「髪が細くなったせいかコシがなくなり、スタイルがまとまりにくくなった」と感じたこと、ありませんか? 特に40代に多いセミロング丈だと、髪そのものの重さもあるため、「ブローで髪を立ち上げてもすぐペシャンコになってしまう」というお悩みもよく聴こえてきます。ペシャンコなスタイルは地肌が透けて見えやすく、寂しい印象になりがちですよね。

その対策として、セミロング丈でもボリューム感がしっかり出せて薄毛がカバーでき、白髪も目立ちにくくなる「一石三鳥」なヘアスタイルを、南青山の人気サロン・アンフルラージュに教わります。

【お悩み】髪の細り、コシのなさからくるボリューム不足を解消したい

ミディアムヘア代表・柴 直子さんにはこんなお悩みが。これを解決するには...

■髪型:厚め前髪と毛先カールでボリュームアップ!

完成カット
サイド
バック

柴さんのHAIR CHART 

  1. やわらかさ(柔→硬)  ★★☆
  2. ボリューム(少→多) ★★☆
  3. 髪の太さ(細→太)  ★☆☆
  4. 髪の潤い(乾→潤)  ★☆☆
  5. 白髪の量(多→少)  ★★☆

ボリュームを感じさせる工夫のひとつが、フェイスラインのシルエット。「サイドも前髪も、顔の形に沿うようにコンパクトにつくっています。耳のあたりにかかる髪とトップの髪を立ち上げて高さをつくると、ピタッとさせたフェイスラインとの間にコントラストが生まれて、ボリューム感が出ます」(マネージャー 生井貴行さん)。

トップに高さをつくるために、前髪を深くとっているのもポイント。「ボリューム不足を感じている方は頭頂部が多いですよね。その手前から前髪をつくるのではなく、ボリューム感を出したい頭頂部から前髪をつくると厚みが出て、正面から見たとき、奥行き感も出るんです」。せっかく白髪を染めても、すぐに根元から白いモノが生えてしまうのも悩みの種。「白髪で目立つのはフェイスラインの生え際ですよね。このスタイルは分け目もないし、根元が見えないようになっているので、白髪が目立ちにくいですよ」

■スタイリング:髪の根元から毛先に向かって髪を乾かし 内側から内巻きにブローすること

髪を乾かすときは、「髪が生えている方向とは逆側からドライヤーをあてると、自然と根元から立ち上がるので、ボリュームが足りないと感じていらっしゃる方は、ぜひお試しを。前髪をブローするとき、なで付けるだけではペタッとしてしまうので、最後に毛先を持ち上げて丸みを持たせると、立体的なスタイルになります」

<老け見えをくい止めるポイント3か条>

□根元から毛先に向かってドライヤーをあて、ペシャンコになるのを防ぐ
□髪の内側から内巻きにして、耳のあたりの中間ゾーンにボリューム感を出す
□前髪は顔に沿わせるようにしつつ、毛先は丸く整える

「このスタイルを形で表現すると菱形が理想型です。トップとサイドにボリュームが出ると、それだけで大人の女性ならではやわらかさが生まれます。トップがペシャンコになると、ちょっと寂しい印象になるので、根元を立たせるようにしてください」

マネージャー 生井貴行さん。「今、DIYと手芸にハマっています。ものづくりが大好きです」

お問い合わせ先

アンフルラージュ 青山
住所/東京都港区南青山4-5-18
TEL:03-6434-7622
営業時間:月~金:11:30~19:30、日・祝日:9:30~17:30 無休

青山の閑静な住宅街にある“安らぎと贅沢”をテーマにしたサロン。個性を引き出すヘアスタイルを提案してくれる、大人の女性の頼もしい味方。

【その他のミディアムヘアの髪型を見る】
【その他のショートヘアの髪型を見る】

この記事の執筆者
Precious.jp編集部は、使える実用的なラグジュアリー情報をお届けするデジタル&エディトリアル集団です。ファッション、美容、お出かけ、ライフスタイル、カルチャー、ブランドなどの厳選された情報を、ていねいな解説と上質で美しいビジュアルでお伝えします。
PHOTO :
古谷利幸〈F-REXon〉
MOVIE :
浪元 一孝〈ビーゴー〉
MODEL :
柴 直子
WRITING :
中島祐美
DIRECTION :
青木 笑