本格的な寒さが到来する季節。上品でシンプルなスタイルを大切にしながらも、温もりあふれる着こなしでいたいもの。そこで、私たちが愛してやまない、ベーシックカラーを中心に、ミラノマダムのようにセンスのいい配色テクニックに注目しました。

ベージュやモカ、ブラックと絶妙な色合わせを毎日楽しむ、大人にふさわしい「ミラノ配色」コーディネートを1月の1か月間、毎日お届けします!

まずこの記事で、1月の1か月コーディネートで使用する21アイテムをご紹介します。

「ミラノ配色」で洗練を極める真冬の1か月コーディネート

冬コーデ_1,大人コーデ_1
「ミラノ配色」で洗練を極める真冬の1か月コーディネートの一部
モデル・RINAさんが演じる主人公は…
ヨーロッパからの食材の輸入業やレストランのプロデュースを手がける。学生時代にフィレンツェに留学していた経験もあり、主にイタリアとの取引を得意とする。「ヨーロッパの街に溶け込むような配色」が日々の着こなしの軸に。

「ミラノ配色」を完成させる上質な冬アイテム21選

最愛ベーシックカラーを重ねるだけで、こんなにリッチな奥行き感が! ハッとするほどおしゃれに見える配色づくりには、上質素材のベーシックアイテムと深みのある「きれい色」アイテムをそろえることが大切になります。

コート_1,ジャケット_1,ニット_1,パンツ_1,スカート_1
A.コート¥380,000(HAUNT代官山/ゲストリスト〈ブランカ〉)、B.ジャケット¥138,000(チンクワンタ)、C.シャツ¥56,000(マディソンブルー)、D.スカート¥36,000(アングローバル〈イレーヴ〉)、E.ニット¥95,000(ブラミンク)、F.スカート¥196,000(マディソンブルー)、G.パンツ¥35,000(Theory)

■A:マロンカラーのムートンコート

大きめの襟やオフショルダーが、旬の着こなしへと導いて。スムースレザーの面を表にすることも可能です。

■B:ブラックのライダースジャケット

フィレンツェ郊外に工房をもつレザーブランドの一着。しっとりとしたラムレザーに光る、ゴールド金具がリッチな印象。

■C:オリーブカラーのウールシャツ

細番手のウールを用いた一枚。ウールのやわらかさをもちながらも、シャリ感もあり。襟がきれいに開くよう計算されています。

■D:キャメルのAラインスカート

ハリ感のあるウールジョーゼットのダブルクロスが、美しいラインをキープ。深みのあるキャメルが上品な印象に。

■E:ライトベージュのタートルニット

ふんわりとしたローゲージのカシミヤニットは、うっとりするほどの触り心地。淡いベージュが顔周りを明るく見せてくれます。

■F:ブラックのタイトスカート

高品質のエントレフィーノ種のスエードを使用したタイトスカート。なめらかで伸びがよく足さばきがよいのもうれしい点です。

■G:アイボリーのイージーパンツ

なめらかなウールジャージーのパンツは、通気性がよくストレッチ性も抜群。ワイドストレートで、リラックス感のある装いを楽しめます。

■H:グレージュのダウンコート

コート_2
コート¥460,000(ムーレー 銀座店)

すっきりとした細身ラインのダウンコート。起毛感のあるカシミヤを表面に用いることで都会のシーンにも似合う一着に。

■I:ネイビーのトレンチコート

コート_3
コート¥330,000(マッキントッシュ青山店)

「ロロ・ピアーナ」社のオリジナルカシミヤを使用。ベルトにはゴールドのアイレットをあしらい、スパイスをきかせて。

■J:ブラックのスモーキングジャケット

ジャケット_2
ジャケット¥84,000(カオス丸の内)

細番手のウールモヘアを使用。メンズジャケットを仕立てるテーラーが仕上げた本格的な一着は美しいシルエットにも定評があります。

■K:ブラックのノースリーブカットソー

トップス_1
カットソー¥8,900(エイトン 青山)

程よい光沢が美しいスビンコットンで編み立てたノースリーブカットソーは季節を問わず活躍します。なめらかな素材感が上品。

■L:チャコールグレーのリブニット

ニット_2
ニット¥22,000(スローン)

やわらかなエクストラファインメリノウールを用いたシンプルなリブニット。体につかず離れずの絶妙なシルエットに。

■M&M':モカ&ブラックのタートルニット

ニット_3
ニット各¥36,000(スローン)

細番手のカシミヤを14ゲージで編み上げたドライタッチなニット。ブラウンに近いモカ(M)と、ブラック(M’)でワードローブに幅を。

■N:グレーのヘリンボーンパンツ

パンツ_2
パンツ¥92,000(ウールン商会〈ジェントリー ポルトフィーノ〉)

ウールシルクのヘリンボーン生地。ダブルの裾仕上げが、メンズライクな印象をもたらします。

■O:ネイビーのセンタープレスパンツ

パンツ_3
パンツ¥75,000(ブラミンク)

オンタイムから休日カジュアルまで幅広く活躍するウールのパンツ。センタープレスで脚のラインをすっきり見せます。

■P:ブラックのスキニーデニム

デニム_1,パンツ_4
デニム¥28,000(サザビーリーグ〈マザー〉)

糸やボタンまでブラックで統一した、L.A.発のデニム。ストレッチがきいているので、体型を選ばずフィットします。

■Q:ブラックのチュールスカート

スカート_2
スカート¥109,000(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)

やわらかなチュールにギャザーを寄せ、4層重ねた贅沢なつくり。広がりすぎないボリュームが大人にちょうどいい。

■a:トマトレッドのウールコート

コート_4
コート¥200,000(マディソンブルー)

さらりとはおることができるベルトやボタンのないミニマルな一着。ドルマンスリーブで旬の表情に。

■b:セージグリーンのベビーカシミヤニット

ニット_4
ニット¥59,000(オーラリー)

タートルネックのローゲージニットはとろけるようにやわらかいベビーカシミヤ素材。ペールトーンで肌も冴えて。

■c:シナモンオレンジのプリーツスカート

スカート_3
スカート¥94,000(J&Mデヴィッドソン 青山店)

シルクのプリーツスカートは優雅に揺れるエレガントなデザイン。サイドにスリットが入っています。

■d:マゼンタピンクのウール混パンツ

パンツ_5
パンツ¥41,000(PT JAPAN〈PT TORINO〉)

股上を深めにし、ヒップラインの美しさを追求。日本人女性の体型に合わせてつくられた特別な一本。

以上、2020年1月の真冬の1か月コーディネートで取り上げる21アイテムをご紹介しました。1月1日の着こなしは、こちらのリンクよりご覧ください。

【1月1日】別荘で愛犬と迎える元旦は…

※掲載した商品は、すべて税抜です。

問い合わせ先

PHOTO :
長山一樹(S-14/人物)、佐藤 彩(静物)
STYLIST :
髙橋リタ
HAIR MAKE :
野田智子
MODEL :
RINA、ウォッカ(犬)
COOPERATION :
インターメカニカ 東京、Saltwort Vineyard
EDIT&WRITING :
川口夏希、遠藤智子(Precious)