ベージュパンツの冬コーディネートをまとめた記事です。ベージュのワイドパンツをきれいめスタイルで楽しんだり、ベージュのワントーンコーデでこなれ感を演出したりと、大人が似合うベージュパンツの着こなし方を、ラグジュアリーマガジン『Precious』から厳選してご紹介します。

【目次】

レディース冬のベージュパンツコーデ


【1】ベージュパンツ×ベージュジャケット×グリーンブラウス

ジャケット・パンツ・ブラウス・サングラス・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ブレスレット(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアール バイ ウノアエレ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2018年
ジャケット・パンツ・ブラウス・サングラス・バッグ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ブレスレット(ウノアエレ ジャパン〈ワンエーアール バイ ウノアエレ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

実際にまとうと、動いたときのシルエットの美しさにうっとりするマックスマーラのセットアップ。その秘密は、伸縮性のあるストレッチ入りのカシミヤ素材と、熟練した職人の手作業を取り入れて多くの時間を要した、丁寧な仕立てにあり。カーキのバッグと黒のショートブーツを合わせ、ハンサムに。

【2】ベージュパンツ×ベージュコート×ベージュブラウス

コート(デザインワークスドゥ・コート六本木ヒルズ店)、ブラウス・パンツ(wb)、ピアス(エスケーパーズ〈モダン ウィーヴィング〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート(デザインワークスドゥ・コート六本木ヒルズ店)、ブラウス・パンツ(wb)、ピアス(エスケーパーズ〈モダン ウィーヴィング〉)、靴(ジャンヴィト ロッシ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

コートのベージュになじませたワントーンの着こなしに、ケープの黒のチェック柄とパイピングが際立って。ジャンヴィト ロッシのヒールパンプスで抜け感を出し、軽やかに。

【3】ベージュパンツ×キャメルコート×ベージュニット

コート・ニット・パンツ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・リング(ポメラートブティック 銀座店) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
コート・ニット・パンツ・靴(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、ピアス・リング(ポメラートブティック 銀座店) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

元祖「テディベアコート」の人気は衰え知らず! キャメルヘアにシルクをブレンドした素材を、特殊な加工でけば立たせたエコファーを使用。ドロップショルダーから続く、ゆったりとしたコクーンシルエットに、大きめのラペルが上品なきちんと感をプラスします。全身をワントーンで着こなして、コートの存在感を引き立てて。クロコ型押しのロングブーツで、足元に重心をつくると好バランスです。

【4】ベージュパンツ×キャメルコート

コート・パンツ・ショートブーツ(エルメスジャポン) 撮影/下村一喜 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート・パンツ・ショートブーツ(エルメスジャポン) 撮影/下村一喜 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

素材の進化が、コートに新鮮な風合いと心地よさを運んでくれます。ニッティングファーのように見えるラップコートは、シルクジャージーの編み地に、キャメルヘアをあしらったもの。やわらかく、ふわふわとした質感と温もりが楽しめます。

【5】ベージュパンツ×チェックジャケット×ブルーブラウス

ジャケット(ブラミンク)、ブラウス(三喜商事〈アルビーノ テオドロ〉)、パンツ(Theory luxe)、ベルト(wb)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、時計(ポアレ ブティック ホテルニューオータニ店)、バッグ(JIMMYCHOO)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年
ジャケット(ブラミンク)、ブラウス(三喜商事〈アルビーノ テオドロ〉)、パンツ(Theory luxe)、ベルト(wb)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈グッチ〉)、時計(ポアレ ブティック ホテルニューオータニ店)、バッグ(JIMMYCHOO)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/小林美菜子 BY:『Precious10月号』小学館、2019年

主役のテーラードジャケットは、ブラウン系を基調にした英国調チェック。ビッグなボックスシルエットが特徴です。女性らしく優しく見せるために、チェックのなかの1色=サックスブルーのブラウス×上品ベージュのパンツで、全体を明るいトーンに仕上げれば、こなれた印象の着こなしに。ウエストINのきちんと感を強調する太ベルトで、スタイルアップを計るのがポイント。

【6】ベージュパンツ×グレーコート

コート(キートン)、パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、帽子『Q.S.ライン』(ボルサリーノ ジャパン)、バングル(ブルガリ)、 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
コート(キートン)、パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、帽子『Q.S.ライン』(ボルサリーノ ジャパン)、バングル(ブルガリ)、 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

ライトベージュの中折れ帽とダブルフェースのコートで、颯爽とした印象に。帽子の前をつまんでフロントピンチを際立たせると、よりハンサムな表情を楽しめます。

【7】ベージュパンツ×キャメルジャケット

ジャケット・バッグ・パンツ(ロエベ ジャパン)、ピアス・リング・バングル(コロネット〈アントニーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
ジャケット・バッグ・パンツ(ロエベ ジャパン)、ピアス・リング・バングル(コロネット〈アントニーニ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

大きなアウトポケットと、肩の切り替え部分に、明るいベージュを配したキャメルカラーのジャケットは、斜めがけのバッグでアクティブに遊んで。発色のいいオレンジレザー×ラフィアが爽やかなコンビ素材のバッグは、タフなジャケットとも調和して、より上級なカジュアルスタイルを描きます。バッグのオレンジは、ナチュラルなベージュに合わせることで、強い色でありながらも目立ちすぎず、大人のリッチ感を香らせます。

【8】ベージュパンツ×キャメルコート

シェアリングコート・パンツ・靴(ロエベ ジャパン)、靴下/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2019年
シェアリングコート・パンツ・靴(ロエベ ジャパン)、靴下/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious2月号』小学館、2019年

キャメルに走る白のラインがモダンさを、大きなフラップポケットやパッチワークのようなクラフト感がノスタルジックな雰囲気を印象づける、シェアリングコート。内側がファーに覆われたオーバーサイズのコートをまとえば、どんな極寒にも負けない暖かさ。

【9】ベージュパンツ×黒コート×白ニット

コート(エストネーション〈エストネーション〉)、ニット・パンツ(ブラミンク)、スカーフ(スローン)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、靴(トッズ・ジャパン)、その他/スタイリスト私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年
コート(エストネーション〈エストネーション〉)、ニット・パンツ(ブラミンク)、スカーフ(スローン)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ〈アルテミス・ジョイエリ〉)、靴(トッズ・ジャパン)、その他/スタイリスト私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious1月号』小学館、2019年

端正な顔立ちのブラックコートに、ニットのジョガーパンツとハードなショートブーツを合わせ、足元重めの旬バランスを。ローゲージニットの襟元には、鮮やかなプリントスカーフをさりげなくイン。ただのカジュアルに終わらせない上級テクニックで、遊び着の要素の強いジョガーパンツも、高級感のある着こなしが可能に。

【10】ベージュパンツ×黒ダウンジャケット×ベージュニット

撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2019年 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2019年
撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2019年 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious1月号』小学館、2019年

スキーなど、休日にスノースポーツをする際に活躍するのが、ヘルノのアウター。エレガントなラインなので、品よく見えるのもうれしい点。ブラミンクのニットパンツや、ムートンブーツで足元の寒さ対策もしっかりと。セリーヌのボトルネックニットとボトムの色を淡いトーンでつなげて、ダウンコートのスタイルをさらにすっきり見せるひと工夫を。ルイ・ヴィトンのファーストールは、シックカラーの着こなしを華やげるパワーに満ちて。ホテルの食事の際などに、サッと肩にかけることもできる、旅に便利なアイテムです。

ワイドベージュパンツのきれいめ冬コーデ


【1】ベージュワイドパンツ×ネイビーコート×黒ニット

ニット(グルッポタナカ〈リビアナ コンティ〉)、コート(エストネーション〈ケイト〉)、パンツ(ブラミンク)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン)、ネックレス・ピアス・リング(ミキモトカスタマーズ・サービスセンター) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ニット(グルッポタナカ〈リビアナ コンティ〉)、コート(エストネーション〈ケイト〉)、パンツ(ブラミンク)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン)、ネックレス・ピアス・リング(ミキモトカスタマーズ・サービスセンター) 撮影/石倉和夫 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

ビッグシルエットのパンツと、ネイビーのトレンチコートという男前なアイテムに、女らしいタートルネックニットや黒パールのネックレスを合わせた、大人の品格を感じさせるマスキュリンスタイル。

【2】ベージュワイドパンツ×黒ブラウス

ヴァレンティノのパンツ・ブラウス・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス・ピアスチェーン/片耳用・リング(フレッド) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年
ヴァレンティノのパンツ・ブラウス・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス・ピアスチェーン/片耳用・リング(フレッド) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious12月号』小学館、2018年

ブラック×ベージュのシックトーンで華やぎシーンに臨むときこそ、ディテールにこだわって。ベージュのパンツは、センタープレスがきいた、キリッとしたシルエットが見事。程よい緊張感が、華やぎシーンにふさわしいオーラを生み出して。パンツにハリ感があるからこそ、シルクブラウスのなめらかさが際立つ。着席シーンには、耳元で揺れるシャンデリアピアスが活躍。

クラシックなチェック柄のトレンチコートは、ビッグシルエットによるしなやかなドレープ感が魅力。トラッドなアイテムを女らしく見せるのもソニア リキエルの得意技! 肩を覆うほど広いラペルや、ゆったりとしたそでなどトレンドを重ねることで、ベージュ×黒の王道の洗練配色が、ひときわ新鮮に。

【3】ベージュワイドパンツ×ネイビーコート×ブラウンニット

コート(トラデュイール)・ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)ストール(エルメスジャポン)、バッグ・ストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年
コート(トラデュイール)・ニット(ドゥロワー 丸の内店〈ドゥロワー〉)、パンツ(スローウエアジャパン〈インコテックス〉)ストール(エルメスジャポン)、バッグ・ストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious11月号』小学館、2018年

大人の上質な日常服を提案するトラデュイールのつくるチェスターコートは、ドロップショルダーやコクーンシルエットのモダンな味付けが魅力です。カシミヤの薄軽ダブルフェース生地だから、はおりもの感覚で着こなせます。合わせる装いを選ばない上品なダークネイビーのきれいめミモレ丈コート。

【4】ベージュワイドパンツ×グレージュコート×グレーニット

コート・ニット・パンツ・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2018年
コート・ニット・パンツ・バッグ(ブルネロ クチネリ ジャパン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2018年

世界的にグレージュ人気に火をつけたブランドといえば、「ブルネロ クチネリ」をおいてほかにはいないでしょう。その洗練の秘訣は、グレージュ一色を重ねているわけではなく、青みのグレーと黄みのベージュの合わせ方が絶妙で、全体の印象として絶妙なグレージュに仕上がっているというもの。このカーディガンがまさにそれ。今年らしいタータンチェックをモチーフに、モヘアの毛足がふんわりと立体感を生んで、スパンコールの輝きも華やか。迫力のシルエットで優雅に楽しみたい。

冬のベージュパンツコーデの関連記事