銀座からほど近い汐留に位置し、世界中のトラベラーに愛されるスマートラグジュアリーホテル・コンラッド東京。感度の高い料理の数々に、昼夜多くの大人の女性が集まる同ホテル内のレストランからこの夏、世界的ブランド「神戸牛」を使った、夏のエネルギーチャージにぴったりな美食メニューが登場しました。

同じフロアにある3つのレストランが、同じ素材を使い、それぞれの個性を発揮した一皿に仕上げたという、期間限定メニューをご紹介します。

■1:モダンフレンチ「コラージュ」の『瞬間燻製で仕上げる極上ステーキ』

モダンフレンチ「コラージュ」
モダンフレンチ「コラージュ」の、瞬間燻製で仕上げる極上ステーキ

こちらで出合えるのは、細かな霜降りが美しい神戸牛のロース肉。ゲストの目の前でシェフが「瞬間燻製」で仕上げるという、モダンフレンチらしいライブ感あふれる演出で、味覚はもちろん、視覚、嗅覚をも満たす一皿「神戸牛ロース肉の瞬間燻製 農園野菜とマスタード」を完成させます。スモーキーかつ芳醇な香りに包まれたロース肉には、神戸牛本体の旨みを引き立てる、赤ワインのマスタードがベストマッチ。契約農家から届いた、みずみずしい夏野菜とともに味わって。

期間/2017年8月31日(木)まで ※月曜定休
時間/ディナー 17:30~21:00
「神戸牛ロース肉の瞬間燻製 農園野菜とマスタード」を含むコース ¥16,000~
「神戸牛ロース肉の瞬間燻製 農園野菜とマスタード」アラカルト ¥16,000(税抜・サービス料別)

■2:日本料理「風花」の『サーロイン、もも肉、ウデ肉の食べ比べ』

日本料理「風花」
日本料理「風花」の、3つの部位を堪能する食べ比べコレクション

神戸牛をとことん味わい尽くす食べ比べコレクションを提案するのは、「風花」。サーロイン、もも肉、ウデ肉に注目し、おいしさが異なるこの3部位、それぞれにふさわしい調理法を創案しました。じっくりと炭火で焼き上げたサーロインは、塩とワサビでシンプルに味わうことで、神戸牛特有の脂の甘味を堪能できます。やわらかなもも肉はローストビーフに、和牛独特のジューシーな旨みを濃厚に感じるウデ肉は、泡状のポン酢で楽しむ冷しゃぶに…と、暑気払いにぴったりな一皿に仕上がりました。

期間/2017年8月31日(木)まで
時間/ランチ 11:30~14:00 ディナー 17:30~21:00
「神戸牛食べ比べ」を含む料理長おまかせコース ¥24,000
「神戸牛食べ比べ」アラカルト ¥8,500(税抜・サービス料別)

■3:オールデイダイニング「セリーズ」の『神戸牛100%バーガー』

オールデイダイニング「セリーズ」
オールデイダイニング「セリーズ」の、神戸牛100%を使用したプレミアムバーガー

軽食やドリンクをカジュアルに味わえるオールデイダイニング「セリーズ」。厳選された旬素材を用いたバーガーセレクションに、神戸牛100%で作り上げたという、なんとも贅沢な逸品が登場しました。パティの旨みをストレートに味わえるようあえて奇をてらわず、オーセンティックに仕上げた「神戸牛バーガー」。ジューシーで肉々しい見た目に反して意外にあっさりと食べられるのは、「さすが、上品な脂味で知られる神戸牛!」と唸ること必至です。フレンチフライと交互にワイルドにほおばる、これぞまさに大人のごちそうバーガーです!

期間/2017年8月31日(木)まで
時間/11:30~22:00
「神戸牛バーガー」(フレンチフライおよびサラダ付き) ¥6,800(税抜・サービス料別)

 

「世界で最も高価な9つの食材」に選ばれたこともある「kobe beef」を使った、それぞれのシェフの感性が際立つ魅力的なメニューの数々。予約をするにも、目移りしてしまいますね。蒸し暑さが増す今こそ、気のおけない友人を誘って出かけてみるのも一興です。

問い合わせ先

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
EDIT&WRITING :
大貫香織