ワンレングスのボブにすると重たい印象になりがち。そこに軽さを出すには、毛先の動きがポイント。Doubleのクリエイティブディレクター、東内隆之さんは「全体的に丸みを持たせながら、動くたびにスウィングするようにカットしておくと重たくなりません」とのこと。

トップはボリュームが欲しいけれど、はち周りは広がりやすい大人の髪悩みを解消するスタイルを教わります。

【お悩み】ボリュームが多くて広がる髪をバランスよくまとめたい!

ショート代表:中谷りえ子さん(40歳/会社員)のお悩みを解消するには…

■髪型:毛量を内側で調節してボリュームを抑え、全体のシルエットを丸くつくる

完成
完成
サイド
サイド
バック
バック

中谷さんのHAIR CHART

  1. やわらかさ(柔→硬) ★★★★
  2. ボリューム(少→多)★★★★
  3. 髪の太さ (細→太)★★★★
  4. うるおい (乾→潤)★★★
  5. 白髪の量 (多→少)★★

髪の1本1本がしっかりしていてボリュームがあるため、膨らみやすい中谷さんの髪。「とは言え、トップにボリュームが出にくい大人の髪悩みも。表面にレイヤーを入れるとツヤが出にくく、まとまりにくくなるので、毛量は内側で調節しています。全体のシルエットを丸くするとトップのボリュームが表現しやすいので、ご自身でスタイリングするときもすごく楽になります」(東内さん)

■スタイリング:根元を立ち上げるように内側からスタイリング剤をなじませる

ドライヤーで根元を起こすように乾かしたら、スタイリング剤で立ち上がりをキープするようになじませればOK。「おすすめは柔らかめのワックス。自然な毛束感が出せる『ナカノ スタイリングワックス3』(¥1,300/ナカノ製薬)がおすすめです」(東内さん)

スタイリング前
スタイリング前

■1:指の腹で地肌を擦りながらドライヤーで乾かす

髪の根元を起こすように擦るのがポイント。
髪の根元を起こすように擦るのがポイント。

■2:手のひらにワックスを広げ髪の内側になじませる

髪の表面ではなく内側を中心になじませること。
髪の表面ではなく内側を中心になじませること。

■3:手に残ったワックスで毛先に動きをつけるようになじませる

毛先を遊ばせるようにバランスを見ながらなじませて。
毛先を遊ばせるようにバランスを見ながらなじませて。

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

  1. ■トップにボリュームを持たせるために全体のシルエットを丸くする
  2. ■髪が太くて多い場合、表面ではなく内側で毛量を調節する
  3. ■スタイリング剤は髪の表面ではなく内側からなじませる

「スタイリング剤を髪の表面になじませると、全体的にペタ~ッとして動きがなくなってしまいます。髪を逆立てるように内側からなじませると、動きのある自然なふんわり感が表現できます」(東内さん)

Double クリエイティブディレクター・東内隆之さん。7年前から猫と同居中。「もともと犬派だったのに、すっかり猫派になりました」
Double クリエイティブディレクター・東内隆之さん。7年前から猫と同居中。「もともと犬派だったのに、すっかり猫派になりました」

問い合わせ先

Double
住所/東京都渋谷区神宮前4-13-13 フォレストプラザ表参道1F
TEL:03-3475-6060
営業時間:月・火・水・日祝 10:00~19:00、木・金12:00~21:00、土10:00~20:00
定休日:第3月、第3火

大人の女性ならではの髪悩みを解消するスタイルを提案してくれるサロン。
この記事の執筆者
美しいものこそ贅沢。新しい時代のラグジュアリー・ファッションマガジン『Precious』の編集部アカウントです。雑誌制作の過程で見つけた美しいもの、楽しいことをご紹介します。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑