年齢を重ねるとボリュームが欲しい部分はペタッとして、ヘコませたい部分が膨らんでしまうやっかいな状態に。そんな髪問題に終止符を打ってくれるのが、SUNVALLEYの福永太一さん。

「ショートは髪が短い分、ボリュームを出しやすいメリットがあります。そのメリットを活かして、クセやうねりをなじませるようにスタイリングすれば、欲しい部分にボリュームを出すのは簡単」とか。

そのスタイリングの極意を教わります。

【お悩み】トップがペタッとしてサイドが広がるのを何とかしたい!

ボブ代表:今村亜矢さん(46歳/主婦)のお悩みを解消するには…

■髪型:トップを長めに残し、襟足をキュッと締めたグラデーションボブ

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

今村さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬)★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★
  3. 髪の太さ (細→太)★★★★
  4. うるおい (乾→潤)★★
  5. 白髪の量 (多→少)★★★★★

全体的にボリュームはあるけれど、頭頂部がペタッとなりやすい今村さんの髪。「ショートにするにも、全体的に短くしてしまうとボーイッシュになってしまいます。トップの長さを残し、襟足を締めてシルエットに丸みを持たせることで、女性らしさを演出しています。頭の形が絶壁の方は特に、この丸みのあるシルエットにすると頭の形をカバーできるのでおすすめです」(福永さん)

■スタイリング:トップの根元を立たせ、後頭部をふんわりさせて全体に丸みを持たせる

スタイリングをする前に、頭頂部の髪の根元を起こすようにドライヤーを当てるのがポイント。「最初に髪の根元を起こしておくと、カーラーで巻くときに根元の立ち上がりをつくりやすくなります。トップの髪をふわっとさせると、後頭部にも自然と丸みができて奥行き感が出てきます。3D効果で小顔に見えるんですよ」(福永さん)

スタイリング前
スタイリング前

■1:髪の根元を起こすようにドライヤーをあてる

濡れた状態の髪を地肌を擦りながら根元を起こすようにドライヤーをあてる。
濡れた状態の髪を地肌を擦りながら根元を起こすようにドライヤーをあてる。

■2:毛束を前に引っ張りながら毛先からカーラーで巻く

髪の根元を起こすように、毛束を前に倒しながら後ろ向きに巻く。
髪の根元を起こすように、毛束を前に倒しながら後ろ向きに巻く。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■スタイリング前に、地肌を擦りながら根元を起こしながらドライヤーを当てる
  2. ■後頭部はふんわりと丸みを持たせ、全体的に丸みのあるシルエットを目指す
  3. ■トップを長く残したら襟足は短くして引き締める

「今村さんの髪は太くて硬いので、トップを長めに残したこのスタイルにすると女性らしさや柔らかさが表現できます。逆に髪のハリやコシがない方にも、ボリュームを出しやすいのでおすすめです」(福永さん)

SUNVALLEY トップスタイリスト・福永太一さん。今はまっているのが座禅。「思いつきから始めて半年になります。無の境地になるのは難しいですね」
SUNVALLEY トップスタイリスト・福永太一さん。今はまっているのが座禅。「思いつきから始めて半年になります。無の境地になるのは難しいですね」

問い合わせ先

SUN VALLEY
住所/東京都港区南青山5-2-12 Gビル B1F
TEL:03-6427-3807
営業時間:月・水・金11:00~21:00 木・土10:00~20:00 日・祝10:00~19:00
定休日:火曜、第2・4月曜(祝日の場合は営業)

大きな窓から陽射しが降り注ぐ、居心地のいい上質な空間。
この記事の執筆者
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Precious』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑