キックオフとともに、ボールをとろうと真っ先に飛び出していく大男。スクラムでは中央にてパワーをかけ続ける。そしてラインアウトでは背の高さを利用してボールをキャッチ。まさに八面六臂の活躍をするのがロックの2人。しかし、がたいはデカいが、意外にも、寂しがり屋の一面を持つ彼らを落としたければ……。

誰もみたことのない地平を見ている大男たち

試合では熱く、日常ではナイーブな大酒飲み

ラグビー選手と女性のイラスト
イラスト/うぬまいちろう

空中戦を制する大男、ロック。あまり目立つシーンがない割には、キツいポジションでもあります。しかし、大好きなチームのためなら何のその!ラグビー部いちのチーム愛に溢れた彼ら「ロック」の紹介です。

ロックあるある

・とにかく縦にでかい人
・どちらかといえば女よりも男好き?
・試合で目立たない人も飲み会では目立つ
・感動屋さんで、割とすぐ泣く
・チビな選手(たいていスクラムハーフ)が大の苦手

どんなポジション?

ラインアウトの時に仲間に持ち上げられながらジャンプしてボールをキャッチする人、彼らがロックです。ラグビー部を背の順で一列に並べたとき、端っこの背の高いやつ2人がロックに指名されるという、割と単純明快に決まるポジションでもあります。とにかく縦に大きいことがウリ。一歩がデカイので足も速い。なので、万が一ボールを持って走るようなことになれば、大男の猛突進は誰にも止めることができません。

しかし、逆に足元でちょこまか動かれるチビは天敵。チビにタックルしようもんなら、高確率でハイタックルのペナルティーを取られ「このチビがぁ!」とイラッとします。目立つシーンの少ない彼らですが、スクラムでは最前列の3人のお尻を束ね、さらに横のロック同士もガッチリ組んで、スクラムを「ロック」する。強いスクラムにプロップの力というのは必要不可欠ですが、ロックがしっかりしているチームのスクラムは安定感があり、チームを勝利に導く陰の功労者と言えるでしょう。

こんなキャラのロックは、チーム愛にアツい人です。スクラムでは、仲間のお尻に顔をうずめて押しまくりながら、なおかつ自分もお尻を押されまくる。正気の沙汰ではありません。しかし、それを難なくやってしまう彼らはやはり、チームメイトのことが大好きで、ラグビー部の中でも一番、部を愛してる人たちと言えるでしょう。

また、このポジションはなぜかお酒が好きな人が多いのですが、ラグビー部の飲み会では率先して男同士(フォワードだとなお嬉しい)に挟まれる席に座りたがります。しかし、ただの熱血漢かと思いきや、全く違う一面も持ち合わせています。

それは、誰も見たことがない景色を見ているということ。日常生活でも頭1つ分高いところで息をしていますが、ラインアウトで尋常じゃない高さに持ち上げられる彼らは、普通の人では決して見ることのない視点で、この混沌たる世界を見つめています。そのため、どこか浮世離れしていたり、アイデアマンだったりと、ラグビー部を卒業した後も、その視野の広さを生かして活躍できる人が多いです。

裏の一面

なぜか大酒飲みが多いのがこのロックというポジションです。試合では決して目立つポジションではありませんが、飲み会では飲む、泣く、脱ぐ。彼らが全裸で大暴れしたために、ラグビー部全員が出禁になる居酒屋も少なくありません。いつまでも男子校のノリが残っている大変純粋な人達です。

ロックとの恋愛は?

ロックは、後述するフランカーに次いで、打ち解け難いポジションと言えます。というのは、彼らは男同士で飲んだり食べたりするのは大好きでテンションも高いのですが、そこに女子が来るとちょっと警戒。しかし、そんな彼らも一応は、女子と仲良くしたいという願望を持っています。

そんな彼らと仲良くなるめには、これ。ヨイショしかありません!試合でも持ち上げられるのが大好きな彼らは、女の子にも持ち上げられるのが大好き。「背が高ーい!」「足長ーい!」「手がでかーい!」なんでもいいので、とにかく彼らの良さをよいしょして持ち上げる。これに限ります。純粋な彼らは気を良くして、徐々に警戒心をなくしてくれます。

また、ロックはラグビー部の中で最も寂しがりやな人達と言えます。前、後ろ、両サイド、常に味方に囲まれている彼らは、誰かと一緒にいたい願望が強く、彼女に用事があって会えないときは、ラグビー部の誰かと遊ぶ約束を取り付けたりします。なので、彼氏と一緒に過ごすのが好きな女性にはオススメのポジションと言えるでしょう。