クラシカルな雰囲気のなかに感じる、スタイリッシュなかっこよさ…実用的、定番的な要素をもちながら、毎シーズン登場するボッテガ・ヴェネタ(bottega veneta)のプレシャススキンバッグは、新鮮で創造性豊かなデザインばかり。そして、それを実現するだけの高度な職人技と贅を極めるつくりにも驚かされます。そのうえ、あえてアンティーク仕上げを施すようなハイセンスな外し技や鮮やかな色合いも見事。ラフに日常使いできる贅沢…そんなラグジュアリーをかなえてくれる名品バッグです。

ボッテガ・ヴェネタ プレシャススキンバッグ 上から/ビッグクラッチバッグ[縦19×横31×マチ4.5㎝]¥575,000・ボストンバッグ[縦18×横28×マチ12.5㎝]¥883,000・クラッチバッグ[縦10×横17×マチ5㎝]¥340,000・ミニバッグ[縦14.5×横24.5×マチ6㎝]¥427,000(すべて税抜)

ミステリアスな表情をもつウォータースネークは、イントレチャートの編み目を部分的にカットしたり、表面にツイードモチーフをプリントしたりと、スタイリッシュな仕掛けをふんだんに詰め込んで登場。繊細な美しさと圧倒的な女らしさが両立する稀有な存在です。

ボッテガ・ヴェネタ プレシャススキンバッグ 上から/チェーンバッグ[縦17×横23.5×マチ6㎝]¥1,605,000・クラッチバッグ[縦14×横21×マチ5㎝]¥1,050,000・ショルダーバッグ[縦14.5×横24.5×マチ6㎝]¥1,450,000・クロスボディバッグ[縦14.5×横24×マチ10㎝]¥1,950,000(すべて税抜)

またクロコダイルは、左右対称に端然と並ぶ斑の美しさもさることながら、染色の絶妙な色出しも、一流クラフトマンシップのなせる業。なかでも、さりげなく手にするだけで、着こなしに深みが出るグリーン系は、派手すぎず、地味すぎず、大人の美意識を満足させる逸品!

※この情報は2016年9月7日時点のものになります。詳細はお問い合わせください。

問い合わせ先

この記事の執筆者
TEXT :
富岡百合子さん スタイリスト
2017.9.1 更新
東京出身、大学卒業後、フリーのアシスタント事務所、長友妙子氏師事を経て、2000年から独立。 ヨガ、アロマキャンドル、J.K.ローリングの書籍『ハリー・ポッター』、ドビュッシーのピアノ曲『月の光』、クリムトの『接吻』、スペインのトレドの夕暮れ、映画(往年の女優のもの)、貝類、ショートケーキ、無調整の豆乳、白と黒(色そのもの、イメージを含めもろもろ)、Shoes
クレジット :
撮影/小池紀行(パイルドライバー) スタイリスト/富岡百合子 文/小林 綾