タートルを甘く着ない、大人顔のコーディネートに仕上がっています。

■4:モヘアのゆるっとサイズを選べば女性らしさが際立って着映え力抜群

ニット_4
裾がたっぷりと広がったフレアパンツは、プラットフォームのヒール靴を合わせて、スタイルアップ効果を狙って。

娘とともにショッピングを楽しむヴィクトリア・ベッカムが、ロンドンでSNAPされたとき白タートルを着用していました。

首までたっぷりと覆う襟の高いこんなタートルは、小顔に見える効果があることと、女性らしい愛らしさが香って、好感度の高い着こなしをつくり上げます。

ボトムにはなんともいえないニュアンスのあるピーチ色のパンツを、白に合わせて優しいムードに。

パンツのシルエットでモードさを感じさせ、今風のエッジィなデイリーカジュアルを楽しんでいました。


顔周りを明るく彩り、若々しく着映え効果も抜群な白タートルは、やわらかなモヘア素材でフェミニンさを演出できたり、リブ編みの縦ラインでスマート効果をもたらしていました。

海外セレブたちの着こなしを参考にして、ぜひ白タートルを取り入れてみてくださいね。

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
AFLO
EDIT&WRITING :
佐野有紀