40代女性におすすめの、人気レディースファッションブランドと、大人可愛い&カジュアルファッションコーデまとめ。ファッション雑誌『Precious』より、最愛ブランドの名品アイテムをご紹介するとともに、40代からの大人可愛いコーデ・カジュアルコーデを提案します。大人のおしゃれをブラッシュアップしたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

【目次】

40代女性におすすめの人気ファッションブランド


【1】ロロ・ピアーナ

ニット・スカート・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ニット・スカート・バッグ・靴(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ピアス・バングル(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious4月号』小学館、2019年

ロロ・ピアーナのコンパクトなリブの半袖ニットとボックスプリーツのスカートで、上品なフェミニンを目指して。マロンカラーの小物を合わせることで、ネイビーの着こなしに奥行きが生まれます。ティファニーのシルバーの『ボーン カフ』バングルで、辛口なアクセントを。

【2】ロエベ

シャツ・スカート・靴(ロエベ ジャパン)ピアス・リング(ラリック銀座店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
シャツ・スカート・靴(ロエベ ジャパン)、ピアス・リング(ラリック銀座店) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

服だけでなく、インテリアやアート、工芸など日常を彩るあらゆるモノに審美眼を行き渡らせることが、エレガントなたたずまいにつながる。たとえばギャラリーのように、研ぎ澄まされた「目利き」が集まる場所には、デザインに遊び心のあるおしゃれを。揺れるプリーツの美しさ、大胆なカット、きれい色などデザイン性が豊かで女らしいスカートがおすすめ。

【3】ルイ・ヴィトン

ジャンプスーツ・スカーフ・手に持ったブルゾン・サングラス・時計・バッグ『オン・ザ・ゴー』・靴・カート内/トランク・帽子ケース・ポシェット(ルイ・ヴィトン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ジャンプスーツ・スカーフ・手に持ったブルゾン・サングラス・時計・バッグ『オン・ザ・ゴー』・靴・カート内/トランク・帽子ケース・ポシェット(ルイ・ヴィトン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

軽やかなウールギャバジンで心地いいジャンプスーツがあれば、フライト時間も快適。首元に添えたスカーフや時計、バッグで白を効かせて、初夏に似合う爽快なアクセントを。

【4】ラルフ ローレン

ニットフーディ・ジャケット・デニム(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレンコレクション〉)、時計(ブルガリ ジャパン)、ヨガマット(イージーヨガジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ニットフーディ・ジャケット・デニム(ラルフ ローレン〈ラルフ ローレンコレクション〉)、時計(ブルガリ ジャパン)、ヨガマット(イージーヨガジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

シンプルで薄手のニットフーディに、デニムとダブルのジャケットを合わせた、ジムに通うときのきれいめワンーンコーディネート。「アスレジャー(運動と余暇の造語)」と呼ばれるスポーティなファッションが注目される今、健康的な美しさこそ、新しいエレガンスの基準に。

【5】ミカコ ナカムラ

ブラウス・スカート(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉) 撮影/戸田嘉昭・小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
ブラウス・スカート(オールウェイズ〈ミカコ ナカムラ〉) 撮影/戸田嘉昭・小池紀行・池田 敦(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

だれもが一目おく凛とした女らしさ。それをスタイルアップしつつ実現してくれるのが、ボウブラウスとハイウエストスカート。配色で美人効果を意識するのもおしゃれ上手の視点。ターコイズ×グレージュならば、座っても、佇んでも、遠目でも…絵になる女性に!

【6】マックスマーラ

ジャケット・Tシャツ・パンツ・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、イヤーカフ・リング(エストネーション六本木ヒルズ店〈ブランイリス〉)、靴(ドゥロワー 六本木店〈ジャンヴィト・ロッシ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2020年
ジャケット・Tシャツ・パンツ・バッグ(マックスマーラ ジャパン〈マックスマーラ〉)、イヤーカフ・リング(エストネーション六本木ヒルズ店〈ブランイリス〉)、靴(ドゥロワー 六本木店〈ジャンヴィト・ロッシ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious3月号』小学館、2020年

辛口のカーキベージュのジャケットとパンツに、白とスモーキーグリーンで優しい春の気配を添えて。白のTシャツが、カーキベージュの装いの透明感を高める決め手。洋服になじむスモーキーグリーンのバッグで、フレッシュな個性を演出。

【7】バレンシアガ

バッグ『アワーグラス トップ ハンドル S 』・トレンチドレス(バレンシアガ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious10月号』小学館、2019年
バッグ『アワーグラス トップ ハンドル S 』・トレンチドレス(バレンシアガ ジャパン) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious10月号』小学館、2019年

黒の装いを極めた大人の女性の余裕を感じさせる『アワーグラス トップ ハンドル』Sサイズのレッド。縦ラインを強調するショルダーバッグで、黒のシルクトレンチドレスにさらりと効かせて…。すっきりとスタイルアップしながら、クールな色香が漂う羨望の着こなしに。

【8】ポール カ

カーディガン・ワンピース(アオイ〈ポール カ〉)、ブレスレット(チェルキ〈ギャレッタ〉)、ピアス・リング(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2019年
カーディガン・ワンピース(アオイ〈ポール カ〉)、ブレスレット(チェルキ〈ギャレッタ〉)、ピアス・リング(アルテミス・ジョイエリ) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2019年

避暑地でのおしゃれも女らしさを忘れたくないから、選んだのは半そでワンピースとボレロタイプのカーディガンとのセットアップ。ワンピースはバスト上の部分がリブニット、それ以外は体のラインを拾わないやや厚手のニット素材で、着心地は抜群。襟元やポケットの白いステッチが、リッチなクラス感を漂わせています。

【9】ブルネロ クチネリ

カーディガン・ブラウス・パンツ・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス(カドー伊勢丹新宿店)、バングル(チェルキ〈ギャレッタ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
カーディガン・ブラウス・パンツ・バッグ・靴(ブルネロ クチネリ ジャパン)、ピアス(カドー伊勢丹新宿店)、バングル(チェルキ〈ギャレッタ〉) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

精緻な刺しゅうトップスとナチュラルな風合いのパンツに、ブルネロ クチネリのアイコンディテール「モニーレ」(マイクロボールチェーン)を縦使いしたロングカーディガンをはおって。繊細な艶と輝きが調和したミルキーグラデーションが、着こなしをラグジュアリー・モードに導きます。

カーディガンは薄く軽く、爽やかなタッチの編み地。襟周りから前立てにかけてアイコンの「モニーレ」を配したロング丈。両サイドのポケットが大人かわいいアクセントを添えて。

【10】フェンディ

バッグ・ジャケット・パンツ・ピアス(フェンディ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年
バッグ・ジャケット・パンツ・ピアス(フェンディ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious3月号』小学館、2019年

ハンドルに多彩なカラーレザーが編み込まれたフェンディのバッグ『ピーカブー』を、理知的な柄のジャケット&白パンツスタイルに投入。

【11】ファビアナフィリッピ

スカート・レイヤードデザインニット(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2019年
スカート・レイヤードデザインニット(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ピアス(ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious5月号』小学館、2019年

ふんわりしつつもふくらみすぎないシルエットを計算し尽くしたチュールスカートは、トップスを選ばず活躍。パンツスタイルに合わせることが多い白シャツ+グレーのカーディガンのレイヤード風ニットとも相性抜群。

ウエスト位置を高く見せるレザーベルトの装飾とスカートの軽やかなボリュームが、大げさにならないフィット&フレアシルエットを演出。淡いグレーの着こなしをすっきり見せつつ、辛口フェミニンな印象に。

【12】ヌメロ ヴェントゥーノ

ブラウス・スカート(IZA〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、バングル・リング(ピアジェ)、サングラス・バッグ・ストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
ブラウス・スカート(IZA〈ヌメロ ヴェントゥーノ〉)、バングル・リング(ピアジェ)、サングラス・バッグ・ストラップ(トッズ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

シルク混のやわらかな生地が優しく揺れて、大人の色香を引き立てるベージュブラウス。細かなギャザーがきれいなふくらみを描く袖や肩のフリルで、顔周りはジュエリーいらずの華やかさに。清潔感のあるホワイトバッグで、毅然としたいい女スタイルが完成します。

【13】ドルチェ&ガッバーナ

ニット・カーディガン・デニム・シューズ・ピアス(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
ニット・カーディガン・デニム・シューズ・ピアス(ドルチェ&ガッバーナ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

年齢を重ねても、知性は枯れない。新しいものを「知る」ことへの好奇心が、大人をワクワクさせて、いつまでもみずみずしさを保ってくれるから、静かに読書をする時間は大切にしたい。そして、女性が何かに没頭する姿は、魅力的だけれど、無防備になりがち。だからこそ、落ち着いたモノトーンや優美なレースで、きちんと女らしさが映える装いを。

【14】ディオール

バッグスモール『ブック トート』・ブラウス・デニム・イヤリング(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
バッグスモール『ブック トート』・ブラウス・デニム・イヤリング(クリスチャン ディオール〈ディオール〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

繊細なストライプ、シルクのしなやかな素材感、軽やかに風とたわむれるリラックスシルエット…ひと目で特別とわかるブラウスとデニムで、クラス感の香る大人カジュアルを完成。新サイズのスモール『ブックトート』で、気品あふれる千鳥柄を小粋に楽しむのも、新鮮! 

【15】ステラ マッカートニー

ジャケット・Tシャツ・パンツ・バッグ・スニーカー(ステラ マッカートニー) リング(カルティエ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ジャケット・Tシャツ・パンツ・バッグ・スニーカー(ステラ マッカートニー) リング(カルティエ) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious6月号』小学館、2019年

まず最優先したいのが、キャリアの日常に不可欠なジャケットスタイル。インにはTシャツを、足元は流は行やりの厚底スニーカーを合わせる自由なカジュアルセンスに、大人の余裕が感じられて。ジャケットもパンツも端正なカッティングながら、ややゆとりのあるシルエットそのものにラフな着くずし感があって、断然今っぽい。

【16】ジル・サンダー

シャツ・スカート(ジルサンダージャパン.ジル サンダー+.)、ピアス・バングル(ウノアエレ ジャパン)、靴/私物 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious11月号』小学館、2019年
シャツ・スカート(ジルサンダージャパン.ジル サンダー+.)、ピアス・バングル(ウノアエレ ジャパン)、靴/私物 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious11月号』小学館、2019年

ジル サンダー+の美学が詰まったシャツとプリーツスカートを合わせた、シンプルを極めた着こなし。日本製の上質なウールフランネル素材をセットアップにすることで、上品でありながら、モードが香るベーシックが完成します。

【17】シャネル

バッグ・バングル・ジャンプスーツ/ベルト付き(シャネル) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious7月号』小学館、2019年
バッグ・バングル・ジャンプスーツ/ベルト付き(シャネル) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious7月号』小学館、2019年

ツイード地があしらわれた白のジャンプスーツに、クロシェ編みのストライプ柄バッグで夏らしい、楽しげなムードを漂わせて。肩にかけて収まりがいいバッグは、ロープをざっくりと編み込んで仕上げたショッパー風と、やわらかなラムレザーのアウトポーチを重ねたデザイン。きれい色のバッグはそれだけで視線を集めるものだからこそ、ジュエリー使いは控えめに。ボリュームバングルを手元にひとつ添えて、ヨーロッパマダムのように辛口なアクセントを。

【18】サンローラン

ジャケット・ブラウス・スカート・バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイアンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
ジャケット・ブラウス・スカート・バッグ(イヴ・サンローラン〈サンローラン バイアンソニー・ヴァカレロ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

テーラードジャケットのなかでも、やわらかな印象を与えるのが、ツイード素材のもの。ボウブラウスやレザーのタイトスカートを合わせて、とことん女らしく着こなして。素材感のあるジャケットは大きめシルエットを選んでおくと、色気のある肩がけが様になります。

【19】サルヴァトーレ フェラガモ

カーディガン・スカート・バッグ・靴(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
カーディガン・スカート・バッグ・靴(フェラガモ・ジャパン〈サルヴァトーレ フェラガモ〉) 撮影/生田昌士(hannah) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

メタルボタンがアクセントのカーディガンとデニムスカートを合わせた、上品に着映えるブラック・コーディネート。クルーネックのカーディガンは、シルクブレンドのしなやかさが女らしい逸品です。

鮮やかなブルーで彩られたバッグは、程よい収納力がありながら、『ガンチーニ』モチーフがグラフィカルに艶めき、着こなしの要になってくれます。

【20】グッチ

バッグ・ブラウス・パンツ・リング(グッチ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
バッグ・ブラウス・パンツ・リング(グッチ ジャパン) 撮影/熊澤 透 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

アレッサンドロ・ミケーレによる新生グッチが、若い世代を巻き込んで流行を次々生み出すなか、クラシックなバンブーハンドルの人気は衰えを知らない。上質なアリゲーターと、丹念に磨き上げられ、美しいカーブを描くバンブーハンドルとの艶やかなコンビネーションは絶妙。昔のようにシックに合わせるのもいいけれど、あえて最旬のデコラティブな存在感のある装いに合わせたい。

【21】エルメス

ブーツ『ヴァリアシオン』・ニット・パンツ・ストール・ピアス・グローブ(エルメスジャポン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2019年
ブーツ『ヴァリアシオン』・ニット・パンツ・ストール・ピアス・グローブ(エルメスジャポン) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious11月号』小学館、2019年

スポーティさを兼ね備えた、エルメスのラバーソールバージョンの「乗馬ブーツ」。こっくりしたキャメルカラーに『ケリー』の留め具がデザインされたエルメスらしいブーツも、今までより少しカジュアルな、新しい気分を楽しんで。

【22】エミリオ・プッチ

スカーフ付きドレス・パンツ・バッグ『ドラ』(エミリオ・プッチ ジャパン)、リング/中指から(イレアナ・マクリ 伊勢丹新宿店) 撮影/CHITO(THE OCTOPUS) BY:『Precious3月号』小学館、2020年
スカーフ付きドレス・パンツ・バッグ『ドラ』(エミリオ・プッチ ジャパン)、リング/中指から(イレアナ・マクリ 伊勢丹新宿店) 撮影/CHITO(THE OCTOPUS) BY:『Precious3月号』小学館、2020年

南洋の島の花々をまとう女性をモチーフにした、エミリオ・プッチの『バイネ』プリントのなかから、ループ状の幾何学モチーフだけをすっきりと抜粋して、リボン状にあしらったスカーフが襟元に付いたワンピース。オンタイムに最適な黒のチュニックドレスが、明るいブルーのリボンスカーフを差すだけで、こんなにも華やかな印象に。さらに存在感のあるデザインのバッグで、モード感を加速して。

【23】ヴァレンティノ

ヴァレンティノのシャツ・パンツ・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス・バングル(TASAKI〈TASAKI〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
ヴァレンティノのシャツ・パンツ・ヴァレンティノ ガラヴァーニのバッグ・靴(ヴァレンティノ ジャパン)、ピアス・バングル(TASAKI〈TASAKI〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

たっぷりとしたバルーンスリーブの白シャツは、それ一枚で気品さえ漂って。華やかなシャツを主役にするために、ボトムは黒の細身パンツですっきりと。ここでヒール靴を合わせると、堅い印象になりすぎてしまうおそれも…。ポインテッドトウのフラット靴で、足元には抜け感をもたらして。

白シャツはストレッチのきいたコットン素材はシワになりにくく、なめらかな仕上がりに。ボウタイは、ゆるく結んだり、首回りに巻いたりと、自在なアレンジを楽しめる。

【24】アニオナ

カーディガン・ブラウス・スカート(三喜商事〈アニオナ〉)、眼鏡(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ピアス・バングル(ザ・ショーケース バイ デルパン GINZA SIX店〈アイアムバイ イレアナ・マクリ〉)、リング(シハラ ラボ〈シハラ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年
カーディガン・ブラウス・スカート(三喜商事〈アニオナ〉)、眼鏡(ケリング アイウエア ジャパン〈ボッテガ・ヴェネタ〉)、ピアス・バングル(ザ・ショーケース バイ デルパン GINZA SIX店〈アイアムバイ イレアナ・マクリ〉)、リング(シハラ ラボ〈シハラ〉) 撮影/浅井佳代子 BY:『Precious4月号』小学館、2019年

シルクデシン×シルクニットを組み合わせたローブ風デザイン。ゆったりシルエットに手首がのぞくそでが抜け感を添えて。ブラウスもスカートもシルク素材。繊細な艶とやわらかなドレープが響き合い、ラグジュアリーなキャメル・レイヤードスタイルが完成します。

【25】アクリス

ワンピース・ジャケット・バッグ・靴(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年
ワンピース・ジャケット・バッグ・靴(アクリスジャパン〈アクリス〉)、その他/私物 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious6月号』小学館、2019年

ギャラリーを訪れる休日は、ブルゾンタイプのジャケットをさっとはおり、足元にスニーカーを投入。スニーカーとも相性がよく、カジュアルに着こなせるのも、このロングワンピースに惹かれる理由です。足さばきのいいワンピースから、軽やかなエレガンスが生まれます。

【26】ebure(エブール)

スカート・ニット(ebure)、ピアス・バングル(チェリーブラウン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年
スカート・ニット(ebure)、ピアス・バングル(チェリーブラウン)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious3月号』小学館、2019年

リバーレース生地本来の美しさを生かした、洗練デザインのマキシ丈スカートを主役に、すそが大胆に開いて動きやすいトップスを合わせたスタイリング。

40代女性のための大人可愛いファッションコーデ


【1】ライトグレーニット×ネイビースカート

ニット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ストラスブルゴ〉)、ピアス・ネックレス・リング(TASAKI)、バッグ(エリオポール代官山〈ザンケッティ〉)、靴(ブラミンク〈フラテッリジャコメッティ〉) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious4月号』小学館、2020年
ニット(アクリスジャパン〈アクリス〉)、スカート(ストラスブルゴ〈ストラスブルゴ〉)、ピアス・ネックレス・リング(TASAKI)、バッグ(エリオポール代官山〈ザンケッティ〉)、靴(ブラミンク〈フラテッリジャコメッティ〉) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious4月号』小学館、2020年

ハリのあるコットン混生地にアコーディオンプリーツを施して、エアリーな量感を出したネイビースカートが主役のスタイリング。プリーツスカートの軽やかさを着こなし全体でキープするべく、合わせたニットも素材を薄手のカシミアシルク、色をペールベージュに仕上げるのが、着こなしの成功の秘訣。

【2】ブラウンコート×ピンクベージュブラウス×柄スカート

スカート(フェンディ ジャパン)、コート(マックスマーラ ジャパン〈エス マックスマーラ〉)、ブラウス(ストラスブルゴ)、バッグ(フェンディ ジャパン)、靴(ジャンヴィトロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2020年
スカート(フェンディ ジャパン)、コート(マックスマーラ ジャパン〈エス マックスマーラ〉)、ブラウス(ストラスブルゴ)、バッグ(フェンディ ジャパン)、靴(ジャンヴィトロッシ ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2020年

ハリのあるシャンタン生地を使ったボウブラウスに、ブリックカラーのトレンチコートと、シルクオーガンジーのプリントスカートを合わせたコーディネート。色味が異なるベージュトーンでそろえた品のよい装いに、ふんわりボウのブラウスを合わせたら、お祝いのシーンにふさわしい華やぎ感も加わって。

【3】白ジャケット×ピンクブラウス×グレースカート

スカート(サン・フレール〈エルマンノ シェルヴィーノ〉)、ブラウス(ストラスブルゴ〈アダム リップス〉)、ジャケット(wb)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、時計(ジャガー・ルクルト)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2020年
スカート(サン・フレール〈エルマンノ シェルヴィーノ〉)、ブラウス(ストラスブルゴ〈アダム リップス〉)、ジャケット(wb)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、時計(ジャガー・ルクルト)、靴(JIMMY CHOO) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2020年

優しい印象を与えるピンクのブラウスを、ひざ下丈のグレンチェックのロングスカートにINし、白ジャケットを着用した、クライアントとのアポイントがある日の品格漂う、コンサバティブな装い。

【4】ネイビーニット×白シャツ×ベージュスカート

ニット(ブラミンク)、シャツ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、スカート(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2020年
ニット(ブラミンク)、シャツ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、スカート(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、バッグ(モワナ メゾン GINZA SIX)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2020年

ミルキーベージュ×白に、さわやかな知性を授けるのがネイビー。クリーンな配色が堅苦しい印象にならないように、ネイビーニットの襟元とそで口から白をのぞかせるのが、こなれ感のポイント。ミルキーベージュのスカートと響き合い、軽やかなエレガンスが香り立って。

きちんと感のあるハンドバッグとパンプスで仕上げれば、だれからも愛される、進化系ノーブルスタイルの完成!

【5】ベージュジャケット×ピンクニット×ピンクパンツ

ニット(クルチアーニ)、パンツ(ブルーベル・ジャパン〈ホープ〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、ジャケット(アングローバル〈イレーヴ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈モンブラン〉)、バングル(エストネーション六本木ヒルズ店〈ブランイリス〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2020年
ニット(クルチアーニ)、パンツ(ブルーベル・ジャパン〈ホープ〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、ジャケット(アングローバル〈イレーヴ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈モンブラン〉)、バングル(エストネーション六本木ヒルズ店〈ブランイリス〉)、バッグ(JIMMY CHOO)、靴(セルジオ ロッシ) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2020年

ドライなベージュ×切れのいい白で仕上げたスタイリッシュな着こなしに、大人の女性らしいエレガンスの奥行きを感じさせるのがピンクという「効かせ色」です。とはいえ、甘さが際立っては気恥ずかしいから…。1色を効かせるのではなく、ピンクのトーンを微妙にずらしながら、やわらかなニュアンスを取り入れるのが、こなれ感のポイントです。

ベージュになじむスモーキーなピンクをていねいに重ねて、媚のない色香のある着こなしを表現して。キャメルベージュをスモーキーピンクの濃淡で、表情豊かに。ニットは明るい肌映え、パンツは引き締め効果を意識し、中間トーンのストールでなじませて。

【6】ピンクカーディガン×ピンクニット×白パンツ

パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、カーディガン・ニット(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ピアス・バングル(フレッド)、バッグ(ヴァレクストラ. ジャパン)、靴(ブルーベル.ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious3月号』小学館、2020年
パンツ(ウールン商会〈ペセリコ〉)、カーディガン・ニット(ドゥロワー 六本木店〈ドゥロワー〉)、ピアス・バングル(フレッド)、バッグ(ヴァレクストラ. ジャパン)、靴(ブルーベル.ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious3月号』小学館、2020年

鮮やかなピンクのツインニットと、入トーンのベージュパンツを合わせ、颯爽とオフィスへ。今季注目のハイトーンベージュの9分丈テーパードパンツは、美脚パンツを原点とするペセリコのもの。

適度なストレッチ性や後ろウエストを部分的にリブバンドにしたデザインなど、美しいレッグラインとともに着やすさも追求。春らしいピンクニットはパステル調の色味を選ぶと、ハイトーンベージュになじんで、着こなしに統一感が生まれます。

【7】白ブルゾン×白トップス×ブルースカート

ブルゾン・トップス・スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、デルフィーヌ・シャルロット パルモンティエのブレスレット・ダニエラ・デ・マルキのリング(H.P.FRANCE)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
ブルゾン・トップス・スカート(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、デルフィーヌ・シャルロット パルモンティエのブレスレット・ダニエラ・デ・マルキのリング(H.P.FRANCE)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(クリスチャン ルブタン ジャパン) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

白ブルゾンは、チュールとシルクオーガンジーのダブルフェース。白の薄手ジャージートップス&アイシーブルーのリネン混スカートに合わせて、繊細な色と素材合わせを楽しむ、大人ならではの上品かわいいスカートスタイルです。バッグもヴァレクストラのアイシーブルー、足元は華奢なルブタンのアンクルストラップサンダルで、クールな味付けを。

【8】ピンクワンピース×ベージュベルト

ワンピース・ベルト(三喜商事〈アニオナ〉)、バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
ワンピース・ベルト(三喜商事〈アニオナ〉)、バングル・時計(ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク)、バッグ(トッズ・ジャパン) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

優しい雰囲気をもちながらキレもあるワンピースの装いなら、ビジネスシーンにも活躍。サーモンピンクとベージュのシルクワンピースは、ネックラインや肩、そで口部分がニット素材に。さらにレザーベルトでマークして、シャープさを加えて。

【9】ライトベージュカーディガン×ライトベージュニット×ベージュスカート

ニット・カーディガン(クルチアーニ 銀座店〈クルチアーニ〉)、スカート(キートン)、ネックレス(ミキモト)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
ニット・カーディガン(クルチアーニ 銀座店〈クルチアーニ〉)、スカート(キートン)、ネックレス(ミキモト)、バッグ(ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)、靴(ブルーベル・ジャパン〈マノロ ブラニク〉) 撮影/小池紀行(パイルドライバー) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

この時期、心惹かれる明るいベージュ系コーディネートを、ハイウエストのソフトAラインスカートで今季顔に。スカートのシルクサテンとリブニットの素材コントラストが、互いの魅力を引き立て合って。ロジェ・ヴィヴィエとマノロ ブラニクの白のレザー小物も、清楚な雰囲気づくりに一役買っています。

【10】グレーニット×白シャツ×ベージュスカート

スカート・ニット・シャツ・バッグ・靴(プラダ) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年
スカート・ニット・シャツ・バッグ・靴(プラダ) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious5月号』小学館、2019年

ゆるやかに広がるソフトAラインスカートが、さりげないのにハッと目を引く印象の決め手。ふんわりしすぎないソフトなボリュームから、知的な女らしさが醸し出されて。シャイニーベージュのシルクサテンは、きれいなラインを形づくる適度な厚みのダブルフェース。すそにあしらわれたリボンが可憐さを添えて。

40代女性のためのカジュアルファッションコーデ


【1】ベージュロングジレ×白Tシャツ×ライトグレーパンツ

ジレ・カットソー・パンツ (アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、サングラス (アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)、ピアス・バングル (ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious4月号』小学館、2020年
ジレ・カットソー・パンツ (アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、サングラス (アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)、ピアス・バングル (ウノアエレ ジャパン〈ウノアエレ〉) 撮影/長山一樹(S-14) BY:『Precious4月号』小学館、2020年

白Tシャツを普段着に見せないのは、ロングジレのリッチ感のおかげ。淡いグレーのリラックスパンツを合わせ、肩の力が抜けた極上のカジュアルを。ジレのナローラペルの細身のシルエットは、程よいきちんと感もキープ。

【2】ネイビーシャツ×ライトグレーパンツ

シャツ(トレメッツォ〈バグッタ〉)、パンツ(ビームス ハウス 丸の内〈エッフェ ビームス〉)、サングラス(アイヴァン PR〈アイヴァン〉)、イヤーカフ(アルテミス・ジョイエリ)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(TOMORROWLAND〈CULT GAIA〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious4月号』小学館、2020年
シャツ(トレメッツォ〈バグッタ〉)、パンツ(ビームス ハウス 丸の内〈エッフェ ビームス〉)、サングラス(アイヴァン PR〈アイヴァン〉)、イヤーカフ(アルテミス・ジョイエリ)、ネックレス(チェルキ〈ミッレ〉)、時計(ヴァシュロン・コンスタンタン)、バッグ(TOMORROWLAND〈CULT GAIA〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious4月号』小学館、2020年

かっこいいのに女らしい!ミラノマダムのようなこなれたシャツ×パンツスタイル。リネンパンツにキメの美しいネイビーシャツをタックインし、イタリアの伊達男を彷彿させる、洒脱な着こなしに。ロングパールや白のローファーで、清潔感と気品を加えるのが成功のカギ。

【3】ベージュロングジレ×白ニット×イエローパンツ

ジレ・パンツ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ニット(トラデュイール)、時計(ソーウインド ジャパン〈ユリス・ナルダン〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年
ジレ・パンツ(アオイ〈ファビアナフィリッピ〉)、ニット(トラデュイール)、時計(ソーウインド ジャパン〈ユリス・ナルダン〉)、バッグ(ヴァレクストラ・ジャパン)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年

ソフトな風合いのコットンサテンのジレは、トレンチコートをベースに仕立てられたもの。ウエストマークすればキリリとした印象。ボタンを開けて小粋にはおるのもおしゃれ。合わせるのは、ベージュトレンチと相性のいい、イエローのパンツで溌溂と。ブラウン小物がこなれた印象へと導く鍵に。

【4】ベージュカーディガン×白Tシャツ×ブルーパンツ

カーディガン(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、Tシャツ(Vince表参道店)、パンツ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、時計(ソーウインド ジャパン〈ユリス・ナルダン〉)、バッグ(アオイ〈プリニオヴィゾナ〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年
カーディガン(三喜商事〈ピアッツァ センピオーネ〉)、Tシャツ(Vince表参道店)、パンツ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン〈エンポリオ アルマーニ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、時計(ソーウインド ジャパン〈ユリス・ナルダン〉)、バッグ(アオイ〈プリニオヴィゾナ〉)、靴(トッズ・ジャパン) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious4月号』小学館、2020年

すっきりとしたブルー&美脚効果の高いベルテッドのハイウエストパンツで、シンプルなTシャツ×ニットというコーディネートに、スタイルアップを実現! 淡色でまとめて、ブルーの発色を際立たせて。後退色でもあるブルーやパープルなどの寒色には、下半身をすっきり見せる効果が。

【5】白コート×白ニット×ライトブルーパンツ

コート・パンツ(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ニット(コロネット〈アバティ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2020年
コート・パンツ(ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店)、ニット(コロネット〈アバティ〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、ピアス(アルテミス・ジョイエリ)、バッグ・靴(トッズ・ジャパン) 撮影/水田 学(NOSTY) BY:『Precious4月号』小学館、2020年

高密度のシルクヤーンとウールクレープで織り上げたきれい色パンツは、独特のハリ感が特徴。爽やかなブルーはオンタイムから週末まで活躍。そのパンツにシンプルなニットを合わせ、オフホワイトのコートをはおり、ミラノマダムのように颯爽と。極細のカシミア、オンリー・ダブルを使用した風に揺れるすそがリッチな印象を演出。

【6】白シャツ×ベージュパンツ

シャツ(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、パンツ (ブルネロ クチネリ ジャパン)、バッグ(エルディスト〈アラナス〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)、スカーフ(エルメス) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2020年
シャツ(マックスマーラ ジャパン〈ウィークエンド マックスマーラ〉)、パンツ (ブルネロ クチネリ ジャパン)、バッグ(エルディスト〈アラナス〉)、靴(J.M. WESTON 青山店)、スカーフ(エルメス) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2020年

ラッキーカラーのブルーのスカーフを頭に巻いて、青山界隈でショッピングする日のスタイリング。休日ならではのパンツスタイルも、端正な白シャツを合わせるのが、大人っぽく洗練されて見える秘訣。足元は、ブラウンのジョッパーブーツで品よくまとめると、都会的な印象に。

【7】ベージュコート×ブラウンブラウス×白パンツ

ブラウス(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、コート(トラデュイール)、パンツ(Theoryluxe)、ベルト(レキップ)、バングル(エストネーション六本木ヒルズ店〈ブランイリス〉)、バッグ(リシュモンジャパン セラピアン)、スニーカー※2月下旬発売予定(ドゥロワー 六本木店〈ノヴェスタ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2020年
ブラウス(東レ・ディプロモード〈セブンティ〉)、ストール(ボーダレス〈ベグ アンド コー〉)、コート(トラデュイール)、パンツ(Theoryluxe)、ベルト(レキップ)、バングル(エストネーション六本木ヒルズ店〈ブランイリス〉)、バッグ(リシュモンジャパン セラピアン)、スニーカー※2月下旬発売予定(ドゥロワー 六本木店〈ノヴェスタ〉) 撮影/佐藤 彩 BY:『Precious3月号』小学館、2020年

肌が冴えるオレンジブラウンのストールを首元に。ベルトでウエストマークしたパンツとスニーカーは白で統一し、配色ストラップのバッグで統一感を演出すれば、上品さもスタイルアップも実現。顔周りはくっきり、ボトムはすっきり…メリハリのある配し方が好印象の決め手です。

【8】ライトベージュジャケット×アーガイル柄ニット×白パンツ

ニット(ブラミンク)、ジャケット(グルッポタナカ〈リビアナ コンティ〉)、パンツ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、時計・バングル(ヴァン クリーフ&アーペル)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious3月号』小学館、2020年
ニット(ブラミンク)、ジャケット(グルッポタナカ〈リビアナ コンティ〉)、パンツ(コロネット〈ミラ・ショーン〉)、サングラス(ケリング アイウエア ジャパン〈サンローランバイ アンソニー・ヴァカレロ〉)、時計・バングル(ヴァン クリーフ&アーペル)、バッグ(ブルーベル・ジャパン〈マーク クロス〉) 撮影/黒沼 諭(aosora) BY:『Precious3月号』小学館、2020年

モカベージュ×白×ペールブルーのアーガイルニットは、ベーシックを知り尽くした大人の遊び心を感じさせる選択。グラフィカルな色彩美が、ライトベージュのジャケット+白のパンツの端正スタイルを、表情豊かに輝かせて。

【9】グレーコート×白ブラウス×ライトブルーデニムパンツ

コート・ブラウス・デニム・バッグ(セリーヌ ジャパン〈セリーヌ バイ エディ・スリマン〉) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious3月号』小学館、2020年
コート・ブラウス・デニム・バッグ(セリーヌ ジャパン〈セリーヌ バイ エディ・スリマン〉) 撮影/生田昌士(hannnah) BY:『Precious3月号』小学館、2020年

襟とガンフラップを小さくとり、ショルダーラインの丸みを強調したトレンチコートは、8つボタンのダブルブレステッドデザインが重厚で、クールな印象。ゆったりとしたボックスシルエットに、ウールブレンドでドレープ性を出したコットン生地が、優美なしなやかさを授けて。シワになりにくいのも、うれしいポイントです。

エンブロイダリーレースのブラウスとウォッシュドデニムを合わせた、ノスタルジックなムードを、きちんと感のある佇いで着こなすのが新鮮。

【10】白ブルゾン×黒ワンピース

ワンピース・ブルゾン・Gianni Chiarini.のバッグ(Theory luxe)、サングラス(DITA 青山本店〈クリスチャンロス〉)、靴(リエート〈サントーニ〉)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年
ワンピース・ブルゾン・Gianni Chiarini.のバッグ(Theory luxe)、サングラス(DITA 青山本店〈クリスチャンロス〉)、靴(リエート〈サントーニ〉)、その他/私物 撮影/熊澤 透 BY:『Precious9月号』小学館、2019年

シルクのロングフレアによるドレープが優雅なブラックドレス。夏は涼感の黒、秋はシルエットで見せる黒として季節を超えて出番の多い一着に。白いブルゾンをはおれば、スポーティーでモードなモノトーンスタイルが完成します。

関連記事

TAGS: