ラグジュアリー・ファッション誌『Precious』から、ノーカラーコートを使った冬コーデを集めました。タートルネックやvネックと合わせた着こなし方が定番ですが、洗練されたコーデの数々を参考に、より素敵に着こなすヒントを見つけてみてください。

【目次】

レディース冬のノーカラーコートコーデ


【1】柄ノーカラーコート×ベージュニット×ブラウンパンツ

コート・ニット・パンツ(ウールン商会〈コロンボ〉)、ピアス(ジョージ ジェンセン ジャパン)、リング(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2019年
コート・ニット・パンツ(ウールン商会〈コロンボ〉)、ピアス(ジョージ ジェンセン ジャパン)、リング(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2019年

遠目からでもシックに着映えするカラーブロックのコートは、軽さと暖かさが格別なカシミヤのダブルフェース仕立て。ニュアンス豊かな色合いとクリーンなシルエットが、上質な装いをモダンに更新したい大人のおしゃれ心を満たしてくれます。

【2】グレーノーカラーコート×ブラウンニット×ブラウンスカート

コート(HAUNT代官山/ゲストリスト〈イネス&マーシャル〉)、ニット(エイトン 青山)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ネックレス・リング(ポメラートブティック 銀座店)、バッグ(モワナ メゾンGINZA SIX)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2020年
コート(HAUNT代官山/ゲストリスト〈イネス&マーシャル〉)、ニット(エイトン 青山)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ネックレス・リング(ポメラートブティック 銀座店)、バッグ(モワナ メゾンGINZA SIX)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2020年

アイスグレーのムートンコートで、軽やかなラグジュアリー感を。寂しくなりがちなビターチョコ色のシンプルな着こなしを、アイスグレーのムートンコートでボリュームアップ。透明感のある華やぎが好印象の決め手に。

【3】ライトグレーノーカラーコート×ライトグレーニット×ライトグレーパンツ

コート・ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2019年
コート・ニット・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2019年

ビッグシルエットのコートは、今季大人がぜひ手に入れたい旬アイテム。なかでもスタイリスト・大西真理子さんが注目したのは、上質なダブルフェースカシミヤを、製品の段階でウォッシングマシーンにかけ、独特のエンボス加工を施したこの一枚。

「いわゆるカシミヤコートとはまた違う、新しい存在感です。カシミヤだけど、ハリがあってカジュアルな気分が漂う。たっぷりとしていて贅沢、それでいてこなれて見えます」(大西さん)。ワントーンコーディネートとしてニット&パンツで仕上げると、優雅な気分に。

【4】グレーノーカラーコート×黒ワンピース

エブールのコート・ワンピース・キャッスのネックレス(ebure)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
エブールのコート・ワンピース・キャッスのネックレス(ebure)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ウール混のヘリンボーンツイードの立体感のあるコートは、モノトーンスタイルの上にはおって華やかな印象に。リバー仕立てゆえの軽量感とゆったりめのテントシルエットで、ガウンのように軽やかにまとめるのが魅力です。

【5】黒ノーカラーコート×白ブラウス×ライトブルーパンツ

ミンクのコート『ルナ』・ブラウス(オールウェーズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、デニム(エドウイン〈ジョーズ・ジーンズ〉)、ピアス・リング(ステディ スタディ〈トムウッド〉)黒のミンクファーコートを白シャツ×デニムで着るさりげなさがエレガント!62 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ミンクのコート『ルナ』・ブラウス(オールウェーズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、デニム(エドウイン〈ジョーズ・ジーンズ〉)、ピアス・リング(ステディ スタディ〈トムウッド〉)黒のミンクファーコートを白シャツ×デニムで着るさりげなさがエレガント!62 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

美しい光沢をもつ黒のミンクファーで仕立てられた、最高に贅沢で飽きのこないノーカラーコート。ファーにも流行があるといわれるなか、この名品シルエットなら永遠。

【6】モカベージュノーカラーコート×白ニット×白パンツ

コート(ヘルノ・ジャパン)、ニット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(Theory luxe)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉) ネックレス(TASAKI)、バッグ・ストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2019年 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
コート(ヘルノ・ジャパン)、ニット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、パンツ(Theory luxe)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン〉) ネックレス(TASAKI)、バッグ・ストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(J.M. WESTON 青山店) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

モカベージュのノーカラーコートに、きれいめ白パンツを重ねてクリアに見せつつ、ワンポイントできれい色を投入。ミモザイエローはモカブラウンとも相性がよく、華やかでありながら、こなれた印象に。

【7】グレーノーカラーコート×ライトグレーブラウス×グレースカート

コート(ebure)、ブラウス(ストラスブルゴ〈アントネッリ〉)、スカート(yoshie inaba)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、ネックレスチャーム・チェーン(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
コート(ebure)、ブラウス(ストラスブルゴ〈アントネッリ〉)、スカート(yoshie inaba)、サングラス(モスコット トウキョウ〈モスコット〉)、ネックレスチャーム・チェーン(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(ピエール アルディ 東京)、靴(リエート〈サントーニ〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

上品なグレーグラデーションをまとったN.Y.マダムのように。モヘア混のコートはストライプ織りを選び、グレーの濃淡をつないで。

【8】黒ノーカラーコート×黒ワンピース

コート(サードカルチャー〈ブランカ〉)、ニット(トラデュイール)、パンツ(東レ・ディプロモード〈ナインティーン セブンティ〉)、グローブ(アマン〈アルポ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、靴(ウールン商会〈ペセリコ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年
コート(サードカルチャー〈ブランカ〉)、ニット(トラデュイール)、パンツ(東レ・ディプロモード〈ナインティーン セブンティ〉)、グローブ(アマン〈アルポ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、靴(ウールン商会〈ペセリコ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

レースワンピースにファーコートをまとい、大人の迫力を演出したエレガントな装い。お洋服に甘さがあるぶん、靴やバッグで辛口に仕上げましょう。

【9】黒ノーカラーコート×白ニット×カーキパンツ

コート(サードカルチャー〈ブランカ〉)、ニット(トラデュイール)、パンツ(東レ・ディプロモード〈ナインティーン セブンティ〉)、グローブ(アマン〈アルポ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、靴(ウールン商会〈ペセリコ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年
コート(サードカルチャー〈ブランカ〉)、ニット(トラデュイール)、パンツ(東レ・ディプロモード〈ナインティーン セブンティ〉)、グローブ(アマン〈アルポ〉)、バッグ(アマン〈ペリーコ〉)、靴(ウールン商会〈ペセリコ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

ローゲージニットとコットンパンツ、グレージュのスニーカーという休日カジュアルに、ファーコートをまとい大人の迫力を。パンツとバッグのカーキをリンクさせるのがおしゃれに見せられるポイント。

【10】黒ノーカラーコート×白ブラウス×ライトグレーパンツ

コート(サードカルチャー〈ブランカ〉)、ブラウス(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ストール(ebure〈ebure〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年
コート(サードカルチャー〈ブランカ〉)、ブラウス(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、ストール(ebure〈ebure〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(ファビオ ルスコーニ 六本木店〈ファビオ ルスコーニ〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

3種類のファーを組み合わせたコートは、それだけで絵になる存在。ふんわりと肩にはおり、冬枯れた街を颯爽と歩きたい。インやバッグはクリーミートーンでまとめて、清潔感を意識。

【11】ブルーノーカラーコート×黒ニット×黒パンツ

コート(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)パンツ(yoshie inaba)ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、スカーフ(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、グローブ(ヴァルカナイズ・ロンドン〈デンツ〉)、バッグ(イーストランド〈マンサー・ガブリエル〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2019年 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2019年
コート(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)パンツ(yoshie inaba)ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、スカーフ(マッキントッシュ青山店〈マッキントッシュ〉)、グローブ(ヴァルカナイズ・ロンドン〈デンツ〉)、バッグ(イーストランド〈マンサー・ガブリエル〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

極上のカシミヤ素材のドルマンスリーブのコートに、内側のニットや細身パンツを黒でまとめたスタイリング。ドルマンスリーブのコートはクラシカルな品格が漂いながらも、動きやすいので、旅行スタイルとしても最適です。

【12】ネイビーノーカラーコート×柄ブラウス×ネイビースカート

スカート(コロネット〈エアロン〉)、コート(Theory luxe)、ブラウス(レキップ)、サングラス(TAKA ROCK〈クレア〉)、ピアス(ドレスアンレーヴ〈ドナテラ・ペリーニ/三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
コート(Theory luxe)、ブラウス(レキップ)、スカート(コロネット〈エアロン〉)、サングラス(TAKA ROCK〈クレア〉)、ピアス(ドレスアンレーヴ〈ドナテラ・ペリーニ/三越日本橋本店 本館3階ミグジュアリー〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

端正なネイビーのノーカラーコートと、エッジィな表革を組み合わせた意外性が魅力のスカートを合わせた、ネイビーのワントーンコーディネート。レースブラウスもモードな印象を与えるのに一役、買っています。

【13】ベージュノーカラーコート×クリームブラウス×クリームスカート

コート(ドゥロワー 日本橋店〈ドゥロワー〉)、ブラウス(Vince 表参道店)、スカート・ガライズ ラブのピアス(エストネーション)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、バッグ(ジャンニ キアリーニ銀座店〈ジャンニ キアリーニ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年
コート(ドゥロワー 日本橋店〈ドゥロワー〉)、ブラウス(Vince 表参道店)、スカート・ガライズ ラブのピアス(エストネーション)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、バッグ(ジャンニ キアリーニ銀座店〈ジャンニ キアリーニ〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

淡い色調のショート丈のミンクファーは、アシメトリーのプリーツスカートなどの、フェミニンスタイルによく似合う冬アウター。洗練されたクリーム配色でまとめたら、モードな香りが漂う大ぶりピアスで、旬のアクセントを。

【14】柄ノーカラーコート×ワンピース

コート・ワンピース(キートン 銀座店)、ピアス・リング(コロネット〈アントニーニ〉)、バッグ(デルヴォー・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年
コート・ワンピース(キートン 銀座店)、ピアス・リング(コロネット〈アントニーニ〉)、バッグ(デルヴォー・ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

個性が光るカラーミックスコートで、印象に残る着こなしに。ドラマティックなシーンでは、「少量の赤」が効果的です。真紅のクラッチバッグを添えて、冬のアウタースタイルに艶めきを。

主役のアウターはグレー~黒のグラデーションに、メタリックなラメを施したツイード素材。ラグランスリーブでも、キリッとスマートに着用できるよう、熟練の職人による丁寧な仕立てが施されています。

【15】イエローノーカラーコート×白ブラウス×カーキパンツ

コート・ブラウス・パンツ(ヴァレンティノ ジャパン〈ヴァレンティノ〉)、バッグ(ヴァレンティノ ジャパン〈ヴァレンティノ ガラヴァーニ〉)、ピアス・ネックレス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年
コート・ブラウス・パンツ(ヴァレンティノ ジャパン〈ヴァレンティノ〉)、バッグ(ヴァレンティノ ジャパン〈ヴァレンティノ ガラヴァーニ〉)、ピアス・ネックレス・リング(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

裏地なしの一枚仕立てのまろやかなシャギーコートを、端正なタートルネックブラウスとワイドパンツに合わせ、柔和な印象を加えた冬のコートスタイル。

【16】グレーノーカラーコート×黒ブラウス×グレースカート

ドゥロワーのコート・グーセンスのブローチ(ドゥロワー青山店)、ブラウス・スカート(スーパー エー マーケット〈アトランティックアスコリ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年
ドゥロワーのコート・グーセンスのブローチ(ドゥロワー青山店)、ブラウス・スカート(スーパー エー マーケット〈アトランティックアスコリ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

シックなニュアンスカラーが美しいムートンに、ボルドーのラムレザーが施されたノーカラーコートは、起毛面とスムース面の両面が楽しめる、リバーシブル仕様。光沢感のあるブラウスやストッキングで、大人の艶を演出。胸元につけた大ぶりのブローチが、大人かわいい外しワンポイントになっています。

【17】ベージュノーカラーコート×黒プルオーバー×グレーパンツ

コート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、プルオーバー(Theory luxe)、パンツ(エンフォルド)、ストール(ボーダレス〈べグ アンドコー〉)、グローブ(リーミルズ エージェンシー〈デンツ〉)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)、靴(ハイブリッジ インターナショナル〈Amb〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2018年 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2018年
コート(プレインピープル丸の内〈プレインピープル〉)、プルオーバー(Theory luxe)、パンツ(エンフォルド)、ストール(ボーダレス〈べグ アンドコー〉)、グローブ(リーミルズ エージェンシー〈デンツ〉)、バッグ(三喜商事〈ボルボネーゼ〉)、靴(ハイブリッジ インターナショナル〈Amb〉) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2018年

ベージュのノーカラーコートにグレーのワイドパンツを合わせ、モノトーンのスニーカーや黒手袋・クロレザーバッグで艶感を出したカジュアル通勤スタイル。気温が低く、冷気が立ちこめる日は、ストールを使って、ノーカラーコートをフーデッドに。

【18】グレージュノーカラーコート×レッドニット×ブラウンパンツ

コート(VINCE 表参道店)、ニット(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、パンツ(ザ シークレットクロゼット名古屋〈シクラス〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、ピアス(showroom SESSION〈マリハ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年
コート(VINCE 表参道店)、ニット(デザインワークス コンセプトストア青山店〈デザインワークス〉)、パンツ(ザ シークレットクロゼット名古屋〈シクラス〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、ピアス(showroom SESSION〈マリハ〉)、バッグ(J&M デヴィッドソン 青山店)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious2月号』小学館、2018年

落ち着きのあるグレージュと旬のオーバーサイズ感で、たちまちこなれて見えるムートンコート。ルージュのようなブラウン系レッドとのメリハリに華やぎが満ちて。

【19】柄ノーカラーコート×白ブラウス×白パンツ

コート・ブラウス・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年
コート・ブラウス・パンツ(三喜商事〈アニオナ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

淡いグレージュをベースに、縦横に走る濃淡のインディゴブルーの織り柄が表情豊か。ファブリックに強いという伝統をもつアニオナだからこその、薄くて軽いこだわりのコットンツイードに、白のブラウスとワイドパンツを合わせた軽快な装い。裏地なしの軽やかさを生かし、カーディガンのようにさっとはおって! 共布のベルトをきゅっと結ぶだけで、こなれたカジュアルが完成します。

【20】グレージュノーカラーコート×グレージュブラウス×アイスグレーパンツ

コート・ブラウス・パンツ・バッグ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年
コート・ブラウス・パンツ・バッグ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2018年

高密度のナイロン生地で仕立てたノーカラーコート。カーキがかったグレージュの色味と、シルキーな質感が、とびきり洗練された印象に。ウエストやすそにあしらわれたドローストリングで、シルエットを自在に調整できる、今どきのディテール使いも魅力。グレージュのシルクブラウスにアイスグレーのスエードパンツ…異なる質感のニュアンス色を重ね、奥行きのある着こなしを。

ノーカラーコートにタートルネックを合わせた冬コーデ


【1】グレーノーカラーコート×グレータートルネックニット×ブルースカート

コート(コロネット〈アバティ〉)、スカート(ウールン商会〈コロンボ〉)ニット(グルッポタナカ〈リビアナ コンティ〉)、ベルト(ブラミンク)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)靴(アマン〈ペリーコ〉)、リング・ピアス(ホアキン・ベラオ) 撮影/小池哲夫 BY:『Precious1月号』小学館、2020年
コート(コロネット〈アバティ〉)、スカート(ウールン商会〈コロンボ〉)ニット(グルッポタナカ〈リビアナ コンティ〉)、ベルト(ブラミンク)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)靴(アマン〈ペリーコ〉)、リング・ピアス(ホアキン・ベラオ) 撮影/小池哲夫 BY:『Precious1月号』小学館、2020年

起毛感が心地いいアンゴラとウールの混紡コートに、細見タイトスカートを合わせた冬の装い。ほっそりとしたタイトスカートは、ボクシーなコートから出てもすっきり。グレーとスモーキーブルーのなじませ配色も、洗練のポイント。

【2】グレーノーカラーコート×グレータートルネックニット×カーキパンツ

コート・ニット・パンツ(ebure)、イヤリング(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2019年 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート・ニット・パンツ(ebure)、イヤリング(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館

主役となるエブールのコートは、希少価値の高いスーリーアルパカとウールをブレンドした、シャギー生地を使用。長い毛足を綺麗に刈り込み、絶妙な艶を帯びた上品なシルバーグレーに。フロントの重なりを最小限にとどめ、ネックラインがすっきり見えるように、こだわった仕立てです。コートの美しい質感を引き立たせるため、合わせる色はパンツのカーキなど、ミニマルな色使いに。

【3】ネイビーノーカラーコート×ネイビータートルネックニット×ネイビーパンツ

コート・ニット(ドゥロワー六本木店〈ドゥロワー〉)、パンツ(三喜商事〈バンフォード〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ストール(エルメスジャポン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/CHITO BY:『Precious11月号』小学館、2019年 撮影/CHITO BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート・ニット(ドゥロワー六本木店〈ドゥロワー〉)、パンツ(三喜商事〈バンフォード〉)、ピアス(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、ストール(エルメスジャポン)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/CHITO BY:『Precious11月号』小学館、2019年

金ボタンが印象的なノーカラーコートを主役に、タートルニット、ワイドパンツ、そしてストールとネイビーで統一。制服的な要素の強いベーシックカラーの「ワントーン」は、色の調子をくずさずに、まじめな印象を壊す工夫が施されています。たとえば、濃淡プリントのネイビーストールをさらりと肩がけしたら、リュクスなこなれ感が加わり、大人のトラッドに。

【4】パープルノーカラーコート×黒タートルネックニット×黒スカート

ブーツ(アマン〈ペリーコ〉)、コート・ニット・スカート(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ピアス・リング(TASAKI)、グローブ(アマン〈アルポ〉)、バッグ(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート・ニット・スカート(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ピアス・リング(TASAKI)、グローブ(アマン〈アルポ〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、ブーツ(アマン〈ペリーコ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

スムースレザーとスエードのコンビネーション使いで、さりげなく個性を光らせるブーツを主役に。トレンドカラーでもある、パープル色のコートでマンネリになりがちな秋冬の装いに変化を。コートのベルトをキュッと締めて、銀幕の女優のように優美に。

【5】ライトブルーノーカラーコート×グレータートルネックニット×白スカート

コート・ニット・スカート(ebure)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(ジャンニ キアリーニ 銀座店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート・ニット・スカート(ebure)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、バッグ(ジャンニ キアリーニ 銀座店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

カシミヤ100%のラグジュアリーなリバー素材で、長く愛用できるようにムダをそぎ落としたエブールのコートに、端正なタートルニットとロングスカートを合わせた、清潔感漂うコーディネート。

【6】キャメルノーカラーコート×黒タートルネックニット×黒パンツ

ダブルフェースカシミヤのコート『ルナ』・シルクのパンツ(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)ピアス・バングル(エストネーション〈アリギエーリ〉)、時計(ポアレ ジャポン〈ポアレ〉)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈フランチェスコ ルッソ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ダブルフェースカシミヤのコート『ルナ』・シルクのパンツ(オールウェイズ〈MIKAKO NAKAMURA〉)、ニット(リーミルズ エージェンシー〈ジョン スメドレー〉)ピアス・バングル(エストネーション〈アリギエーリ〉)、時計(ポアレ ジャポン〈ポアレ〉)、グローブ(真下商事〈デンツ〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈フランチェスコ ルッソ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

MIKAKO NAKAMURAのアイコンコート「ルナ」の名品ぶりを堪能するなら、ベーシックなキャメルを選んで。顔と首のバランスが美しく見えるコンパクトなネックラインは、黒のタートルニットですっきりと強調。艶のあるスティックパンツでシャープに、華やかにまとめたい。

【7】黒ノーカラーコート×黒タートルネックニット×黒パンツ

ニット・パンツ・バッグ『ミニ ピーカブー』・サングラス・靴・ニット(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年
コート・ニット・パンツ・バッグ『ミニ ピーカブー』・サングラス・靴・ニット(フェンディ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious12月号』小学館、2018年

バッグのリッチなブラウンが映えるオールブラックの装い。薄手の黒のタートルネックニットと細身パンツは、オードリ・ヘプバーンの着こなしにも近い、女性を凛として見せる冬の最高のベーシックのひとつ。

【8】ライトグレーノーカラーコート×ライトグレータートルネックニット×ライトグレースカート

コート・ニット・スカート(アオイ〈ポール カ〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年
コート・ニット・スカート(アオイ〈ポール カ〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

前身ごろはざっくりとしたツイード、そでと後ろ身ごろはシルク混のなめらかなフラノウール、そしてすその切り替えにはナイロンキルティング…。3つの異なる質感の濃淡ベージュが、着こなしを印象的に見せるポール カのノーカラーコートにスカートを合わせ、コートを主役にしたスタイリング。その軽やかな着心地は、まるでカーディガンをまとっているかのよう。

【9】グレージュノーカラーコート×白タートルネックニット×グレーパンツ

コート(ロンハーマン〈カール ドノヒュー〉)ニット(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(サザビーリーグ〈ベアフット ドリームズ〉)、ピアス(ジョージ ジェンセン ジャパン)、時計(オメガお客様センター)、ソックス(ドゥロワー 日本橋店〈ブルー フォレ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年
コート(ロンハーマン〈カール ドノヒュー〉)ニット(コロネット〈アバティ〉)、パンツ(サザビーリーグ〈ベアフット ドリームズ〉)、ピアス(ジョージ ジェンセン ジャパン)、時計(オメガお客様センター)、ソックス(ドゥロワー 日本橋店〈ブルー フォレ〉)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

濃いめグレージュのムートンコートは、幸福感で包み込むような優しい風合い。それでいて軽く、フォルムが美しく、スマートな印象を与えてくれる秀逸な一着。ノーストレスのジョガーパンツを合わせ、快適に。

【10】柄ノーカラーコート×黒タートルネックニット×黒パンツ

バッグ『ディヴォーション バッグ』・コート・ニット・パンツ・ピアス(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2018年
バッグ『ディヴォーション バッグ』・コート・ニット・パンツ・ピアス(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious10月号』小学館、2018年

繊細なピンクのバッグも、リッチなディテールゆえに洋服に負けない迫力を発揮。あえてクールなモノトーンの着こなしに投入し、おしゃれの経験を重ねた大人の美意識を思わせて。

ノーカラーコートにvネックを合わせた冬コーデ


【1】グレーノーカラーコート×レッドvネックカーディガン×黒スカート

スカート・コート・赤カーディガン・バッグ・靴(ロエベ)、ピアス・ネックレス(TASAKI〈TASAKI〉)、時計(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
スカート・コート・赤カーディガン・バッグ・靴(ロエベ)、ピアス・ネックレス(TASAKI〈TASAKI〉)、時計(LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

動くたびに艶やかなレザーが揺れる、着映え度満点のドラマティックなスカート。鮮やかなトマトレッドのニットを合わせ、メリハリの効いた素材使い&配色にすることで、さらに美人度をアップさせましょう。

冬のノーカラーコートコーデの関連記事