ビジネスやカジュアルでも使えるシャツをビジカジシャツと呼ぶ。オンタイムではきちんと礼儀と節度を表現し、休日やアフターファイブにはさりげないお洒落を主張し、使用シーンを選ばず使えるのが特徴だ。万能な白シャツを1枚持つことで、白シャツコーデの大きな武器になることは間違いない。しかし、数あるシャツブランドのなかで、どれを選べば良いかは難しい。ここでは、あなたのライフスタイルを豊かに演出してくれる、優秀な白シャツを3種類、ボタンダウンシャツ、カッタウエイカラー、ダブカラーシャツそれぞれの特徴を踏まえながら紹介する。

ファッションプロが探し求めた「究極の白シャツ」

白シャツは毎シーズン買うから、今まで何枚着てきたのか想像もつきません。

僕がお洒落に興味を持った1970年代半ばは、日本に海外ブランドが入りだした時代。

ボタンダウンシャツへの憧れはあったけれど、「ブルックスブラザーズ」は、まだ日本になかったから、初めて自分でお金を出して買った白シャツは「セロ」ですね。確か綿ポリの生地だったと思います。

原宿キャシディには’81年に入社したのですが、’80年代後半から’90年代前半にかけては、ラルフローレンから独立したジェフリー・バンクスやロバート・ストックらが台頭するなど、N.Y.がファッションの震源地でした。

1981年に創業した老舗セレクトショップ「原宿キャシディ」。創業以来その店頭にずっと立ち続ける、伝説的ショップスタッフが八木沢さんだ。右のシャツは1990年代半ばに一世を風靡したニューリパブリックのラウンドカラーシャツ。写真は買い付けに行ったN.Y.で撮った、デザイナーのトム・オー トマンと八木沢さん。

よく買い付けにも行った、思い入れのある時代です。

ニューリパブリックのトム・オートマンも、そんなN.Y.で活躍したデザイナーのひとり。

古いものをよく知っている人でしたね。台襟にふたつボタンが付いた白シャツは、当時好きだったデザインです。僕は新しいデザイナーの服を買うときは、まず白シャツをオーダーするんです。

自分が着たいのもあるけれど、その人の本質がいちばん出るから。だから白シャツはこの仕事をやる上でも、特別な、清きよいものですね。できればぜんぶ袋に入れて売りたいくらいです。(八木沢さん談)

ノータイでシャツを着る際に抑えて置きたいポイント

では、実際にどのシャツを選択すれば良いのか?

ノータイでシャツを着るときに押さえておきたいポイントは、まず長袖シャツを選ぶのが正解。つぎにボタンダウンのシャツを選択することでノータイでもシャツの形が崩れないので、ノータイでもシャツの形が崩れない。そもそもボタンダウンのシャツは、ノータイで着るのを前提としてつくられているので、襟先が広がらないようにボタン留めできるようになっているのが特徴。

さらに清涼感、清潔感をアピールするため、ブルーや白といった色のシャツを選択するのが良いだろう。麻や綿のほかにシアサッカー素材のシャツもおすすめだ。

■Brooks Brothers ブルックス ブラザーズ(写真左)
言わずと知れたオックスフォードボタンダウン(襟先をボタン留めしたシャツ)の絶対名品。今もなおアメリカの自社工場でつくられるこちらは、近年スーピマコットン(高級ピマ)や貝ボタンなどを使い、よりクラシックな表情に進化を遂げた。
¥19,000(ブルックスブラザーズ ジャパン
■Maria Santangelo マリア サンタンジェロ(写真右)
ナポリを代表するシャツブランドがブロード生地でつくったボタンダウンシャツは、ミシンとハンドのよさを兼ね備えた上質な仕立て。ネクタイを締めつつ、襟先のボタンを外したときの表情が抜群だ。
¥30,000(ザ ソブリンハウス〈マリア サンタンジェロ〉)
■Salvatore Piccolo サルヴァトーレ ピッコロ
1970年代のアメリカ製ボタンダウンシャツをベースに、ナポリのサルヴァトーレ・ピッコロ氏が現代的なアレンジを加えた、オックスフォード製ボタンダウン。ナポリシャツらしい極上の着心地が楽しめるが、襟のロール感やその表情は往年のトラッドファンも満足させるほどの本格派!
シャツ¥24,000〈サルヴァトーレピッコロ〉・チーフ¥3,800〈ユナイテッドアローズ〉/以上ユナイテッドアローズ六本木ヒルズ店 ジャケット¥89,000(トレメッツォ〈タリアトーレ〉) タイ¥13,000〈ジョン コンフォート〉・カラーピン¥3,000〈エリザベス パーカー〉/以上ビームス ハウス 丸の内

ビジネスだけでなく、リゾートでも活躍する白シャツコーデ

スーツのみならず、白シャツはあらゆるシーンでその実力を発揮する。そのなかでもカッタウェイシャツは場所を選ばずに使用できる。一般的なビジネスシーンやリゾート地でも使用可能で、アレンジ次第ではフォーマルコーデでも活躍し、蝶ネクタイとの相性も良いだろう。また、シャツの色は派手なものではなく、白シャツを基本に選ぶのがいいだろう。

■Giannetto ジャンネット
表面をふんわりと起毛させたオックスフォード生地を使った、カッタウェイカラー(襟先を切り落としたように見えるシャツ)のシャツ。そのちょうどいい洗練具合は、リネンのサファリジャケットやシルクスカーフを合わせた、都会的なリゾートスタイルにぴったりだ。
シャツ¥23,000〈ジャンネット〉・パンツ¥27,000〈ナイン イン ザ モーニング〉/以上トヨダトレーディング プレスルーム ジャケット¥70,000(ビームス ハウス 丸の内〈フォルテラ〉) スカーフ¥8,000(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店〈ユナイテッドアローズ〉) ベルト¥19,000※参考価格(アマン〈アンボワーズ〉) 時計¥5,820,000(パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター
■Catarisano カタリザーノ
洗いをかけたソフトな生地と、カッタウェイカラーが軽やかなリネンシャツ。美しい逆三角形のシルエットに加え、ボタンを根巻きするなど、そのつくりは抜群だ。¥29,000(バーニーズ ニューヨークカスタマーセンター〈カタリザーノ〉)
■Errico Formicola エリコ フォルミコラ
清涼感のあるリネンと、ふわりと開いたカッタウェイカラーとの組み合わせに、上品なカジュアル感が光る一枚。ノータイはもちろん、ニットタイを合わせたスタイルもおすすめだ。¥25,000(ビームスハウス 丸の内〈エリコ フォルミコラ〉)
■Guy Rover ギ ローバー
ジャカード織りによってダブルストライプをあしらったコットンシャツは、ノータイでも様になる立体的な表情が持ち味。カフスの剣ボロに紋章を刺しゅうするなど、洒落っ気満点の一枚である。¥22,200(シップス 銀座店〈ギ ローバー〉)
■Vanacore ヴァナコーレ
ネクタイの結び目を引き締め、首元にボリュームをもたせる持ち上げるタブカラーシャツは、スーツのみならず、洒落っ気を生かしたジャケットスタイルにもよく似合う。ナポリの実力派メーカーが120番手のツイル生地でつくったこちらは、シワになりにくく手触りがよい。また、襟の表情もしなやかでナチュラルだ。
シャツ¥27,000(伊勢丹新宿店〈ヴァナコーレ〉) ジャケット¥138,000(ビームス ハウス 丸の内〈ルイジ ボレッリ〉) タイ¥11,000(バインド ピーアール〈ルイジ ボレッリ〉) チーフ¥11,000(イザイア ナポリ 東京ミッドタウン) パンツ¥38,000(バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター〈ザネッラ〉) ベルト¥16,000(ビームス ハウス 丸の内〈ウィリアム〉) 時計¥2,110,000(ブレゲ ブティック銀座

ノータイでも首元やvゾーンなど、綺麗に見せることができるのが、カッタウェイシャツやボタンダウンシャツの特徴。1枚あればコーデの幅が広がるが、葬式など適さない場所もあるので注意が必要だ。シャツの個性を理解しコーデの幅を広げてみてはいかがだろうか。

※価格はすべて税抜きです。※価格は2017年夏号掲載時の情報です。

この記事の執筆者
TEXT :
山下英介 MEN'S Preciousファッションディレクター
BY :
MEN’S Precious2017年夏号 これぞ究極の「白シャツ」列伝!より
MEN'S Preciousファッションディレクター。幼少期からの洋服好き、雑誌好きが高じてファッション編集者の道へ。男性ファッション誌編集部員、フリーエディターを経て、現在は『MEN'S Precious』にてファッションディレクターを務める。趣味は買い物と昭和な喫茶店めぐり。
クレジット :
撮影/川田有二(人物)、小池紀行(パイルドライバー/静物) スタイリスト/村上忠正  ヘア&メーク/ Kazuya Matsumoto(W management) モデル/ Trayko レイアウト/武藤一将デザイン室 構成/山下英介(本誌)